カテゴリ: ∟大阪( 29 )

「RED U-35 2016 La Cime(ラシーム)藤尾シェフを応援します」
a0000029_14333488.jpg


-------------------------
【グランプリ所属店のペアお食事券orぐるなびギフトカード5,000円分が当たる!】
GOLD EGG応援企画《藤尾 康浩さん応援エントリーページ》に応援メッセージを書くと、グランプリをとったお店のペアお食事券が当たるかも!?
ぜひFacebook RED U-35公式Facebookページからどうぞ!
動く藤尾シェフも見られます。
-------------------------

唐突になんの宣言だ!?と思われるかもしれませんが・・・(笑)

若手料理人からスターシェフを発掘する。
そんな目的を掲げ2013年からスタートし、今回4回目を数える

RED(RYORININ’s EMERGING DREAM)

日本国籍の35歳以下のナンバー1を決める料理コンテスト。
この最終審査に残っている藤尾シェフ(大阪・本町フレンチレストラン「La Cime(ラシーム)」スーシェフ)を応援することになりました。
a0000029_1492667.jpg


ということで早速大阪まで行ってきましたよー。甲子園以来だな大阪(笑)
お邪魔したのは藤尾シェフが副料理長としてお勤めになっているLa Cime(ラシーム)。
a0000029_142114.jpg


最初に公式サイトで藤尾シェフを見たとき

『ち、ちょw、金髪!?』  

ラシームって金髪許されるレストランなのねぇ・・・とか思いました(笑)
まさかオラオラしてないよね(^^;)  などとも思いながら大阪上陸してまいりました。
藤尾康浩シェフのプロフィールはコチラ
実際はめちゃめちゃ気さくで色んなお話をしてきましたよ^^
a0000029_14185684.jpg


ビジネス街と派手な看板が目立つ居酒屋が多いエリア。
白と黒で異彩を放つ建物がLa Cimeです。
今年になりミシュランが与える星の数がひとつ増え二つ星レストランの仲間入りを果たした、大阪エリアで今一番話題のレストラン。
a0000029_14233398.jpg


入口正面には季節感ある栗が飾ってありました。
a0000029_14342879.jpg


この日はテーブル席、2人掛けが3つ、3人掛けが3つ、4人掛けが1つだったでしょうか。
広い空間にかなり間隔を空けて配置されています。
a0000029_14372537.jpg


まずはシャンパンを一杯。LOUIS ROEDERER(ルイ・ロデレール)。
温度が完璧。グラスも美しく良質な泡が次々と立ちます。
a0000029_14382817.jpg


a0000029_14383671.jpg


この日のコースはアミューズ3皿、前菜2皿、魚、肉、デザートとなり、
前菜2つと魚・肉はすべて藤尾シェフが任されているというお話。

テーブルについてシャンパンをいただいて、やっと落ち着いたころに一皿め。
前菜は真っ黒なボールが登場。
奈良県の石舞台みたいだなー。
a0000029_18544953.jpg


一言でいうとお皿も料理も「黒」だけど、
自然の石のマーブルと墨黒のお皿の中、光るボールはつやつやと主役の光を放ってますね。
ああそうだアレみたいでもある、波の中から現れた幸魂奇魂(さきみたま くしみたま)ね。
a0000029_10102773.jpg

ブーダン・ドッグ。
ブーダンノワールをアメリカンドッグのソーセージに見立てているってことなのでしょうか。
竹炭を使った生地は表面は最中のようにさっくり。具は滑らかにとろみがあり、スパイシーな風味。
ほかほかと温度もちょうどよく。
シャンパンともぴっったっと合った。
むむっ、これは本当においしいぞ!
a0000029_20413042.jpg



自分でも驚くくらいに感動してしまったので、次はもっと感動を求めてしまう・・・。
レンズ豆とイワシの一品。
松江城の石垣みたいだなとか、五感掻き立てられます。レンズ豆が積み上げられて。
a0000029_19183922.jpg

ルッコラセルバチコにはしっかりと苦みがあり、きなこのようにも感じる振りかけられたカシューナッツはイワシの厚みある香りを支えてます。
しかしイワシが口の中に入ってきた瞬間一気にイワシに支配されるので、他はきちんと脇役に収まります。
a0000029_19195144.jpg


最後のアミューズ。
玉ねぎづくし。
ペコロス玉ねぎに白みそのムース。揚げた玉ねぎと生の玉ねぎが添えられています。
a0000029_19223769.jpg


味噌の風味付けをしたソース、アーモンドのカリッとしたチップ、そしてカカオニブが苦くて甘くないチョコレート味で楽しかった。
この小さな一口サイズの料理に、どんだけ要素詰め込んでくるのこのお店(驚)。
a0000029_19234262.jpg



ここからは藤尾シェフが手掛けたお料理。
まさに今時期にぴったりな、柿・柚子・グレープフルーツバターナッツかぼちゃなどを使った一皿。
色が統一されて、落ち葉みたいにきれいですね。
a0000029_1925456.jpg

目の前でサーブされたソースは真っ白だけれどトマト味。
聞き間違えたかと思ったけど…、白い器にまぶしいほどの白いソース、間違いなくトマト!
a0000029_19262837.jpg

さらに添えられた海老はサフラン風味で、同じくオレンジに統一。
アシアカエビのぶりんぶりんな食感。肉厚で美味し過ぎる。
アシアカエビは以前、不知火湾で漁の様子をレポートしたのでぜひこちらも合わせて^^
a0000029_2115974.jpg


a0000029_19285471.jpg


a0000029_1929840.jpg


柿やかぼちゃの優しい甘さ、トマトのさっぱり。
前菜段階になって徐々にコースもクレッシェンドしてきました~
a0000029_1931010.jpg


鱈のお料理。
上からパンでできたお花、黒ビールのメレンゲ、鱈、インカのめざめと重なっています。
a0000029_19322477.jpg

繊細だなぁ~
カリカリのデイジーとコクのあるメレンゲ。ぎゅっと締まった身の鱈と食べごたえを感じるじゃがいも。
a0000029_19324055.jpg


パンは自家製ではないものの、オーダー品とのこと。
アマニシードがたっぷり入っていて、薄皮なのにパリッとして中はもっちり、ほどよいクープ(穴)。
トーストしてありバターは有塩。いいです~、好み!
バターポットだけが唯一クラシカルなデザインのものだったのが面白かった。
a0000029_19372279.jpg


a0000029_19373281.jpg


お魚料理。
マナガツオ。西日本でよく食べられるお魚です。
a0000029_19393467.jpg


ナスタチウムはまるでレタスのような使い方をして、マナガツオを巻いてある。
鮮やかなナスタチウム、こんな大きなの初めて見たわ。
オレンジ色の花が咲くので、自宅で育てている方も多いかも?サラダでは食べたことあったけど。
a0000029_1940473.jpg


こちらはキクイモ。
皮を揚げて香ばしく。わさびで和えたキクイモの身が包まれています。
ソースはリードヴォーとキクイモを合わせたもの、りんごの角切りも隠れていました。
a0000029_19431488.jpg


お肉料理。
子イノシシ。
ジビエとは思えないほどの繊細さ。
柔らかく弾力がある肉質の骨付きイノシシ。
ソースも骨からとったソース。
a0000029_19444352.jpg


ロース部位とバラの盛り合わせ。
付け合わせには和の調味料。
a0000029_20561187.jpg


ふぁーあ、美味しかったです。

お客様は優雅なマダムたちなど。
同業者の方も数多く見えられるということなので、やっぱり注目度高いのでしょうねー。
それにしても本当に美味しくて美味しくて・・・。

そしてデザートへと突入いたしました。
まずはしょうがのムース。
上にはすだちで香りづけした幸水梨が乗っているのですが、
a0000029_19504437.jpg


これびっくり!
太い白髪ねぎを輪切りにしたみたいに、梨がくるくる巻いてあるんですよ。
ちゃんと気づけて良かった(笑)小技が仕込んであって、気づいた時の驚きがもう。
乗っかった花は「ペンタゴン」が名前の由来になった5枚花、ペンタスです。
a0000029_19514064.jpg


お茶はLa Cimeのオーナーシェフである高田シェフのご出身地、奄美大島の野草茶や鹿児島の緑茶がたくさん。
オーソドックスに紅茶を頼んでしまいましたが、鹿児島の人達は嬉しかろう~(^^)
a0000029_19555315.jpg


しっかり甘いデザートは栗のクリームペーストに栗のチップ。
黒糖焼酎(こちらも高田シェフの地元産品ですよね)アイス。
みかんとバターのソースがかかりました!コクのある柑橘って感じです。
a0000029_19564569.jpg


この美しい松ぼっくり!と銀杏散らされた美的感覚。
a0000029_19574878.jpg


こちらも細かい~。
小さなチップがいっぱいです。
黒糖焼酎はラム酒と同じさとうきびから作られるので、栗とはほんとーに合いますね。
なるほどね~
a0000029_19581134.jpg


最後のミニャルディーズ。
右からレモンタルト、抹茶のカヌレ、パッションフルーツのキャラメル、洋ナシゼリー。
a0000029_2013564.jpg


右のレモンタルトから食べてください、ってね。
ミニャルディーズに順番あるとは。最後まで渾身の一皿なわけですね。
酸っぱいものから甘いものへ、と。
a0000029_2024891.jpg


おなかいっぱい大満足だったけど、味がきれいだしアクセントを効かせながら次々と味変えが行われて、最後まであっという間でした。
もたれる感じは当然ですが一切なしです。
このご縁によってまた良いレストランと出会えて、本当に幸せな気持ちで満たされました。


---
さて、RED U-35に出場し、見事最終審査まで残っている藤尾シェフについても少し。

大阪府吹田市出身の28歳。シェフ歴は4年で、その4年間はLa Cime歴とも重なるそうです。
お話してみたらちょっと口下手な、でも筋が通った方でした。
自分のことを素直に出せて、加えて自分の性格も良く分かっていて、どういうところに身を置いたら一番自分が輝けるかってことを実直に考えていらっしゃる方でした。
金髪はお似合いでした(笑)
a0000029_2094812.jpg


2014年、書類選考で落選。
昨年2015年は2次予選で敗退。
そして3度目の挑戦、今年のREDで最終のゴールドエッグに残りました。
REDに出ることでこの年でなければできないチャレンジをしたい、世の中にはどんなシェフがいるのか、そしてその人たちを見てみたいし会ってみたい、さらなる自分の可能性を信じてREDでタイトルを獲りたい。
そんな気持ちで参加しているとのことです。

藤尾シェフはおばあちゃん子で、日本の家庭料理で幼少期は育ったのだそうです。
高校でイギリスへ。15歳から21歳を過ごし、またその後はフランスへ渡り料理の修行を積んだのだそう。
多感な時期に海外で育ち、またグローバルな各国の食材や料理に触れたのは特にイギリス時代だったとのこと。ベトナム料理やインド料理など、スパイスを沢山使う料理を好きになり、この頃から家族の料理を担当。

つまり今の最も基礎となる、料理経験と各国の食材、調味料を自然と学び取った時代です。
さらにその中から礎として自分の中に存在する日本の食材にも目を向けるようになったということなのです。

納得しましたね。
外国のシェフが使う日本食材は「これでもかーー(ドヤッ」っていうのも多いけど、
海外の感性を持った日本人が使う日本食材ってひそやかでさりげなくて、まさにわびさび。
この日の料理にも<使い過ぎない>感じがしっかりありました。
(付け合わせのしいたけやクルミには木の芽と黒七味、また軽い柚子胡椒風味。)
a0000029_1946077.jpg

フレンチに日本の食材や調味料を合わせるのは「ただ単に合うと思う。」というグローバルな感覚があるということ。
力抜け感があって変な狙いがないからナチュラルになじむのですね。

そんなシェフ、
料理というものを様々な世の中の芸術の一コマだと感じていらっしゃるようです。
色んな要素の中のひとつとしての「食」を高めることで、他のセンシブルな物、事、スタイル、空間などと一緒に一つのムーブメントを作っていきたいとのこと。

10代で培った日本と海外という感覚、
20代で学んだ料理。
それらのシェフの人生や経験が今日のコース一皿一皿そのものなのです。
シェフが過ごしてきた28年間、まだまだお若いけれど、この経験が30代、40代と開花していくのでしょうね。

インスタグラムで海外の料理写真を見たり休みの日はジムで汗を流すのが趣味。
・・・っていう至って普通の若者な顔も持ちつつ、繊細なクリエイションをお皿の上で繰り広げている藤尾康浩シェフ。
今後も注目していきたいです!

そして現在、RED U-35の公式ウェブサイトでは、
「今年のRED EGG(グランプリ)は誰だ?GOLD EGG応援企画(応援応募でグランプリ所属店のペアお食事券が当たる)」が実施されております!
こちら、RED公式Facebookにコメントを書き込むだけで応募完了します。
ぜひ私が応援担当している藤尾シェフに応援コメントをください!!!
詳細はこちらです

RED U-35の受賞セレモニーは12月12日(月)。
WEBサイトでも結果が発表されるので、楽しみにしていてくださいねー!
a0000029_2035308.jpg



---
by 55aiai | 2016-11-08 14:00 |  ∟大阪 | Comments(0)

「大阪 福島 上等カレーとモンシュシュのプリンセスロール」
a0000029_1148272.jpg

最終日、新幹線の時間迫る中のランチは福島 上等カレー。
このお店を知らないのですが、昔は1店舗のカレー屋さんだったのでしょか?
どうも店舗展開をしてる感じがしたのですが、ここのカレーがクセになる味で美味しかった!
海老フライカレーをオーダー。

お昼時でお店はかなり混雑。相席・相席の嵐、サラリーマンが入れ替わり立ち替わり食べては席を立って行きます。
このお店のカレーの特徴は「辛い」。
めっちゃめちゃ激辛ってことではないのですが、イマドキってそれなりに辛さをマイルドにしてあって選べたりするじゃないですか。
このお店は最初から「辛い」。
ひと口目からもうカライんです。
a0000029_1151740.jpg


口に入れたほんの一瞬だけ ふぁっ と甘さが拡がるので不思議。
甘さの種類はチャツネみたいなフルーツ系の、一瞬アロマ感を感じる甘さなのです。
でもそのあとすぐにスパイシーとの戦いに突入します。
これが食べ終わる頃には「もっとタベタイ」に変わるからほんとに素敵なカレー。

で、こういうところのフライものにはあまり期待しないのですが、ここのは揚げたてで結構美味しかったのも良かったです。
1本は姉にあげて、姉も美味しいねって言ってました。
a0000029_11544143.jpg



--------
モンシュシュのプリンセスロール。
限定販売とのことで前日から相当作戦を練りあげ、結論1時間半前に並びに行くことになったのですが、義兄が到着した現地ではなんと2番目だったそうです。笑
余計おいしい気がしました。
a0000029_1156826.jpg

初めてのモンシュシュ。
生地が秀逸、イチゴも美味しい、生クリームとカスタードクリームの2層が絶妙に混ざり合っているのも素晴らしい。
今調べたらイチゴはこだわりのものだったみたい。
a0000029_1215371.jpg


大阪にはロールケーキが山ほど種類ありますね~。
一大ブームって感じ。
by 55aiai | 2010-03-23 12:02 | 大阪 | Comments(16)

「大阪・上本町 蛸八の明石焼き」
a0000029_1132059.jpg

大阪らしいもの、食べてないな~と思いながら歩いていたらありました。
この地でもう20数年お店をやっていらっしゃる蛸八のおじさんはとっても優しくて穏やかな方でした。

お店は常連さんが多くて「いつもの。」なんてひと言で全部通じ合っちゃうような世界です。

絶対に作り置きしないという明石焼きとたこ焼き。
土日は2人体制だそうですが平日はひとりで十分な小さいお店。
a0000029_11355042.jpg


だしに入れるとふわっと崩れる明石焼き。
崩れる前に食べなきゃだめだし、かといって中とろとろでやけどしそうになるし。
a0000029_11373148.jpg


たこ焼きのたこ抜き。
さすがに2皿目はおなかいっぱいになりそうだったのでたこ抜きにしてもらいました。
ここのたこ焼きは明石焼きに負けず中のとろとろ具合がいい感じ。
まん丸に焼きあがらない、ちょっとつぶれたような形は中心の柔らかさの象徴です(たこも入ってないしね~)。
生地感を感じないとろりんたこ焼き。
a0000029_11411215.jpg


仕事の途中の休憩時間ランチでじゃらんじゃらんアクセサリーを着けて入って行ったので、お店の方もお客さんも多分びっくりされたかもー。
青海苔ナシはこのお店の標準とのことで、その辺りのお気づかいもスバラシイ。
上本町は歌舞伎座がお引っ越ししてくることになっていて、近鉄百貨店もそのためか改装中。
この蛸八が入るビル「ハイハイタウン」も相っ当古いビルだと思うけど、外装の手直しなどが予定されているそう。
でもこのノスタルジックなお店はずっとこのままがいい。
おじさんの優しい笑顔に、疲れが吹っ飛ぶ気持ちでした。
a0000029_11461610.jpg

by 55aiai | 2010-03-22 11:48 | 大阪 | Comments(4)

「大阪 谷町九丁目 Am BoLuZo(アン ボルゾー)のメキシコ料理」
a0000029_1393161.jpg

大阪ではほとんど食べに出かけることがなかったのですが、初日の夜に顔合わせを兼ねた食事会がありました。

上本町の近鉄百貨店からも近い「Am BoLuZo(アン ボルゾー)」。
バーとしても使えるメキシコ料理。小さいお店ながら大盛況。

サルサ&チップス。
黒いトルティーヤチップスは青とうもろこしの色なのだそう。
a0000029_142227.jpg

シーフードサラダ。
辛くないメニューもあるんですね!
a0000029_1435960.jpg

ケサディージャ。
オンナ6人で2枚をたいらげた、美味しいメキシカンピザ。
結構なボリュームがあります。
a0000029_1461097.jpg

タコスの春巻き。
バリッとした皮の中にはたっぷりひき肉のタコス。
粉系ばかり食べていてかなりおなかいっぱい。
a0000029_147166.jpg

ランチェロエッグ。
黄身が落としてあるのかと思いきや、とろとろ半熟の目玉焼きの上にソースがかかっているのでした。
お肉のうまみが出ていて美味しかったー
a0000029_1471652.jpg

この日いちばん辛かったもの。チョリソ。
a0000029_1493539.jpg


メキシコ料理はバリエーションには欠けるものの、ソースの美味しさが後を引くのですよね。
特にこちらのお店はどれを食べても美味しくて、がしがし飲みモノも進んでいく感じ。
なのだけれども、この日はとっても緊張してていつものような食欲が出ず料理を終えてしまいましたが。。

本格的なお料理が出てくる、しかもメキシカン。さらには隠れ家的雰囲気も持っているのでなかなか楽しいです。
a0000029_156516.jpg

by 55aiai | 2010-03-20 01:57 | 大阪 | Comments(8)

「大阪 鶴橋 空の焼肉、立ち呑み まつ」
a0000029_23431326.jpg

ホルモンを食べに、鶴橋。

久しぶりに来てみたら、あら、お店増殖してませんか?
お向かいにもたくさん「空」が出来てましたー。
a0000029_2344298.jpg


カッコイイーと思うのは、びしっとスーツ姿の男女が小さいコンロをつついてる姿。
たくましい!
a0000029_2355375.jpg

カルビすじ、ミノ、テッチャン、ホソ、他になんだったかなー。あ、野菜とか。。
注文すると、全部一緒になってまぜまぜでやってくるの。
コリコリやらふにふにやら、いろんな食感があって自分でこれはアレかな、と目視しながら焼きます。
a0000029_063630.jpg

お隣のご夫婦はものすごく手慣れた感じで注文。このお店ではちょっと野暮なことするとビシッと愛のムチ(言葉)が飛んでくるので、できるだけ自己解決気味で過ごさねばなりません。
それくらい忙しそうだし、声をかけるタイミングもちょっと迷うほどです。
a0000029_012074.jpg


-----
鶴橋をくるっと散策。
鶴橋駅のドまん前立ち呑み屋さんの「まつ」へ入店。
ここねー、すごい元気よくて活気があってほんとに私の思うザ・大阪なおばちゃんがいて、楽しいお店。
a0000029_0135151.jpg

串カツとおでんがこのお店のメインらしいのだけど、いくつか串カツをいただきました。
海老がおっきかったー。串は70円から。
a0000029_015355.jpg

ウーロン茶を頼もうとしたら、「お水あるよ~。タダよ。ちゃんと浄水してるから、味見してみて。」とやさしい笑顔。
a0000029_017195.jpg

駅構内なのでは?と思うほどの立地。ここね、たばこさえ気にならなかったらとてもいいお店だと思います。
なにせお隣と重なり合って飲んでるみたいな感じだもの。

長いカウンターにびっしり。駅直結だからギリギリまで飲めちゃうんですね。
a0000029_0281272.jpg

by 55aiai | 2009-05-08 10:40 | 大阪 | Comments(14)

「大阪 アメリカ村・南船場 HAMAC de PARADIS(アマークドパラディ)のエンジェルフードケーキ」

a0000029_21455131.jpg
堀江からお隣の町、アメ村へ移動。
この頃になると寒くて寒くて体が冷えてきたので、パーカーでも欲しいなぁと思いながらふらふらと歩いてました。
アメリカ村は東京で言うところの原宿・竹下通りか中野っぽい感じ。
とにかくド派手でびっくり。
a0000029_21221377.jpg

大阪って安いものが多くて、買うかどうかよりもなんだかドキドキする!

タコ焼き屋さんの前には黒ネコちゃん。この子も寒いのか手をくるん丸めてて可愛いの。
a0000029_2124344.jpg


てくてくとアメ村を越えてちょっと疲れたところでお茶タイム。
心斎橋に向かう途中のカフェ、HAMAC de PARADIS(アマークドパラディ)を見つけて入店。
a0000029_21262882.jpg


スポンジケーキを、と注文したら、おっきなケーキが出てきました!
シフォンケーキですね。キャラメルソースがけのたっぷり生クリームケーキ。
a0000029_21461960.jpg


席の感覚がちょっと狭くて、しかも分煙じゃないというところは気になったけど、ケーキは美味しかった。
カフェメニューはどんなものがあるんでしょー。かわいいオサレ女子グループが2~3組。女子が集まるということはランチメニューもコスパがいいということかな?
男性1人客も数組。PC触ったりしてたみたい。
a0000029_2141785.jpg

狭い階段を店員さんがお皿を運んでパタパタと。
2階建の席数多いお店でした。
by 55aiai | 2009-05-06 21:50 | 大阪 | Comments(7)

「大阪・南堀江 muse(ミュゼ) osakaのパスタランチ」
a0000029_1572651.jpg

2日目は四ツ橋駅まで。南堀江でふらふらです。
雨は止んだもののちょっとまだ寒いねー。と思いながらも町並みが可愛くて結構ぶらぶら。
a0000029_1574896.jpg


どこかのサイトでここらへんは東京で言うと青山、って書いてあったんだけど、私の感覚で行くともう少し若い感じのセレクトショップが並ぶ裏原宿みたいな雰囲気だなーと思った。

可愛いカフェやショップの中、とつぜん工場みたいなのがあったりする不思議な場所。
昔はどういう感じだったのかな。
ちょっとした裏路地みたいなのもあって、時間がもっとあったら探検しがいがありそう。
a0000029_158998.jpg


こんな中、堀江公園のおとなりにあったカフェでランチ。
前情報はなかったんだけど、まっ、なんとなく雰囲気で。
muse(ミュゼ) osakaの鶏肉のラグーソースパスタを。
サラダとパンと、
a0000029_203467.jpg

ドリンクが付いてました。
a0000029_213254.jpg


お店は天井高で、大きな窓。気持ちいいです。
a0000029_2115973.jpg


パスタは手打ちだそうです。不思議食感、あっさりとしてあまり強い味はなく、ソースもあっさりと薄味。
よってチーズがうまく効いてる。
お隣が食べていたパスタが美味しそうー、なのでおんなじものを頼んでみたの^^
a0000029_214228.jpg


お店のスタッフの方がみんな背が高い男性だったなー。
by 55aiai | 2009-05-05 10:52 | 大阪 | Comments(6)

「大阪・ミナミ 肉まん、たこ焼き、串カツ、そばめし」
a0000029_0501186.jpg

あー、大阪から帰ってきてから風邪を引いて、すごい声になってます。あ゙ー、あ゙ーー。

さてさて大阪。
到着した日は冷たい雨で予定が狂ってしまいました。
行きたいと思ってた、または行かなくちゃいけなかった場所にも半分くらいしか行けなかったかしら。
いけないー。

一応大阪らしい食べ物は食べました。全部ハシゴです。
↓蓬莱の肉まん。
a0000029_043931.jpg

行列ができていてびっくり。今はちまきの季節なのですね。
a0000029_0424340.jpg


↓串カツ、このお店は一本100円くらいでした。これが安い方ではないということを次の日に知る。
a0000029_0464824.jpg

パン粉が細かくて、しつこくないところがいいですよね!
a0000029_0474542.jpg


↓串カツの後はたこ焼きです。
a0000029_0515692.jpg

オリジナルソースがちょっとスパイシー。ボケましたね。
a0000029_05417.jpg


↓そばめし。ちょっと太めのおそば。
絶対に食べられない、こんな量~・・と可愛いことを考えましたが、残さず食べました。
a0000029_0552989.jpg


全て同じ日の夜ごはん。
ちなみにカレーもこの日です。
a0000029_0401993.jpg

by 55aiai | 2009-05-03 10:08 | 大阪 | Comments(18)

「大阪・難波 自由軒の名物カレー」
a0000029_1121924.jpg

大阪へ行ってきました!
この日の夜は難波の自由軒。
a0000029_116177.jpg


その名も「名物カレー」を食べてみたくて、冷たい雨の中行ってきました。ちょっと迷いながら・・。
a0000029_11154711.jpg


もうすぐ100年を迎える老舗。
ルーがごはんに混ぜてあるカレー、その真ん中には卵というスタイルもずっと変わってないんだとか。
大阪庶民の生活を書いた織田 作之助が愛したお店としても知られています。
a0000029_11223878.jpg


名物カレー。ボリュームもそこそこで650円!お好みで四代目ウスターソースをかけていただきます。
a0000029_11233114.jpg


卵とごはんをがががーっと混ぜてソース。カレーの具は刻まれたたまねぎと牛肉です。
a0000029_1128577.jpg


「別カレー」ルーのカレーもありますよ!こちらはすでにソースが混ぜられてるみたいなちょっと濃厚味。
ちょっと香ばしいような味もします。
a0000029_1131138.jpg


ここで働いているお姉様たちがまた大阪らしい。茶髪の感じとか。
もめてるのが気になりましたけどー。笑
a0000029_11353899.jpg


個人的にはあんまり好みではありません。
でも一度は行ってみたかった&行っておいてもいいお店だと思います♪
by 55aiai | 2009-04-29 11:37 | 大阪 | Comments(20)

「大阪 リッツの朝ごはん、川福のうどん、アルションのタルト、コーヒー専門店」
a0000029_858198.jpg

朝からブッフェでたっぷりモーニングが厳しいお年頃・・・
ましてや前日がお好み焼き(過去記事)だったので、とりあえず紅茶と軽い朝食を求めてザ・リッツ・カールトン大阪へ。
↓廊下の照明きれい。
a0000029_91578.jpg

↓ここは数段だけの階段だけど、この横にはちゃんとエレベーターも完備されていました。
a0000029_922646.jpg

数種類の中からパンを選び、ポットでサーブされる紅茶とともにのんびりした朝を過ごさせていただきました。
スプレンディードは7月22日にリニューアルオープンしたばかりで、とってもキレイになってました。
↓多層に重なる生地、桃を使ったデニッシュ。ほかに食べたマフィンはちょっと粉っぽさがあった。。
a0000029_95187.jpg


お昼からはまたまたizolaちゃんと合流!
彼女には本当に今回お世話になりました~♪
川福本店で讃岐&関西風うどんを。izolaちゃんの候補の中から、より庶民的なお店をチョイスしました。
a0000029_857106.jpg

↓この日の大阪は猛暑。でも二人であつあつのうどんをハフハフ。ふ、ふ~ぅぅ!
セットにしたらものすごい量が出てきちゃった。
ごはんが付いてきてるのに、おかずにおいなり・・、ごはんにごはんを重ねるのが関西流。
a0000029_9102555.jpg

a0000029_9125874.jpg

↓お店はこんな感じでした!
a0000029_992894.jpg

a0000029_9112715.jpg


一緒に道頓堀を歩いて、そのまま法善寺横町を横切り、連れて行ってくれたのはカフェ。
サロン・ド・テ・アルション。あっ!ここ私が唯一知ってる大阪のカフェ!クレープリーもあるんですよね♪
↓桃といちじくを使ったタルト。このお店のケーキは美人が多い!そしてちょっと甘めかな~。
a0000029_921530.jpg


続いて、コーヒーが苦手な私を、こだわりのコーヒー専門店に連れて行ってくれました。
izolaちゃんの憩いの場所だということで、なるほど素敵なお店です。
a0000029_9342098.jpg

カフェオレは美味しかったけど、本当のコーヒーの美味しさを知るには早くブラックを飲めるようにならなくては。。。

この後、きのした(過去記事)へ行き、しっかりお鍋を堪能してから最終新幹線で東京へ戻りました~。
最終新幹線はサラリーマンだらけなのかなと思ってましたが、夏休みということもあって遅い時間なのにお子ちゃま連れの家族なんかもいてにぎやかでした。
今回の大阪、久しぶり(2年ぶり?)で本当は行きたいお店がいっぱい。
でも殆ど叶うことなく宿題として残してきてしまいました。次回はレインボーでハンバーグ食べるぞ、とかおでんははずさない、とか。
食文化豊かな場所です、関西♡

たまたま気になったのは、大阪ってごみの分別されていないんですね!
ちょっとした偶然なんですけど、阪神百貨店のいか焼き食べた時、プラスチックトレイと割り箸を一緒に捨てざるを得なかった。お店の人に指示されて捨てたんですけどやっぱりちょっと軽い衝撃。
百貨店みたいに人が沢山出入りする施設は、もったいないなぁ~と思います。
いや、東京もまだまだなところがあります。でも人が多い分、努力はしているのかな。
こういうのって本当に「小さいことからコツコツと」。西川師匠はいい事言うわぁ~。
by 55aiai | 2007-08-16 10:05 | 大阪 | Comments(16)


ライター・西村愛のブログ

by 55aiai(西村 愛)
記事ランキング
カテゴリ
全体
▼東 京 都
 ∟いろーんなごはん
 ∟港区
 ∟中央区
 ∟千代田区
 ∟渋谷区
 ∟新宿区
 ∟品川区・目黒区・大田区
 ∟荒川区・葛飾区・足立区
 ∟北区・練馬区・豊島区・板橋区
 ∟江戸川区・江東区
 ∟台東区・墨田区・文京区
  ∟浅草グルメ
 ∟杉並区・中野区・世田谷区
 ∟東京都下
 ∟伊豆大島
 ∟おうち&頂き物
 ∟お呼ばれ
▼島 根 県
 ∞出雲市
  ∟出雲市グルメ
  ∟島根⇒広島やまなみ街道
  ∟出雲 薬草×美活プロジェクト
 ∞雲南市&奥出雲
  ∟雲南市&奥出雲グルメ
 ∞松江市
  ∟松江市グルメ
 ∞隠岐の島
  ∟隠岐の島グルメ
 ∞大田市
  ∟大田市~津和野ツアー
 ∞江津市
  ∟広島(宮島)⇒島根ツアー
 ∞邑智郡
  ∟邑智郡グルメ
 ∞浜田・益田・津和野
  ∟益田・津和野ツアー
 ∟島根県のホテル・旅館
 ∟東京開催島根イベント
 ∟実家帰省
▼国 内
 ∟北海道 札幌
 ∟北海道 旭川・富良野・帯広
 ∟宮城・仙台
 ∟宮城・気仙沼
 ∟宮城・ツール・ド・東北
 ∟山形
 ∟栃木
 ∟群馬
 ∟埼玉
 ∟千葉
   ∟アクアラインイースト
 ∟神奈川&箱根
 ∟新潟・燕&弥彦
 ∟新潟・佐渡
 ∟石川・金沢
 ∟山梨
 ∟長野
  ∟小布施
  ∟軽井沢
 ∟静岡 
  ∟浜松・三ケ日
 ∟愛知
 ∟三重県
 ∟京都
 ∟大阪
 ∟兵庫
 ∟鳥取
 ∟島根
 ∟広島&宮島
 ∟福岡
  ∟糸島
 ∟有田・伊万里・唐津 器の旅
 ∟熊本 水俣&津奈木&芦北
 ∟大分
 ∟沖縄
▼世界旅行・食べ歩き
 ∟中国2007
 ∟中国・上海2010
 ∟中国・上海2012
  ∟ウォルドルフアストリア
 ∟香港2013旧正月
 ∟香港2015
 ∟韓国2016 京畿道・ソウル
 ∟韓国2010 仁川・ソウル
 ∟台湾2010
 ∟ニューカレドニア2015
 ∟オーストラリア2008
 ∟バリ島2008
 ∟バリ島2011
 ∟タイ2015
 ∟ハワイ2009
 ∟ニューヨーク2004
 ∟フランス2009
◆ホテル・旅館訪問記
 ∟南アフリカ・ジンバブエ2002
 ∟コンラッド東京
 ∟グランドハイアット東京
 ∟フォーシーズンズ椿山荘東京
 ∟ザ・リッツ・カールトン東京
 ∟パークハイアット東京
 ∟マンダリンオリエンタル東京
 ∟フォーシーズンズ丸の内
 ∟ANAインターコンチネンタル
 ∟ウェスティンホテル東京
 ∟シャングリ・ラ東京
 ∟ザ・ペニンシュラ東京
 ∟パレスホテル東京
 ∟ホテルニューオータニ
 ∟東京ベイコート倶楽部
 ∟ホテルオークラ東京
 ∟ホテル龍名館東京
 ∟キャピトル東急ホテル
 ∟ザ ゲートホテル雷門
 ∟ホテルニューグランド
 ∟温泉津温泉 輝雲荘
 ∟岩井温泉 岩井屋
 ∟ザ・リッツ・カールトン大阪
 ∟ザ・ルイガンズ
 ∟WITH THE STYLE
 ∟ハイアットリージェンシー
*日記・お知らせ
*ビーズジュエリーなど
◆ネイル
*格闘技
*アリさん成長日記
タグ
*お願い事*
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
じぶん日記メモ


*ハンバーガーブログ*
GO!GO!ハンバーガー



*おにぎりブログ*

おにぎりずむ




*サントリー*

サントリーグルメガイド公式ブログ
サントリーグルメガイド公式ブログ



*食べあるキング*










最新の記事
最新のコメント