「島根県 出雲・松江を巡る旅2011 星野リゾート 界 出雲」

a0000029_10142717.jpg

玉造温泉、雨の中の町歩きもどこか風情ある趣でした、というお話の続き!

そんな玉造にはたくさんの旅館がありますが、その中で今回は「星野リゾート 界 出雲」へ宿泊です。
もともと「有楽」という旅館であった場所をリニューアルしたのが2007年8月。
それまでにあった部屋数を半分にし、すべての部屋に露天風呂を設置しています。

館内は和風の造り。
歴史ある温泉旅館の中にあってしっくりと来る雰囲気です。
a0000029_10291293.jpg

廊下はステキな写真が飾ってあるのですが、ちょっと殺風景です。
a0000029_12123391.jpg


私のお部屋。
a0000029_10341060.jpg

広い2間の部屋。右奥から露天風呂へと繋がっています。
a0000029_10355840.jpg

こぎれいでシンプル。
机の上のものがあれこれ気になる。
a0000029_10365830.jpg

モフッとしたお座布団がすごい!(笑)
a0000029_10383816.jpg


気になる机の上のものは、、
a0000029_10442311.jpg


もうひとつのお部屋にはマッサージチェアがありました。
旅館内にはライブラリーもあって、出雲の歴史に関するものが結構置いてあったので、
1冊お借りしてマッサージチェアで読書、なんて過ごし方をしてました。
a0000029_1047168.jpg


お部屋露天風呂。
a0000029_10481742.jpg

雰囲気はとっても良くてお風呂の大きさも十分って感じでした。
ただ、お湯を触ってみたらちょっとぬるかったので、もったいないけど使わず。
a0000029_10582757.jpg

ということで、大浴場です。
a0000029_10592026.jpg

露天風呂も。
a0000029_110496.jpg

お湯はすべて加水・加温。
広くて気持ちいー。
a0000029_1123250.jpg

湯船の真ん中に鎮座する社。
ここには温泉の神様がいらっしゃるのです。
a0000029_1144979.jpg


館内にあるお茶室にて。
a0000029_11183212.jpg

お菓子は一力堂。10月の、桔梗です。
めちゃめちゃ美味しくて、心の中でガッツポーズ。
松江の和菓子はやっぱりレベル高い。
a0000029_11201431.jpg

お茶室、良かったですねー
a0000029_11232281.jpg


お料理。
a0000029_1127041.jpg

お料理は山陰地方の食材をふんだんに使った懐石。
いわゆる高級食材と呼ばれるようなものをちりばめてますが、さほど手が込んだ感じは受けませんでした。
味の抜けたもの、そもそも食材に力がないものがいくつかあり、気になりました。
a0000029_11394314.jpg

ボリューム・見た目とも残念なものもありました。
しじみ、お米は仁多米、地酒や品数など、良いところもありました。
デザートは複数からのチョイス、バリエーションや美しさ、良かったと思いました。
a0000029_11443319.jpg


肝心のサービス面なのですが丁寧で柔軟性あって、さらにはどこか緊張感もあって悪くは無い。
のですが、スタッフの中に高低差があり、まだまだな感じ。
質問に対する回答も出来なくて、その中でも返ってきた答えがかなり的外れだったり。
それよか、私がメールで差し上げた質問は一体どこへ行ってしまったんだろう~。戻ってこなひ。。
a0000029_1156160.jpg


島根県を代表する宿泊観光地である玉造に星野リゾートが出来たということで期待値も高く、ブランドとしてのバリューもある旅館なので、これからもっと良くなっていくことを願っています。
2012年2月中旬~3月にかけてさらにリニューアル予定があるようなので、ホテルのHPで確認してみてくださいね。

緑豊かで自然の中に佇む、星野リゾート 界 出雲でした!
a0000029_11591864.jpg



--
続きます!


神々が見守る地、出雲をたずねる旅 詳細はコチラ(バナークリック!)




◆関連記事
a0000029_0323534.jpg

島根県 出雲・松江を巡る旅2011

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け2

島根 出雲大社からもう一歩 阿国の墓、稲佐の浜、日御碕神社、日御碕灯台

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲文化伝承館内 羽根屋の出雲そば

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 須佐神社

島根県 出雲 多伎の海とイルカとタラソテラピー マリンタラソ出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 皆美館の鯛めし

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社からどうぞ 本殿国宝の神魂神社(かもすじんじゃ)

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 玉造温泉街歩き、玉作湯神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 松江城

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 星野リゾート 界 出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 塩見茶屋のぼてぼて茶

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 大根島の日本庭園 由志園

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 だんだん.のランチ
Commented by y_flugels at 2012-02-08 23:24
島根にも星野リゾートがあるとは初めて知りました!いつの間に!
Commented by 55aiai at 2012-02-14 23:47
y_flugelsさん
そうなんですよー私も知らない間に。。。^^
リノベーション系を増やしていらっしゃるようですね。

Commented by ブランド時計 at 2014-03-18 20:39 x
当初は、驚くことではないが、100ダFeili、スピーチの略称は確かに、PPである。 100 Dafei李は確かに インチのPPは、洗練された運動や反射神経を持つ単純なデザインと素晴らしいではありません。任意の紫色ホールド貴族を見て、という最高の企業、であるとして国際知られている彼または彼女のマイナーな種子用ルームのテーブルダイニングおそらく男 すべての高価なダイヤモンドまたは可能性珍重胆石に関するインレイをカバーする、しかし、いくつかの自己運動、削減建設は、本質的に貴族の自然の中に制御高度化が含まれているため、PPが通常採用されている資金ができません、このスニーカーは持っている必要があります 行為と一緒に珍しい性質は、言語は人がよくでていることが盛んな「GUI Zuqi」を使用することによって、確かに滑らかである。当初は、驚くことではないが、100ダFeili、スピーチの略称は間違いなく、PPです。 100 Dafei李は間違いなく「紫色ホールド貴族を見てという完璧なメイク、であるとして国際知られています。インチのPPは、精巧な動きや反射神経のために単にルックスの間に素晴らしいことはありませんし、おそらくそれは、この最小限のカバーのための可能なダイニングルームのテーブルになります すべての宝石、さらには貴重な宝石、それにもかかわらず、いくつかの自己運動、削減開発に関するインレイは、本質的に、あなたの貴族の気質の制御された洗練さを含んでいるため、PPは収入なくなり、通常採用されている、このスニーカーは、特定の気質を持っている必要がありますプラス 態度、言語は人がよく、大規模な使用して、PPインチドレスも栄え「GUI Zuqi」を使用することにより、確実に滑らかではあることを起こる、一緒にジュエリーや各とともに、PPと一緒にあなたの機器に「免疫力」を利用した各種ダイヤモンドジュエリーとチャーム もう一つは、PPは、それらの汗まみれの重要なことを使用する必要があります。
by 55aiai | 2012-02-07 12:02 |   ●島根県のホテル・旅館 | Comments(3)

ライター・西村愛のブログ


by 55aiai(西村 愛)