カテゴリ: ∞松江市( 12 )

「島根 島根半島・桂島海水浴場」
a0000029_20542089.jpg


一足早く島根での夏休み。

島根半島の海を通りかかったので撮影してきました。
この辺りは何度か通り過ぎたことはあるけれど、きちんと降りたのは初めてでした。

島根半島の海岸は山越えしなければならないのでどこからも遠いのです。

島根ってこうじゃないですかー
a0000029_2101471.jpg


島根半島は東側(右側?w)の宍道湖の上にくっつくように伸びる100キロの半島を言います。
a0000029_212866.jpg


a0000029_2154392.jpg


桂島は道で繋がった島ですね~
a0000029_2175275.jpg


浸食されて不思議な形をした奇岩や独特の海岸線を作っているのですが、
き、きれー!
a0000029_2184792.jpg


a0000029_21133491.jpg


a0000029_21145233.jpg


まいりました!島根すごいー。
a0000029_2115528.jpg


a0000029_21192242.jpg


島根町はこういう建物があるのも事実。
道路も学校も立派です。
a0000029_21185657.jpg


いつかこの辺りでツアーやりたいな!
シーカヤックめちゃくちゃ楽しそうだったー
a0000029_21224654.jpg


---
by 55aiai | 2016-08-02 07:06 |  ∟松江市の観光 | Comments(0)

「島根・松江 八雲立つ風土記の丘」
a0000029_14463752.jpg


出雲地方は神話が有名なので、それを指して「歴史がある」と言われることが多いのですが、私もうっかりしてて、ちゃんと勉強すべきは考古学だということに気づいたのは、先日の本の執筆「島根「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない島根県の歴史を読み解く! (じっぴコンパクト新書)」をしたときでした。

神話の足跡は考古学によってつながり、そして証明されているんですね。

よって考古学をちゃんと勉強せんといけん!と思い、今回帰ったら行こうと思ってました「八雲立つ風土記の丘」。
a0000029_14475028.jpg

松江エリアで暮らした人は遠足なんかで訪問しているようですが、出雲の人間はそんな機会はなかったよね?
しかし素晴らしい施設でした!
たった200円という入場料の安さもすごい。
a0000029_14473953.jpg


まずこの太っ腹!
写真・カメラOK!夢のようだな。
a0000029_14481579.jpg


広いエリア、自転車貸出OKもすごい(無料かつ、ガイド付き)
a0000029_14485363.jpg


はるかむかーしの人が使っていたんだよね、コレ・・・とか思うと感慨深いなぁ。
a0000029_14495559.jpg


はにわがいっぱい!思ってたより大きいし、形状がとても技術高い。
a0000029_1450261.jpg


大事な鹿は感動しすぎて写真撮り忘れるという・・・!
a0000029_14505612.jpg


これ見てくださいよ。
作った時に丸いはんこみたいなのをぽこぽこ押した跡がある。
すぐそこで押してたのを見たような錯覚するような、それくらい近く感じる。
a0000029_1451591.jpg


額田部の臣の記載がある刀。
柄(つか)の部分の柄(がら)もすごいよ。
これ、見どころです!
a0000029_14521417.jpg


こんな感じになってたそうです。
偉い人です!
a0000029_14531928.jpg


額田部の臣と出雲の臣の関係~
a0000029_14535376.jpg

岡田山一号墳から約100年前に見つかった刀はその後の調査で、<各田卩臣□□素□大利□>と書かれた文字が確認されました。
額田部のリーダーという意味の名前が刻まれている、大変貴重な資料と言われています。

岡田山一号墳、初めて見たー!
a0000029_1574430.jpg



---
by 55aiai | 2015-09-29 07:00 |  ∟松江市の観光 | Comments(0)

「島根・松江 普門院の茶室、観月庵」
a0000029_1763673.jpg


普門院に、松江のお殿様が作ったお茶室を観に行きました。
ここは松江城の鬼門にあたる北東の場所に建てられている天台宗のお寺。
松江城の築城とともに開かれたお寺で、すぐ横を流れる堀川を使って、お殿様もたびたび
訪れていたという場所です。

観月庵、という名前のとおり、ここから月を眺めながらお茶を飲んだそうです。
風流ー!
a0000029_1773726.jpg


出雲風庭園に心字池。
a0000029_1781852.jpg

灯篭は、来待石だろうか?
a0000029_1783526.jpg


ここでお庭を見ながらお茶もいただけるそうです。
見て回ることができ、丁寧な説明付でした!
a0000029_17972.jpg


駐車場あたりから、お城も見えましたよー。
国宝松江城~♪
a0000029_1719556.jpg




---
by 55aiai | 2015-09-12 07:00 |  ∟松江市の観光 | Comments(2)

「島根県・松江 ぐるっと松江 堀川遊覧」
a0000029_2143065.jpg

ブログの中で色んな町をうろうろしていますが、55aiaiは東京にいますよ☆
良く勘違いされることが多くって。。

さて、先日島根県の松江に行った時のお話です。

松江=島根県の県庁所在地。
「島根市」はありません、「島根町」はあるけれど。
これが「島根」がメジャーにならない由来かなぁぁぁぁ~


これが島根県庁。
a0000029_120234.jpg

お城のお堀の脇に建っている、絶景ロケーションです!
都道府県、お城脇に都道府県庁があるパターン、結構多かった気がする。
a0000029_1260100.jpg


用事があって県庁を訪問して、次の打合せまでに時間があったので・・・

乗っちゃいました「堀川遊覧」!
またの名を、島根のジャングルクルーズと言います(笑)

元々このお堀は水質も悪化していたのですが、この堀川遊覧が始まってからというもの、とてもきれいになったと聞いています。
またこの堀川遊覧、<普通こんなとこで誰が遊覧船なんて思いつくの!?>と言うほどに船が通れるギリギリの幅や欄干の低い橋がかかっていて、船の天井を折りたたんでまで遊覧するといういくつかのおもしろポイントがちりばめられています。
松江城近くの船着場から、早速出発!
a0000029_1333828.jpg

船頭さんのお話を聞きながら進みます。
まずは野面積みの石垣を左に見ながら堀川を旋回。
この石垣は7割は自然の石壁、3割が人工の石垣だということです。
a0000029_1355444.jpg

いつも歩いているところを下から見上げるのはなんだか不思議。
塩見縄手(武家屋敷・小泉八雲記念館)を右手に見ながらおっちらおっちら。
こっから見るとほんとに昔の町並みみたいだわ。
a0000029_1392649.jpg

江戸時代からある松の木を越えて、
a0000029_140371.jpg

ぐんぐん。
a0000029_1402861.jpg


色んな橋をくぐります。
a0000029_1412391.jpg

船の上、結構興奮気味!(笑)
a0000029_1294719.jpg

この辺り、新緑が水面に映ってとってもキレイでした!!
a0000029_145599.jpg


橋脚の幅が狭くて、船がずりずり言います。。
でも船頭さん、お上手です!
a0000029_1472949.jpg

くぐるのが困難なくらい低い橋脚の橋は、船の屋根をたたみみんなでかがんで通ります。
ここで船をご一緒した方たちとなんだか不思議な連帯感(笑)
これもご縁です。
a0000029_1595399.jpg


ここから外堀に出て行きます。
外堀に出る手前のところの木々の美しさは絶対に見逃さないでください♪
そして、外堀に出たところの黒い建物「だんだん.」も要チェック☆
最近人気でなかなか予約が取れないそうです。。。
過去記事:不動前 しゃぶしゃぶ居酒屋だんだん.のたたらポーク豚しゃぶ
過去記事:島根県 出雲・松江を巡る旅2011 だんだん.のランチ
a0000029_1512622.jpg


この辺りからは堀川と町並みがコラボレーションしてきます。
昔使っていた階段や、
a0000029_1525358.jpg

堀川遊覧を意識してか、とってもキレイに飾っていらっしゃるお宅も。
a0000029_1534039.jpg

こうやって町の人が協力してるっていうのが、観光客をお迎えする気持ちの表れになってて
すごくイイ。
a0000029_1551960.jpg


そしてクライマックスは堀川から眺める松江城。
やっぱり美しいのであります。
a0000029_1563122.jpg


途中、船頭さんの素晴らしい美声が。
私、本当に感動しました。
こういう観光コンテンツを松江が頑張ってくれてるのが嬉しい!
a0000029_212483.jpg



そうそう私、島根県のふるさと親善大使=遣島使になりました。

島根に限らず地方には良いところがいっぱいあって、あまりにも知られてなくてもったいないのです。
東京のごはんもキラキラしたラグジュアリーホテルも海外の美しい景色も好きだけど、
自分を育ててくれた町をいっぱい紹介したいです。
これからもぼちぼち島根情報を発信していきますー。
一人でも多くの方が島根に興味を持ってくれて、このマイナーな世界から(笑)ぐっとメジャーなところへ島根ポジションを上げていきたいと思います!
a0000029_252488.gif




--

◆島根の色んな情報はコチラ(島根グルメ、出雲大社大しめ縄掛け替え、奥出雲など)
◆秋の出雲・松江を巡る旅はコチラ(出雲大社、日御碕、松江城、玉造温泉)
◆冬の山陰・女子旅はコチラ(鳥取砂丘、浦富海岸、倉吉、三朝温泉、美保関、佐太神社など)

--
by 55aiai | 2012-05-16 08:30 |  ∟松江市の観光 | Comments(2)

「真冬の山陰を巡る旅2012 佐太神社 ユネスコ無形文化遺産佐陀神能のお膝元」
a0000029_10593632.jpg

超オススメ神社、佐太神社です。

様々な文化財指定を受けているのですが、ここで奉納される「佐陀神能」が昨年ユネスコの無形文化遺産に指定されて、改めて注目を浴びました。
私が美保神社に続き、感動しまくった神社です。
ここ見に行ってよかった~

黄色い橋を渡って神社へと向かうのですが、駐車場方面からかなり開けているのでスケール大な景色が楽しめます。
正面の拝殿・本殿の左手には神楽殿があるので必見です。
a0000029_1125641.jpg


3つのお社がありまして、それぞれに神様が祀られています。
合計12柱という大勢の神様の中でも、真ん中の本殿に祀られている佐太大神は前の記事で書いた「加賀の潜戸」生まれの神様です。(地理的に近いです)
a0000029_1118573.jpg


佐陀神能は単体で存在するものではなく、9月に行われる「御座替(ござがえ)神事」の最後の舞として行われるもので、神事が滞りなく終了した祝賀として舞われる舞なんですって。
一度でいいから見てみたいなぁ~
演劇性もあって見ていて面白いんだそうです。
a0000029_11155124.jpg


それぞれの社の神紋が違うのですが、
a0000029_11493913.jpg

真ん中の扇の形ね、おみくじが・・・
a0000029_11505140.jpg

扇の形!(小吉・・・)
a0000029_11512998.jpg

結びつけるわけでなく、日々持ち歩くことが出来るもの。
a0000029_11522898.jpg


立派なお社にさよなら~
a0000029_1153363.jpg


日御碕へと向かいます。
続きます。


真冬の山陰を巡る旅2012 スタートします
真冬の山陰を巡る旅2012 鳥取砂丘、浦富海岸、荒砂神社
真冬の山陰を巡る旅2012  白兎神社
可愛いご朱印帳を手に入れた!
真冬の山陰を巡る旅2012 ラーメン幸雅の牛骨ラーメン
真冬の山陰を巡る旅2012 倉吉 白壁土蔵群・赤瓦
・・真冬の山陰を巡る旅2012 米澤たいやき店の白いたい焼き
真冬の山陰を巡る旅2012 倉吉 賀茂神社
真冬の山陰を巡る旅2012 三徳山 国宝 投入堂と三朝温泉
真冬の山陰を巡る旅2012 三朝温泉 旅館 後楽(こうらく)
真冬の山陰を巡る旅2012 鳥取・境港 水木しげるロードとお食事処 峰
真冬の山陰を巡る旅2012 島根・美保関 美保関町歩き、美保神社、青石畳通り、美保関灯台
真冬の山陰を巡る旅2012 野波の日御碕神社、加賀神社、御津神社
真冬の山陰を巡る旅2012 佐太神社 ユネスコ無形文化遺産佐陀神能のお膝元
真冬の山陰を巡る旅2012 ひのみさき ふじ 日御碕灯台近くの旅館
真冬の山陰を巡る旅2012 日御碕散歩


鳥取県・島根県主催 山陰女子旅ブロガーツアー 鳥取・島根のパワースポットを巡る
by 55aiai | 2012-03-23 11:55 |  ∟松江市の観光 | Comments(0)

「真冬の山陰を巡る旅2012 野波の日御碕神社、加賀神社、御津神社」
a0000029_15311888.jpg

この狛犬、可愛くないですか?笑ってるみたいで(^^)
この子は御津神社の狛犬です。
今日は山陰・島根の海岸線沿いにある神社を3つご紹介します。

「野波の日御碕神社」松江市島根町にあります。
近くに「伝統行事の宝庫 野波」って書いてあったんですよ。
私は島根出身だけどこのあたりのことはさっぱり・・・。で、調べてみました。
まず、奇祭と呼ばれる「松江ガッチ祭り」。
野波の権現山にあった「日吉神社」が現在の「日御碕神社」に合祀されたのを機に、年に1回「日吉神社」の神様が元の地へ里帰りされるお祭りです、とのこと。
叩いたり獅子頭でかんだりしながら逃げ惑う子供を追い回すという、お祭り。
秋にはそんなお祭りでにぎやかになるのでしょうね。
この日はとても静かな境内でした。
a0000029_15405143.jpg

まるで分校のような構え。
a0000029_15414974.jpg

横広い拝殿の奥には大社造りの本殿・・・、なんだけどちょっとアンバランス。
瓦屋根と一緒になってるから?
増改築したみたいな年代の層。一番後ろが一番古い、みたいな。。?
a0000029_15445086.jpg

道路沿いに突然現れたので、
a0000029_15462162.jpg

予定してなかったけど立ち寄ったのでした。
a0000029_15471495.jpg


-----
「加賀神社」同じく島根町の加賀地区。

後ろに山が迫ってくる古びた神社です。
ここから少し行った船着場からいけるのは「加賀の潜戸(くけど)」。
出雲風土記に記されている歴史ある神社です。
a0000029_1604374.jpg

加賀の潜戸は日本海の海に突き出す洞窟。これそのものが神社であった時代もありました。
この神社は海岸から内陸に移されたといいます。
a0000029_1644553.jpg

支佐加比売命(きさかひめのみこと)が祀られているのですが、この神様と弓矢の物語が残っており、その子供は佐太大神としてこの次の記事で紹介する佐太神社に祀られている、というつながり。
a0000029_16142757.jpg

加賀の潜戸行きの船はこの時期運行していないのです。
小泉八雲も美しいと絶賛した、加賀の潜戸、一度見てみたいです。。
a0000029_16265043.jpg

-----
「御津神社」松江市鹿島町。

狛犬が可愛かった、御津(みつ)神社です。
民家のお隣に立っていて、犬にほえられました(笑)
a0000029_16282485.jpg

こちらも狛犬。「吽」のほうですよね?
a0000029_16285545.jpg

ちょっとマニアックのスイッチ入ってる気もしなくはないですが、とってもこじんまりでいい感じです。
a0000029_16292543.jpg

祭神はイザナミ。
道を挟んですぐそこが海、という場所です。
a0000029_1630239.jpg


-----
ちょうどこの加賀神社から御津神社に行く途中、島根原発が見えました。
非常に考えさせられますね。
あんまり深くここでは書きたくないのですが、実際に見たのは初めてだったので。。
a0000029_16362641.jpg


続きます。

真冬の山陰を巡る旅2012 スタートします
真冬の山陰を巡る旅2012 鳥取砂丘、浦富海岸、荒砂神社
真冬の山陰を巡る旅2012  白兎神社
可愛いご朱印帳を手に入れた!
真冬の山陰を巡る旅2012 ラーメン幸雅の牛骨ラーメン
真冬の山陰を巡る旅2012 倉吉 白壁土蔵群・赤瓦
真冬の山陰を巡る旅2012 米澤たいやき店の白いたい焼き
真冬の山陰を巡る旅2012 倉吉 賀茂神社
真冬の山陰を巡る旅2012 三徳山 国宝 投入堂と三朝温泉
真冬の山陰を巡る旅2012 三朝温泉 旅館 後楽(こうらく)
真冬の山陰を巡る旅2012 鳥取・境港 水木しげるロードとお食事処 峰
真冬の山陰を巡る旅2012 島根・美保関 美保関町歩き、美保神社、青石畳通り、美保関灯台
真冬の山陰を巡る旅2012 野波の日御碕神社、加賀神社、御津神社
真冬の山陰を巡る旅2012 佐太神社 ユネスコ無形文化遺産佐陀神能のお膝元
真冬の山陰を巡る旅2012 ひのみさき ふじ 日御碕灯台近くの旅館
真冬の山陰を巡る旅2012 日御碕散歩


鳥取県・島根県主催 山陰女子旅ブロガーツアー 鳥取・島根のパワースポットを巡る
by 55aiai | 2012-03-21 08:30 |  ∟松江市の観光 | Comments(0)

「真冬の山陰を巡る旅2012 島根・美保関 美保関町歩き、美保神社、青石畳通り、美保関灯台」
a0000029_11502671.jpg

さー、橋を渡るともう島根県!
楽しかった鳥取とサヨナラです。
a0000029_11362826.jpg


大きくて立派な橋がかかっているここは運河みたくなっているのですが、隠岐の島行きのフェリーが出ています。
a0000029_1136481.jpg


境港とはすぐそこなのに、雰囲気違うのよね。
a0000029_1137753.jpg

島根側から見た境水道大橋です。
a0000029_1137268.jpg


まず最初に向かったのは美保神社。
想像してたよりも、ずーっとずっとステキな場所だった!
a0000029_1137365.jpg

鳥居前はひらけていてお土産やさんと駐車場。
a0000029_11462132.jpg

ちょうど反対側から見ると海がすぐそこにある、本当にカッコイイ神社です!
(この写真のどこかに母が隠れています、どこでしょう。笑)
a0000029_11391034.jpg

門から立派。奥に見えているのが拝殿です。
オレンジ色が見えるのが美保神社の特色です。
a0000029_1139297.jpg


古い神社なのですが、とってもダイナミックな神社です。
大きく翼を横に広げたような平たい屋根です。
大社造りを2つ並べた本殿は「美保造り」と呼ばれています。重要文化財指定。
それぞれにミホツヒメとコトシロヌシの2柱を祀っています。
a0000029_11395187.jpg

中がしっかり見えてる。そして広い!
a0000029_1140793.jpg

大きな木が植えられてました。
そして、拝殿の横に狛犬がいましたね。
a0000029_11402488.jpg

屋根がきれいな色だなー。
日本の伝統色の中に「檜皮(ひわだ)色」っていうのがあるんだけど、ちょっと違うのよねぇ。
自然がこういう色を生み出しているのですね。
a0000029_11404115.jpg


出雲大社が建立する由来ともなった「国譲り神話」において、父オオクニヌシに「国を譲るべき」と進言したのがコトシロヌシ。
その際の出来事を神事としたのが、美保関(みほのせき)のお祭り「諸手船(もろたぶね)神事」です。

-----
a0000029_11405897.jpg

小さい路地は「青石畳通り」と呼ばれていて、海岸から切り出してきた青石を敷き詰めたロマン溢れる雰囲気です。
不規則に敷き詰められた青石。
グリーンにもブルーにも見える、ナチュラルな色合いが目にも優しい。
a0000029_11412661.jpg

曲がりくねる道、向こうには山、小さな商店が並んでいます。
a0000029_11414344.jpg

美保館がまたステキ。
旅館である美保館の歴史は、このあたりが北前船で栄えた頃に建てられた時代にまで遡り、本館は有形文化財に指定されています。現在でも美保館へ宿泊する際の朝食などで使われているということです。
a0000029_11415817.jpg

もしかしたら見学とか出来たのかなぁ~?
時間がなくて外観のみです。
a0000029_11421872.jpg

やっぱり海の町だなぁって感じられるところもいいとこで。
美保関を大好きになってしまいました。
穏やかな雰囲気、ぜひ皆さんにも行ってみて欲しい~!
a0000029_11423745.jpg


---
さらに車を走らせて、美保関灯台へ。
このあたりは車がないと不便だなぁ~。
旅館の送迎とかないのだろうか。レンタカー?タクシーは流してないし。
でもぜひ見てもらいたい景色がたっくさんあるのになぁ。
島根のはじのはじ。本当にはじっこまで行きます、美保関灯台。
ただいまレストランはお休み。
a0000029_11431595.jpg

海がきれい!そして雄大ですね~
a0000029_11433917.jpg

灯台です。
保存の良さ、文化的歴史的な価値が認められ、登録有名文化財。
a0000029_11435656.jpg

さらに奥へ進むとこんな鳥居があるんです。
a0000029_1144102.jpg

でも。。。その向こうに広がっているのは海。。。
a0000029_11442556.jpg

実はこちらは先ほどの「美保神社」の続きで、この海の先にある隆起した岩を祀っているのです。
a0000029_1144456.jpg

海の手前にある岩いくつか(地之御前)と。。。
a0000029_11445916.jpg

ずーっと沖の岩は沖の御前。
釣り好きだとされる事代主命(ことしろぬしのみこと)はここで鯛釣りをしていたという伝説も残っています。
a0000029_11451725.jpg


美保神社方面へ戻ると「関の五本松公園」があります。
軽く山登り感覚のこの場所はリフトあり。しかしこの時期はお休みです。
でも上がると景色がキレイなんですってー
a0000029_11382513.jpg

ちょっと上がっただけでも海がきれかったです。(今回は登頂断念ー)
a0000029_11472032.jpg


青石畳通りは散策やお買い物も出来るし、
関の五本松公園は5000本ものツツジが4月下旬~5月上旬には満開の見頃。
灯台ブッフェしたり美保神社でおまいりしたり、町全体には穏やかで文化的な空気感があります。
海町・美保関にぜひー。
a0000029_11473512.jpg



続きます。

真冬の山陰を巡る旅2012 スタートします
真冬の山陰を巡る旅2012 鳥取砂丘、浦富海岸、荒砂神社
真冬の山陰を巡る旅2012  白兎神社
可愛いご朱印帳を手に入れた!
真冬の山陰を巡る旅2012 ラーメン幸雅の牛骨ラーメン
真冬の山陰を巡る旅2012 倉吉 白壁土蔵群・赤瓦
真冬の山陰を巡る旅2012 米澤たいやき店の白いたい焼き
真冬の山陰を巡る旅2012 倉吉 賀茂神社
真冬の山陰を巡る旅2012 三徳山 国宝 投入堂と三朝温泉
真冬の山陰を巡る旅2012 三朝温泉 旅館 後楽(こうらく)
真冬の山陰を巡る旅2012 鳥取・境港 水木しげるロードとお食事処 峰
真冬の山陰を巡る旅2012 島根・美保関 美保関町歩き、美保神社、青石畳通り、美保関灯台
真冬の山陰を巡る旅2012 野波の日御碕神社、加賀神社、御津神社
真冬の山陰を巡る旅2012 佐太神社 ユネスコ無形文化遺産佐陀神能のお膝元
真冬の山陰を巡る旅2012 ひのみさき ふじ 日御碕灯台近くの旅館
真冬の山陰を巡る旅2012 日御碕散歩


鳥取県・島根県主催 山陰女子旅ブロガーツアー 鳥取・島根のパワースポットを巡る
by 55aiai | 2012-03-20 08:30 |  ∟松江市の観光 | Comments(10)

「島根県 出雲・松江を巡る旅2011 大根島の日本庭園 由志園」
a0000029_1042588.jpg

松江市の近くに「大根島」という場所があるのです。

そろそろこの旅のレポートも終わりというココで、島根全体を紹介しちゃいますが、
今日書く「大根島」はこのあたり。
a0000029_1145749.jpg

こーやって島根地図を見ると、今回レポートした記事もほんの一部であることがわかりますよねー
出雲のちょっとと松江のちょっとをまわっただけ。
島根はまだまだ広いのです。

そして大根島はちょうど鳥取と島根の県境にある中海に浮かんでいます。
上につきだす島根半島と、弓みたいな形した鳥取県の弓ヶ浜半島に囲まれた汽水湖。
そこにぷっかり浮かんだ大根島は島根県です。
a0000029_11273417.jpg


この島は牡丹の花と朝鮮人参が有名。
牡丹は島根県花でもあります。
ボタンって華やかで大好きなんですよね。
a0000029_11331763.jpg

たしか大根島って、私が大学生くらいの頃は橋がちゃんとなかったんですよ。
でも鳥取の境港へ抜けるには大根島を通るのが一番早かったので通過してたのですが、その当時は水門が道路になってましたよね。
だから水門が開いちゃうと通れなくなっちゃうっていうような。
現在は立派な橋が架かってます!

さてこの大根島で観光するならまずは由志園(ゆうしえん)。
美しく手入れされた日本庭園です。
初めて行きました!
a0000029_11402146.jpg

自然の景色がここに集約されたような山や川を表現した造形美。
a0000029_11482749.jpg


10月だったこの頃、ちょうど過渡期だったのかなー
a0000029_11532641.jpg

実は沢山の紅葉する木々が植えられていて、
a0000029_1154917.jpg

そういう意味でのベストシーズンは11月末です!
a0000029_11554616.jpg


美しい庭を維持するためには、
a0000029_1203389.jpg

庭師の剪定が必要ですよね。
a0000029_1213887.jpg

こうやってメンテナンスしながら美しい庭園の景色が保たれているんですね。
a0000029_1263055.jpg


途中、軽いアップダウンがありました。
a0000029_1271515.jpg

使われている石がつぶつぶしてるんですよね。
これって火山石ですね、きっと。
a0000029_1283064.jpg

苔むした小滝や、
a0000029_1292029.jpg

その上流のこの景色。
紅葉の時期、最高でしょうね!
a0000029_1211146.jpg


水がある風景もステキ。
a0000029_12113971.jpg

えさはあるのでしょうか?
a0000029_12123057.jpg

鬱蒼としている場所もアリ。
a0000029_12131016.jpg

反対に、枯山水的様式を彷彿とさせるような造りも。
a0000029_12155469.jpg


ランチは籠のお弁当箱。
園内の「菖蒲亭」にて。
a0000029_12191122.jpg

お弁当の中には。。
a0000029_1220448.jpg

a0000029_12203661.jpg

ダシでいただくカニのお茶漬け。
a0000029_1223125.jpg

甘さを感じる胃にやさしいランチでした。
a0000029_1226792.jpg


そうそう、朝鮮人参のてんぷら。
初めてかも!
a0000029_12294677.jpg


松江市内から日帰りでいける距離です。
島ののんびりした空気も存分に味わえるし、散策路もしっかり整備されている美しいスポット。
休憩できるスペースや、販売・飲食店なども用意されていているのでしっかり時間を取って行きたいカンジ。
a0000029_1152388.jpg


さらにはおみやげ品が秀逸!
島で作っているというさつまいもが激ウマ。
さらには手作りかりんとうは、ソフトな食感で独特な美味しさ。懐かしいドーナツみたいな味わいも。
サムゲタンはじんわりあったまり美味。朝鮮人参入りのソフトクリームは一体どんな感じだったんだろうな~?
a0000029_12362938.jpg


いつかゆっくり歩いて島めぐりをしてみたい。
ステキなカフェもあるという情報アリ。
どこかで紹介できたらな♪と思っています!

--
続きます!


神々が見守る地、出雲をたずねる旅 詳細はコチラ(バナークリック!)




◆関連記事
a0000029_0323534.jpg

島根県 出雲・松江を巡る旅2011

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け2

島根 出雲大社からもう一歩 阿国の墓、稲佐の浜、日御碕神社、日御碕灯台

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲文化伝承館内 羽根屋の出雲そば

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 須佐神社

島根県 出雲 多伎の海とイルカとタラソテラピー マリンタラソ出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 皆美館の鯛めし

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社からどうぞ 本殿国宝の神魂神社(かもすじんじゃ)

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 玉造温泉街歩き、玉作湯神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 松江城

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 星野リゾート 界 出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 塩見茶屋のぼてぼて茶

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 大根島の日本庭園 由志園

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 だんだん.のランチ
by 55aiai | 2012-02-13 12:38 |  ∟松江市の観光 | Comments(2)

「島根県 出雲・松江を巡る旅2011 松江城」
a0000029_12214339.jpg

さて、島根の県庁所在地である松江市においてのランドマーク、松江城です。
あいにくの天候で大雨、そして空が一面の雲。。

松江城は現存天守、1607年に建てられたその姿を当時のまま残しているお城です。
そしてその天守閣には、登れます!!
a0000029_12215995.jpg


松の木を使った柱に、
a0000029_1222162.jpg

急な階段、こちらは桐。
史跡って昔の人の叡智と努力がしみ込んでいて感慨深いです。
a0000029_12223460.jpg

お城の中にはお城の形状や仕組みの説明や、当時の甲冑、襖絵など藩主の収蔵品が展示されています。
見学しながら天守閣へ。
a0000029_12233043.jpg

最後の階段は結構キツいですよー
a0000029_12234795.jpg


到着ー
a0000029_12242596.jpg


遠くには宍道湖の嫁が島も。天気がよければもっとクリアに見えるはず。
これだけ抜けて見えるっていうことは、向こう側からもお城が良く見えてるってことですね^^
a0000029_12542164.jpg


県立美術館も~
a0000029_12545668.jpg


ぐるっと360度見渡すことが出来るので、気持ちいいですよ!
お城自体の景観も、四季を通じて美しいとのこと。特に桜の季節!
私は未訪なのですが、松江城は「日本さくら名所100選」に選出されています。
a0000029_12551565.jpg



------

ここからはお城のお堀沿いに塩見縄手へやってきました。
武家屋敷がずらりと並ぶエリアです。
a0000029_12553045.jpg

お堀巡りの船が行き交います。
a0000029_12554918.jpg

片側に武家屋敷、もう反対側はお堀なので、水の景色と昔の侍町の風情を味わえるファンの多い場所。
見所も多いので少し時間を設けて散策したいところです。
a0000029_1256454.jpg

複雑に曲がった松をくぐるように抜けてお散歩します。
樹齢何年くらいでしょうね?
a0000029_12561997.jpg

辺りの住所を「殿町」って呼ぶのも、感じるものがありますね。

そして、近くの塩見茶屋で「ぼてぼて茶」をいただいてきました。
その記事は別にしようかな~

--
続きます!


神々が見守る地、出雲をたずねる旅 詳細はコチラ(バナークリック!)



◆関連記事
a0000029_0323534.jpg

島根県 出雲・松江を巡る旅2011

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け2

島根 出雲大社からもう一歩 阿国の墓、稲佐の浜、日御碕神社、日御碕灯台

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲文化伝承館内 羽根屋の出雲そば

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 須佐神社

島根県 出雲 多伎の海とイルカとタラソテラピー マリンタラソ出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 皆美館の鯛めし

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社からどうぞ 本殿国宝の神魂神社(かもすじんじゃ)

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 玉造温泉街歩き、玉作湯神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 松江城

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 星野リゾート 界 出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 塩見茶屋のぼてぼて茶

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 大根島の日本庭園 由志園

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 だんだん.のランチ
by 55aiai | 2012-02-08 12:59 |  ∟松江市の観光 | Comments(2)

「島根県 出雲・松江を巡る旅2011 玉造温泉街歩き、玉作湯神社」
a0000029_1113842.jpg

この日の宿泊は玉造(たまつくり)温泉。
子供の頃は夏になる度、いとこが来る毎に泊まりに行っていた玉造も、もうウン十年は遠ざかっていたような気がします。
あまりにも近すぎてネ。

場所的にはちょうど出雲市の中心と松江市の真ん中。空港から行くと松江方面に向かう途中って感じで主要国道(9号線)にも近く、このアクセスの良さから出雲・松江をまわる観光客の方は必ず一度は宿泊を検討もしくは実際に泊まられるのではないでしょうか。

久しぶりに行った玉造は、まーそりゃ変わってました・・・!
あちこちに見所が増えてましたねー
a0000029_112549.jpg


それでは玉造の街をご紹介しましょう。

あいにくの雨でした。
結構降った様子で、かなり川は増水中。
でも町全体がしっとりとしてキレイ。
この地方は雨が多い場所なのですが、それを「縁雫(えにしずく)」と呼んで自然の恵みから縁をつなぐ、そんな考え方をします。
a0000029_11314518.jpg


玉造温泉は玉作(たまさく)川沿いに連なる温泉街のこと。
JRを使って玉造温泉駅下車。
自然のままの川の風景が風情ある町並みです。
a0000029_114059.jpg

山陰では名所といわれる温泉地で、お湯は美肌の湯とか姫神の湯と呼ばれたりしています。
温泉旅館や飲食店、様々な施設が共同で町づくりとPRを行っている、ある意味演出も含めたくさんの見所があります。
玉造温泉のサイトはとってもきれいに作られていて町案内の地図もわかりやすい。
訪問する前にはプリントアウトすることをオススメ。
ただ、交通アクセスのページは不親切なので、ここを見るといいかも。
a0000029_1142956.jpg


道路からは川に降りられるようになっていて温泉も沸いてます、
が、あっついです。。。(笑)
a0000029_1164215.jpg

途中、足湯施設が姫神広場にありました。
こちらは日帰り観光にはぴったりです。タオルなどは有料で購入できます。
a0000029_1165353.jpg


美肌研究所 姫ラボ。玉造温泉発 コスメ専門店。2007年オープン。
a0000029_1172079.jpg

温泉成分研究を基にした、美肌化粧品を販売するお店です。
玉造コラージュ
温泉水化粧水の「キラキラミスト」、化粧石鹸「姫ラボ石けん」などが人気のようです^^
a0000029_1116174.jpg


ベジフルージュ。
昨年2011年の10月に訪問したときは出来立てほやほやのお店だった模様。
地元の牛乳を使って作る、フルーツシェイクって感じデス。
健康系フルーツジュース。
a0000029_11162077.jpg

この日はいちじく。
少し肌寒い日だったけど、美味しくいただけました。
a0000029_11163722.jpg

お店はこんな感じ。
こんな風に休憩スポットがたくさんつくってあると散策するのにちょうど良いですね。
a0000029_1117195.jpg


道端にはこんなモニュメントがあります。
神話をモチーフにしているらしいのですが、これはどういう場面だ?
a0000029_11173319.jpg

わかりますかね?何かに似ていると思いませんか?

そう、「せんとくん」。

作家は籔内佐斗司氏。
↓玉日女命(タマヒメノミコト)の恋山(したいやま)神話の一場面。奥出雲町にある鬼の舌震いのシーンです。
玉造って、巨匠の作品まで観る事が出来る、そんな場所になっていたんですね~(驚)。
このサイトページでモニュメントを観ることが出来ました。どれも可愛いです!
a0000029_11185166.jpg

はじからはじまでこうして歩いていると良い散歩になりますなぁ~
a0000029_11192536.jpg


川があるので橋もある。
勾玉(まがたま)橋。
a0000029_11195047.jpg

宮橋。またの名を恋叶橋。
a0000029_1120831.jpg

この橋の向こうにある玉作湯(たまつくりゆ)神社は古くからある由緒あるお社です。
a0000029_11203834.jpg


玉作湯神社。
朝参りに出かけました。
a0000029_11205726.jpg

狛犬は子連れのお母さん。
a0000029_1121192.jpg

ここにはご祈願が出来る石があり、カップルで訪れてお祈りする方も多いようです。
a0000029_11213558.jpg

そのご祈願というのが「願い石・叶い石」。
a0000029_11215233.jpg

境内にある願い石。すっかり丸くなっています。
a0000029_11221472.jpg

ここにお願いをしながら叶い石をあてて湧き水をかけ、そして願い事をすると叶うというもの。
この袋の中に叶い石が入っています。
a0000029_11224848.jpg


さらにはこの袋の中にはお祈りを書く紙が入っていましてそれが複写になってます。
書いた紙は境内にお供え、転写されたほうは袋に入れて叶い石と一緒に持ち帰るという仕組みです。
a0000029_1123121.jpg

願い石は昔から神社に祀られていた御神石。
この願い石に叶い石(天然石)を直接触れさせることで石から石へ力を移して、お守りとして持ち歩けるようになっているんですね。

玉造には他にも「恋来井戸(こいのくるいど)」や、
a0000029_11234837.jpg

新鮮な温泉水をボトリング出来たりします。
a0000029_1124695.jpg


途中、こんなカメラのマークを見かけると思います。
a0000029_11242043.jpg

これは、ここにカメラを置いてセルフタイマーするとベストな背景で写真が撮れるスポット。
友人同士やカップルで来た記念に、ここでシャッター下ろしてみてくださいね。
雨降ったからタオルが置いてありました、親切!
a0000029_11243681.jpg


私みたいに出身者と言えども久々観光地へ行ってみるとガラッと変わっていたり、昔気づかなかった場所があったりと、再発見の連続です。
滞在者を飽きさせない努力っていうのは誰もが認めるところで、ますます進化していく玉造なのでした。
a0000029_11245218.jpg


お次はこの日宿泊していた「星野リゾート 界 出雲」のお話ですー

--
続きます!


神々が見守る地、出雲をたずねる旅 詳細はコチラ(バナークリック!)




◆関連記事
a0000029_0323534.jpg

島根県 出雲・松江を巡る旅2011

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け2

島根 出雲大社からもう一歩 阿国の墓、稲佐の浜、日御碕神社、日御碕灯台

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲文化伝承館内 羽根屋の出雲そば

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 須佐神社

島根県 出雲 多伎の海とイルカとタラソテラピー マリンタラソ出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 皆美館の鯛めし

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社からどうぞ 本殿国宝の神魂神社(かもすじんじゃ)

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 玉造温泉街歩き、玉作湯神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 松江城

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 星野リゾート 界 出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 塩見茶屋のぼてぼて茶

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 大根島の日本庭園 由志園

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 だんだん.のランチ
by 55aiai | 2012-02-03 11:33 |  ∟松江市の観光 | Comments(7)


ライター・西村愛のブログ

by 55aiai(西村 愛)
記事ランキング
カテゴリ
全体
▼東 京 都
 ∟いろーんなごはん
 ∟港区
 ∟中央区
 ∟千代田区
 ∟渋谷区
 ∟新宿区
 ∟品川区・目黒区・大田区
 ∟荒川区・葛飾区・足立区
 ∟北区・練馬区・豊島区・板橋区
 ∟江戸川区・江東区
 ∟台東区・墨田区・文京区
  ∟浅草グルメ
 ∟杉並区・中野区・世田谷区
 ∟東京都下
 ∟伊豆大島
 ∟おうち&頂き物
 ∟お呼ばれ
▼島 根 県
 ∞出雲市
  ∟出雲市グルメ
  ∟島根⇒広島やまなみ街道
  ∟出雲 薬草×美活プロジェクト
 ∞雲南市&奥出雲
  ∟雲南市&奥出雲グルメ
 ∞松江市
  ∟松江市グルメ
 ∞隠岐の島
  ∟隠岐の島グルメ
 ∞大田市
  ∟大田市~津和野ツアー
 ∞江津市
  ∟広島(宮島)⇒島根ツアー
 ∞邑智郡
  ∟邑智郡グルメ
 ∞浜田・益田・津和野
  ∟益田・津和野ツアー
 ∟島根県のホテル・旅館
 ∟東京開催島根イベント
 ∟実家帰省
▼国 内
 ∟北海道 札幌
 ∟北海道 旭川・富良野・帯広
 ∟宮城・仙台
 ∟宮城・気仙沼
 ∟宮城・ツール・ド・東北
 ∟山形
 ∟栃木
 ∟群馬
 ∟埼玉
 ∟千葉
   ∟アクアラインイースト
 ∟神奈川&箱根
 ∟新潟・燕&弥彦
 ∟新潟・佐渡
 ∟石川・金沢
 ∟山梨
 ∟長野
  ∟小布施
  ∟軽井沢
 ∟静岡 
  ∟浜松・三ケ日
 ∟愛知
 ∟三重県
 ∟京都
 ∟大阪
 ∟兵庫
 ∟鳥取
 ∟島根
 ∟広島&宮島
 ∟福岡
  ∟糸島
 ∟有田・伊万里・唐津 器の旅
 ∟熊本 水俣&津奈木&芦北
 ∟大分
 ∟沖縄
▼世界旅行・食べ歩き
 ∟中国2007
 ∟中国・上海2010
 ∟中国・上海2012
  ∟ウォルドルフアストリア
 ∟香港2013旧正月
 ∟香港2015
 ∟韓国2016 京畿道・ソウル
 ∟韓国2010 仁川・ソウル
 ∟台湾2010
 ∟ニューカレドニア2015
 ∟オーストラリア2008
 ∟バリ島2008
 ∟バリ島2011
 ∟タイ2015
 ∟ハワイ2009
 ∟ニューヨーク2004
 ∟フランス2009
◆ホテル・旅館訪問記
 ∟南アフリカ・ジンバブエ2002
 ∟コンラッド東京
 ∟グランドハイアット東京
 ∟フォーシーズンズ椿山荘東京
 ∟ザ・リッツ・カールトン東京
 ∟パークハイアット東京
 ∟マンダリンオリエンタル東京
 ∟フォーシーズンズ丸の内
 ∟ANAインターコンチネンタル
 ∟ウェスティンホテル東京
 ∟シャングリ・ラ東京
 ∟ザ・ペニンシュラ東京
 ∟パレスホテル東京
 ∟ホテルニューオータニ
 ∟東京ベイコート倶楽部
 ∟ホテルオークラ東京
 ∟ホテル龍名館東京
 ∟キャピトル東急ホテル
 ∟ザ ゲートホテル雷門
 ∟ホテルニューグランド
 ∟温泉津温泉 輝雲荘
 ∟岩井温泉 岩井屋
 ∟ザ・リッツ・カールトン大阪
 ∟ザ・ルイガンズ
 ∟WITH THE STYLE
 ∟ハイアットリージェンシー
*日記・お知らせ
*ビーズジュエリーなど
◆ネイル
*格闘技
*アリさん成長日記
タグ
*お願い事*
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
じぶん日記メモ


*ハンバーガーブログ*
GO!GO!ハンバーガー



*おにぎりブログ*

おにぎりずむ




*サントリー*

サントリーグルメガイド公式ブログ
サントリーグルメガイド公式ブログ



*食べあるキング*










最新の記事
最新のコメント
以前の記事
検索
お気に入りブログ