ブログトップ | ログイン

じぶん日記

ライター・西村愛のブログ


by 55aiai(西村 愛)
プロフィールを見る
画像一覧

「福岡・糸島再訪 白糸酒造のハネ木造り」

a0000029_23374788.jpg

朝8時に到着した福岡空港からざざーっとまわってこの日最後の訪問先へ。
白糸酒造。

糸島へ行ったよと糸島通に話をするとみなが口々に「白糸酒造行った??」と言ってくるので。
次回は行かねばお邪魔せねば見てこねば!と思っていたのー。
a0000029_23355961.jpg






こちらでは、ハネ木造りというお酒造りが特徴です。
簡単に言うと機械化されていない、昔ながらの造り方です。
お酒はお米や麹などを入れて仕込んだ「もろみ」という状態で桶に入っているわけで、
これを絞って酒と粕に分けるわけなのですが。
a0000029_16504568.jpg


ハネ木造りというのはこの絞る工程で

『絞りすぎない。全部絞らない。』

ことでお酒に雑味を入らないようにする方法。
方法・・というよりかは機械でなくて手動なので完全に絞れない、が正解なのかもしれません。

昭和30年代の後半くらいから日本酒は大量生産が始まった頃、
少しずつ機械化が進み、日本のほぼ全部が機械化されました。
このハネ木絞りという方法は当然その機械化の中でなくなっていくわけなのですが、
それでもこうしてまだ昔ながらのやり方を続けている酒造、それが白糸酒造なのです。
37本のタンクを時間かけてひとつずつ絞っているということです。

そのやり方、なんと石で!!!!
a0000029_234613.jpg


ひとつ40キロくらいの石、全部で1.2トン分を徐々に棒にかけていき、袋に入れたもろみをその重みで絞るという。
あまりにアナログでびっくり!
でもこの壮大な手間暇は、美味しさにつながると思いますこれはホントに。
a0000029_23471793.jpg


仕組みはこうです(模型)。
てこの原理。力点が左の石、そして箱の中には1つのタンクから400袋に入れられた酒袋を詰め、作用点から力を与える。
最初、正直なところ「石を使う」という原始的な方法に驚いたけれども、きちんと説明を聞くと今度はこの装置を考えた当時の蔵人たちの知恵に感心するやら驚くやら。
a0000029_23543427.jpg


酒袋は何度か中で並び替えなどを行いながら、1タンク分を2日がかりで絞ります。
この道具たちは簡単に替えはないものでしょうから、大事に使っているということです。箱には柿渋を塗ってしっかり管理。
a0000029_23453452.jpg

これから冬になると本番です。皆さんお忙しくなりますね~
石を吊るす作業だけでもタイヘンそうだヨ!
a0000029_23574395.jpg


白糸酒造は水は地下70メートルから仕込み水を引いていて、
お米は目の前の田んぼで栽培する山田錦を使っています。
a0000029_013372.jpg

蔵の横にはショップもあり、お酒が販売されています。
a0000029_012951.jpg

奥に立派なお庭があり、ここには梅の木が植えられています。
この梅に沢山出来る実と大吟醸を使って梅酒を作ってみたところ、国内最大の梅酒のコンテストで308銘柄中の見事1位の栄冠に輝いたという「しらうめの庭」。
まさにこの白糸酒造のお庭の梅から始まった物語を感じる梅酒です。
なんと現在完売中!次回仕込み分をこのページチェックしながら虎視眈眈っ。
a0000029_061634.jpg


工場近くには大きな丸太。
これは万が一ハネ木の丸太が折れてしまった時のためのストック。
どんなに手間であろうとも、白糸はハネ木造りをやめないという強い気持ちとプライドの表れだと思います。
a0000029_092827.jpg


ここの酒粕は絞り切っていないから美味しいでしょうね。
a0000029_09586.jpg


今までも色んな酒蔵を見せていただいたけれども、こんなにワクワクするものはなかったですねー。
ハネ木造りは昔の酒造りの方法の一つとして教科書に載っているような話なわけですが、それを目の前で見れてしかも今もそれで作っているなんて!
そんなことを考えながら白糸のお酒を飲んで、美味しくないわけがないですヨ。

優しくてスッキリとした甘さの甘酒しらいとや、人気でこちらも完売中の田中六五もこちらの商品。
東京でもはせがわ酒店などで購入可能ということなので、興味ある方はぜひ~
白糸酒造のオンラインショップもー
a0000029_01224100.jpg



----

【今回2013年10月レポート】
実りの秋の旅路をレポート!
龍国寺訪問
福ふくの里 シャインマスカット
浮岳茶寮の昼懐石
白糸の滝 四季の茶屋のそうめんちり
白糸酒造のハネ木造り
姉子の浜
伊都国歴史博物館
伊都菜彩のまるいとうどん ごぼう天うどん
細石神社
高祖神社
古材の森の秋野菜の肉巻きランチ
糸島くらし × ここのき&Tana Cafe
陶翠苑の炙り鯖鮨
千如寺大悲王院と雷神社


【2013年6月の訪問レポート】
福岡県糸島市へ行ってきました!
千如寺(せんにょじ)大悲王院
いとしま応援プラザ クラフト三昧
緑の農園 にぎやかな春 つまんでご卵のたまごかけご飯
そばきり桜花 二色(白・黒)そば
BAKERY HARE(ベーカリーハレ) 天然酵母パン
白糸の滝
伊都安蔵里(いとあぐり) あぐりバーガー
伊都菜彩(いとさいさい) 産直市場
かまぼこの村島 手造り練りもの
角屋食堂 ちゃんぽん、炒飯、ポークチャップ、洋風丼
うつわと手仕事の店 研 工房&ショップ
ミツル醤油
伊都ホットサンド笑顔の竹原さんちのコロみそトン、一貴山豚のビックリかつ
田園喫茶 ワイルドベリー 伊都物語パフェ
牧のうどん 素うどんの軟麺
恵水窯での陶芸体験&猫ちゃん
ベーカリーレストラン CURRENT(カレント)のカレントプレート
Spoonful THE BAGEL(スプーンフル ザ ベーグル )
桜井神社
またいちの塩 塩プリン
手造り石けん工房 暇楽 kalaku
キャンドル工房クレアーレ
・タビノキセキ アロマアクセサリー
福岡・糸島巡り ツアーコースまとめ



*****
by 55aiai | 2013-10-29 08:30 |   ∟糸島巡り2013 | Comments(0)