カテゴリ: ∟江戸川区・江東区( 23 )

「お台場 東京カルカル 九州和紅茶博覧会」
a0000029_1094393.jpg


お台場の大観覧車の下にある、東京カルチャーカルチャーって知ってますか?
色んなイベントが開催されていて、私ももう何度行ったことか!

そんな東京カルカルで先日九州和紅茶のイベントが開催され、
大の紅茶好きの私もなんとか時間を作って行ってきました~
a0000029_1011145.jpg


国産紅茶の世界は徐々に広がってきており、独特な優しい味に定評があります。
ミルクティー派の私は、コクのある紅茶が好きなので和紅茶はあまり合わないと思っていましたが、
色々飲んでみると意外とそうでもない…?

福岡県からはうきは市の「新川製茶」
佐賀県からは嬉野の「太田重喜製茶」「梶原製茶園」
長崎県からは「福田園」「中山茶園」
熊本県からは「天の製茶園」
大分県からは「高橋製茶」
宮崎県からは「宮崎茶房」
鹿児島県からは「今吉製茶」「堀口園」
a0000029_10283969.jpg


九州全県出揃いました!
a0000029_10203045.jpg


2,900円のチケットを購入して入場するのですが、まず波佐見焼のカップをひとつ受け取ります。
(こちらはお持ち帰りしました!)
a0000029_10215535.jpg


40種類を存分に飲み比べ!
スタートしてから終わるまで、列が途切れませんでした~
a0000029_1023147.jpg


こちらは天の紅茶。
実は今月末、私、畑にお邪魔する事になっているんですよ~~~♪♪♪

中にインされている小さいつぼみはみかんの花。
ものすごい香り!柑橘の柔らかな香りが鼻腔に広がる。
a0000029_102338100.jpg


それぞれのお茶の世界。
トークショーがありました。
a0000029_1025164.jpg


進行役のテリーさん、このイベントの企画者・日小田(ひのだ)さん。
今月末のツアー、ご一緒するメンバーです☆
a0000029_1025185.jpg


田んぼを土壌改良し、お茶畑にしたという福岡県代表の新川製茶。
棚田のような風景のお茶畑なのだそう。
安全安心を大切にし、自家製肥料、除草剤も使わない自然の中で作る紅茶です。
今回のイベントでは、各茶園から、じゃんけん大会でのプレゼントもありました!
a0000029_10303411.jpg


嬉野温泉ある地域で栽培されるお茶。
佐賀代表は「太田重喜製茶」「梶原製茶園」の2園でした。
いい場所ですよねー、嬉野。私、一番旅行して好きな県は?って聞かれたら『佐賀』って
答えると思うー。
全国茶品評会でも日本一のオイシサと認められた、嬉野の日本茶。
ここで紅茶を育てているんですね。
a0000029_1032537.jpg


長崎は減農薬の紅茶。
霧がかかって寒暖の差があるエリアで作る日本茶や玉露。
紅茶は挑戦し始めたばかりとのこと!
なんかとても仲良しのお二人でした^^
a0000029_10374531.jpg


大分からは、臼杵から!
映画学校で今年お邪魔した臼杵
レポートしたとおり、土づくりセンターで、街ぐるみで有機栽培に取り組んでいるのが臼杵。
ゆめ堆肥という名前の土を使って作ったお茶なんです。
インド人直伝のダージリンが自慢だということ!
a0000029_1040426.jpg


熊本は水俣。
大人気の「天の製茶」。
とらやの羊羹にも使われている、日本の紅茶の中でも代表格。
スモーキーな香りのある紅茶を目指し、中毒性のある紅茶を作っているとのこと。
世界中にファンがおり、また農園には研修生なども受け入れているそうです。
a0000029_10422835.jpg


宮崎は五ヶ瀬から!
五ヶ瀬と言えばあの話題のCM、スキー場ですよねっ。
品種それぞれの特徴を引き出したフルーティーな香り。
沢山の品種を育てているということ。
a0000029_1044143.jpg


最後は鹿児島!
日本有数の茶どころですね。
甘みのあるべにふうきなどが育てられています。
平場を使っているので日照時間が長く、力強い味わいのお茶が沢山出来るエリア。
大規模生産を行っているのが鹿児島の特徴です。
a0000029_10454377.jpg



和紅茶は小規模に作っていることで、生産者それぞれの個性がしっかり茶葉に現れるのが
特徴なのだそう。
それをさらに九州のお菓子と合わせるというのが相性も抜群ということですよー
a0000029_10475848.jpg


テリーさんが会話の途中に挟む<そうめんネタ>が私のツボです。
↓奈良・桜井市(三輪そうめん)出身のテリーさん。
a0000029_1049165.jpg


いっぱい紅茶を飲みましたー!
カルカルイベントは楽しくてお得でいいね。

お土産付き、お菓子もいっぱいで良イベントでした◎
a0000029_1051725.jpg




東京カルチャーカルチャー


----
by 55aiai | 2015-11-17 10:51 |  ∟江戸川区・江東区 | Comments(0)

「11月8日まで!東京モーターショー2015 グルメキングダムでプラチナフードを食べました」
a0000029_16412498.jpg


第44回東京モーターショーが開催されています。
2015年の今年は、これからの道路交通のリアリティある実現構想、スマートモビリティに関する展示が多く発表されていました。
スマートモビリティ。
つまり、人間の運転により起こる様々な事故やアクシデントの要因を、道路や車を賢くすることで補おうという考え方です。

雨に煙る東京国際展示場(ビッグサイト)へ行ってきました。
a0000029_16443537.jpg


今回の目的は車ではなく・・・グルメ!
私も参加するたべあるキング主催の「グルメキングダム」へお邪魔しました。
a0000029_16472294.jpg


西ホールの奥、ポルシェと日産の間を抜けた屋外のグルメ屋台です。
a0000029_16475358.jpg


8つのグルメ屋台では、「中津からあげ 華鳥」、「ラーメン 金久兵衛門」「カレー 銀座スイス」「浜松餃子 浜太郎」「かき氷 シロッポ」「四川料理 飄香(ピャオシャン)」「ピッツァ サルバトーレクオモ」「肉 格之進」が出店しています。

ランチ時、私もおなかいっぱい食べますよー。
まずは浜松餃子の浜太郎。
餃子6個は焼きたてです。
時折、ジャーーーっと水の弾ける鉄板の音を会場にも響かせ、食べやすい餃子は人気です。
a0000029_16543536.jpg

たれがいらず、口にすっと入る大きさ。
しゃきしゃきとしたキャベツと、甘みのあるたねで、お子様などにも喜ばれそう。
a0000029_16561439.jpg


飄香(ピャオシャン)では麻婆豆腐丼を。
蓋も付けてもらえるので、持ち歩きにも便利です。
a0000029_16564727.jpg

この容器、ほかほかで食べられるのもいいですが、ごはんと2段に分けてあるのも嬉しいですね。
a0000029_16571692.jpg


一切手抜きなし。
キッチンカーの中で鉄鍋振ってるんですもの。美味しいはずです。
展示会でこんなレベル高いものが食べられるなんて、すごすぎますよーほんと。
a0000029_1658650.jpg


実際にシェフ自らが作られてました。行列できるのも納得。
a0000029_16592759.jpg



シロッポのかき氷。
さっぱりとしたかき氷とはわけが違いますよ。
これはれっきとした高級デザートです。

手削りで丁寧に作ったかき氷。
寒いからといって食べなかったら絶対に損ですから、本気でご検討お願いします(笑)
a0000029_1704290.jpg


氷の真ん中あたりから濃厚マスカルポーネアイスが登場。
さらにグラノーラで食感に変化があり、最後の最後まで美味しく食べられました。
a0000029_1752623.jpg


格之進のハンバーグ。
これ、実は私よーく食べていたので知っているんですが、めちゃめちゃ美味しいのです。
火を中まで通してもなぜにこんなにジューシーなの?ってくらいに。
a0000029_176476.jpg


おなか限界につき、ここまででしたが・・・。
来場者にとってはこれほどうれしいグルメはないだろなーと思いましたね。
まさかモーターショーでこんな美味しいものが食べられるなんてことは、期待すらしていないわけなので。
ありがたいことです。ぜひモーターショーの度、続けていただきたいなー
a0000029_17123271.jpg

そして私は、古巣エリアに。
そう。
懐かしくってしょうがないのです、モーターショー。
個人的には人しか撮影できない車あたりよりも、ずっとこのコーナーが気になるわけで。
a0000029_179729.jpg


a0000029_1791672.jpg


ITS JAPANで大変丁寧な説明をいただいて、昔よりもずっと考え方が現実に近くなっているなと思いましたね。
昔は、ITSの世界を立ち上げることで精一杯だった業界も、成熟期に入っていたよーな。
a0000029_17105671.jpg


特に、地域とITSを組み合わせることでいかに安心安全な世界を作るか、
という説明をいただいたのには本当に興味湧きました。

モーターショー、11月8日まで開催です!!!
a0000029_17122354.jpg


幕張ではないですよー、ビッグサイトね♪
a0000029_17125495.jpg

by 55aiai | 2015-11-03 07:00 |  ∟江戸川区・江東区 | Comments(0)

「ビッグサイト アグリフードEXPO」
a0000029_201262.jpg


東京ビッグサイトで開催されているアグリフードEXPOへ行ってきました。
島根は結構大きなブースを出していて、招待状をいただいて行ってきました。
a0000029_2053648.jpg

このアグリフードEXPOは、生産者の方が一生懸命加工品を作って参加されているのが
とてもいい感じで、工夫もすごくされていて、人と違うもの、人よりもより良いものを真剣に
考えていらっしゃるのが好きなんです。

私も良いと思うもの、考え方がいいなーと思うものは紹介したいなと思い、
いつも顔を出すようにしています。
a0000029_2062966.jpg


嬉しかったのは、先日ippinで記事にしたへべすの農家・成合さんにお会いできたこと!
へべすマンになっていらっしゃいました!
a0000029_20401227.jpg


いいものありましたよー!
宮城・大崎のトマトジュース。
今後もしご縁がつなげたら、ここのジュースは紹介したいです。
a0000029_2072841.jpg


茨城・百笑米(ひゃくしょうまい)。
個性的なお父さんと明るく優しいお母さんのお米。
以前から知ってるお米だったのですけど、まさか生産者の方とお話出来るとは。
a0000029_20125397.jpg


これもなかなかおいしい商品でした。
豚肉焼いてつけて食べたい。れもんこしょう。
a0000029_20134466.jpg


以前のアグリフードEXPOで仲良くなった山口県のアグリプランさんはまたもや、
すんごいおいしいトマトを持ってきてました。
美桜(みお)。
a0000029_20214378.jpg

つやっつやのトマトですが、それだけでなく食感ね。
色んなトマトを食べてきたけど、それらすべてのトマトの概念が覆されました。
表現難しいけど・・・、佐藤錦のような、食用ほおずきのような食感です。
皮は薄く、ぶよぶよしてて実が柔らかく甘い。
a0000029_20194250.jpg



島根からもたくさん。
お知り合いも増えてきたなぁ。そして、
知らないところで私を知って下さってる人も増えてきたなぁ。(笑)

大正屋醤油さん。
とても面白い酒蔵でした。
人柄に興味が出ましたね、名刺に「芸術部」って書いてありました。
どんな部!?お醤油やさんですよ??(笑)
お醤油は持ってこず、紅白の甘酒をお持ちでした。
赤は黒米で色を付けているそうです。
a0000029_20243118.jpg


吉賀町の柿の里の新商品はグラノーラ。
まだ製品の過程っぽく感じましたけど、なんと隠し味に味噌を使っている!
うーん、いい。
a0000029_20264038.jpg


出雲大社の近くにもお店をオープンさせた「一福(いっぷく)」
おそばおいしいんですよ、ここの。
a0000029_20284280.jpg


アグリフードEXPOには初出店とのこと。
クロモジを使ったお茶を出されてました。
和ハーブっておっしゃっていて、ほんとに香りがいいですね。
松江の老舗旅館料亭でも出されているとか?
ちょっと注目です。
a0000029_20293484.jpg


三刀屋の紅梅しょうゆさん。
ちょうど使っていたここの醤油がなくなったところ。
日々使うお醤油はここのを使い、ちょっとお高めのお醤油はまた別の。
ここが出してるこの梅干しを使ったサルサ。むむむ、知らなかったけどいい。
今度買って食べる。
a0000029_20313354.jpg


そして大変素晴らしい世界にいつも挑戦されている森田醤油さん。
いつも心の中で応援してます。
a0000029_20342811.jpg


他にも沢山。
皆様のお話聞かせていただき、ありがとうございます。
a0000029_2038312.jpg



イベントは本日(2015.08.19)までです!
by 55aiai | 2015-08-19 07:00 |  ∟江戸川区・江東区 | Comments(0)

「豊洲 東京湾大華火祭、中止。。」
a0000029_01080640.jpg
台風で中止になってしまった2014年の東京湾大華火祭。
しかしせっかくなのでといつもの友達のおうちにお邪魔しました。

マンションから見る東京湾はこんな感じでひどい雨と風でしたけど、
a0000029_01081356.jpg


一瞬晴れた時があって。
空気が澄んでずーっと奥までビルの森、早い雲の向こう側に燃える夕日が見えました。
a0000029_01081040.jpg

遊びに行った友達の家の女の子が、なんと「しまねっこTシャツ」を着てました!
UTなんですよコレ。
a0000029_01081681.jpg
そしてそのTシャツを見ながらしまねっこを描いてくれました!!!!!
萌える~
絵の中に太鼓が書いてある理由はこちらのYoutubeにあります!
(こちらのメイキングの方はいっぱいしまねっこ写っていてかわゆすです)
a0000029_01081939.jpg
3つ年上のお兄ちゃんはもっと上手だった!
a0000029_01082795.jpg


花火はなくともおいしいごはんと泡がありましたよ。
白瀑 スパークリング山本。

a0000029_01082271.jpg


お料理ー。
お菓子センスある。
a0000029_01230324.jpg


本気のハンバーグは大絶賛!
ぜんっぜん足りなかった。
a0000029_01083030.jpg



ドライカレー、いつもとてもおいしい。
毎年の楽しみ♪
a0000029_01083417.jpg


デザートは高野の桃のショートケーキ。
幸せMAX。
a0000029_01253250.jpg


帰るころもまだ風強かったけど、空気はキレイだったー
a0000029_01273476.jpg


----

by 55aiai | 2014-08-11 08:00 |  ∟江戸川区・江東区 | Comments(0)

「門前仲町 焼き鳥APOLLO」
a0000029_21181485.jpg


紹介するよと言われて門前仲町まで行ってきました。
ついこの前も話題になったのですが、最近焼き鳥やさんてどんどんレベルが高いお店が生まれてますね。
加えてそれぞれの部位による焼きが絶妙なお店が増えましたよね。
食べていて楽しいです(^^)

この日はAPOLLOへ。
良いお店だったなぁー、また行きたいな。
a0000029_21203424.jpg


ちっちゃなお店なのですがすごく居心地いいのです。
会話も楽しめておいしいお酒になりますね♪
a0000029_21213624.jpg


みんなが空気を共有してるみたいで、お客さんにもほのかな一体感!
門前仲町という場所にはあまりなじみがないけれど、地域性もあるのでしょうか。
a0000029_21223580.jpg


もうちょっとちゃんと料理食べてみたいなー。
この日はダブルヘッダーだったので軽いごはんとなりました。
さらだおいしかったし、トマトが可愛かった。
a0000029_2123433.jpg



少し路地に入る雰囲気もいいですよ。
a0000029_21244099.jpg

by 55aiai | 2013-09-24 08:30 |  ∟江戸川区・江東区 | Comments(0)

「お台場 Zepp Tokyo ニフティ酒コミュ×サライ フランスワイン12産地のワインを一気飲み!」
a0000029_21521745.jpg

以前お邪魔したイベントに別の方からお誘いを受けました。
すごいですね~、フランス農水省。3年間かけてフランスワインの日本へのPRを行っているそうです。

それはなぜか?

フランスワインが日本に浸透してもうずいぶん長く経ちますよね。
フランスワインは日本の中ではワインの筆頭。ボージョレーが流行り、グラン・クリュ(最上級格付け)に憧れ、ブルゴーニュだボルドーだと、日本における市場の中ですっかり地位を確立したかのように見えます。
でも大げさな言い方をすれば、
私たちが持つフランスワインの知識は高級路線に偏ったものであるというのは否定できないと思います。
なぜなら、
安いワインとなるとチリ、イタリア、スペインと志向を切り替えることもしばしばだと思うのです。
最近ではフランスワイン ヴァン・ド・ターブル(テーブルワイン)も沢山あるのですが、そういうワインを選ぶとき、どうしてもお値段先行型で選んでいるのは私だけではないはず。そこにあるぶどう品種や地理的な意味合いは、上級ワインのように存在感は重たくないはずです。

それでは本当のフランスワインを知っているとはいえないのではないか。
そんな今こそ、このフランスアグリメールが打ち出す新たなPRは、改めてフランスワインを理解するチャンスなのです♪♪

初めてお邪魔したイベントは私の大好きな表参道TWO ROOMSでのイベントでした。
ハンバーガーもあったの(はぁと)
表参道Two Rooms フランスを楽しむためのフランスワインイベント

今回のイベントはニフティの酒コミュ会員対象の12種類飲み比べ。
もともと酒豪な皆さんががっつり飲めるイベントで、盛り上がらないわけはなーい!
a0000029_21564312.jpg


フランス農務省(農水省)の公式的見解ではフランスのワイン産地は12に分けられます。
この12には歴史や文化があり、そして土地土地の風土があります。そこに根ざしたお料理やぶどうの作り方により、ワインの味わいも決まってくるというお話は、ワインジャーナリストの田中克幸先生。そしてその産地それぞれの特徴を生かしたお料理を監修したのはフード・クリエイターのマカロン由香さん。
お二人とも超がつくその世界の専門家であり大人気の方。よくブッキングできたなぁ~。
a0000029_2214726.jpg

こちら、小学館「男のだいどこ クッキングサライ」の編集長。
お料理がとてもお上手~、穏やかなインディ藤田さん!
a0000029_2235893.jpg


広いフランス。山もある、川もある、湖もあるし海もある。
でも広大な平野もあり、よって世界有数の農業国。だからこそ食材が豊富でワインの葡萄を作るのにも適しています。
田中先生によると、ざっくりと以下のように分けられるそうです。
北へ行くとすっきり、南は味わいある太陽を浴びた味、海へ近いとしっとり、内陸へ行くとかっちり。
a0000029_22113753.jpg


ざっくりとこの日あったお話、書いておきますね。
もちろんこれだけで語り尽くせるものではないのですが、田中先生のお話は全てに理由があって時には精神世界にまで及ぶ、本当に引き込まれる話ばかりです。
<ジュラ サヴォア>
 スイス・アルプスに近いエリア、標高の高い山が多い。
 その中でもサヴォアは湖が近いため、すっきり型。サヴォアチーズも有名。
 よって、お料理は「温野菜とチーズフォンデュ」。
<ラングドック>
 エリアとしては赤ワインは78%と高い。が、魚介を食べる地域であり海にも近い。
 水に近い分しっとりとして太陽を感じさせるあたたかみのある味。一番最初にワインが伝わったエリア
 であることから、原種であるミュスカ(マスカット)を使った白ワインを。
 お料理は地中海オリーブオイルとアンチョビを使ったアヒージョ風「海老・イカ・セロリのオイル煮」。
a0000029_22164943.jpg

<プロヴァンス>
 東側、暖かいエリア。天気が良く若干涼しい。卓越したロゼを生み出す地域。
 フルーティーで柔らかみのあるロゼを。シラー、グルナッシュ、サンソー。
 いわしが良く取れるエリアであることから、お料理は「いわしの香草パン粉焼き」。
<アルザス>
 ドイツとの国境。ドイツよりも南であって雨が少ないエリアなので白でもしっかりとした味。
 この日はエーデルツヴィッカー(白ぶどうのブレンド)。私の好きなゲヴェルツトラミネールも入っていた。
 「ベーコンとクリームを使った薄焼きPizza」。パリッとしたクリスピーなピザ生地。
a0000029_22235054.jpg

<南西地方>
 山が多いエリアであり、色んなエリアが山間に隔離されている。
 狭いエリアで作られたローカル品種がある。特に南西地方は地産地消的ワインの発展をしたことから、
 個性的でデイリーで飲めるワインが多く作られた。
 バスク地方に近いエリアでパプリカ、トマトを使った「パプリカのピリ辛トマト煮」。
<ロワール>
 渓谷に沿ったエリア。しっとりとした飲み口のワイン。
 過去、パリから1日で行ける別荘地であったため、古城が多い。理由は1日の気温差が少なく穏やかな
 気候。全体に北側なのですっきりとしているがマイルドな味わい。
 白ワインの旨味を感じる「鶏肉のオルレアン風(ワインヴィネガーの酸味)」。
a0000029_22324338.jpg

<コルシカ>
 イタリアの西、フランス領。
 コルシカ島の白ブドウ品種・ヴェルメンティーノの香り豊かなワインで料理の風味をも軽くさせる。
 柔らかいものを合わせる「ショートパスタ・コンキリエとコルシカチーズ」
<ボージョレ>
 エレガントなボージョレはクリュ。ふくよかな赤、ジョルジュ デュブッフ。
 フランスの味・テット・ド・フロマージュが合うとのことですが、この日は「ハムのゼリー寄せ」。
<ボルドー>
 川の目の前の畑。イギリス領であったこのエリアの名物は八つ目うなぎ。
 うなぎとボルドーという通な組み合わせ。「蒲焼の赤ワインソース」。
a0000029_22423771.jpg

<ブルゴーニュ>
 最上級ロマネコンティ、モンラッシェ・・・名高きワイン産地。
 今回は地元の人の日常飲むワイン・テーブルでガメイとピノ・ノワールのミックス。
 ボージョレよりも北であることからさっぱりとした味わい。
 「スクランブルエッグ 赤ワインソース」。
<ローヌ>
 コート・デュ・ローヌは原産種シラーの産地。南ではグルナッシュも。
 ボルドー、ブルゴーニュと並び、フランスワインの三大産地であり、特にその力強い味わいが特徴。
 ボリューミーで果実味のあるワイン。
 ローズマリーなどの香りあるものが合う。
 「豚フィレ肉のタプナードソース」。
a0000029_22525294.jpg

<シャンパーニュ>
 乾杯用に出すシャンパーニュはシャルドネの強い酸味のあるものが多いが、今回は料理に合う
 ピノ・ムニエを使ったふっくら柔らかい味わいのシャンパン。なんと2,000円台のお値打ち価格!
 柔らかい煮込みとして「ロールキャベツ」。
 その他、醤油味鍋もの、ちゃんこ、おでん、牡蠣なべなどが合う。
a0000029_22511285.jpg


会場ではお料理デモンストレーションも。
マカロン由香さん、フランスのミシュランを渡り歩きフリーの料理人として大忙しなのだそう。
キレイな方で、男性たちが釘付けです。あまりにもべったり張り付いているのでちょっと気持ち悪いよ!と言ってやりました(笑) ←知り合いに。
a0000029_22545059.jpg


みんなのお酒への情熱で会場はボルテージ上昇。
田中先生の話にも歓声や驚きが各所であがっておりました。
いつもお話の中で納得するのは、
イタリア料理には「トスカーナ料理」「シチリア料理」「ナポリ料理」なんて各地ジャンルがあるのに、
フランス料理はフランス料理でしかない。もっとフランスの地域を深く楽しんで欲しい、というお話。
その地方に料理があるからこそその地域のワインも存在する。
「ボルドー料理」や「ブルゴーニュ料理」のお店があったらぜひワインとともに楽しんでみたいですよね。

最後にはテイスティングで使った世界ソムリエ大会の公式ワイングラス、シェフ&ソムリエ プロテイスティング32 が全員にプレゼントされました!
a0000029_2315023.jpg


ニフティの酒コミュ、会員は2,000人もいるそうです!
色んなイベントもやっているようなので、今すぐ会員登録だ~
酒コミュ!みんなでお酒を楽しむコミュニティ:@nifty

そしてこの記事は小学館「男のだいどこ クッキングサライ」にも記事になるはず。
お料理チョイスも写真もセンスの良い雑誌ですよー。


---
 
by 55aiai | 2012-12-17 09:00 |  ∟江戸川区・江東区 | Comments(3)

「新豊洲 豊洲ワイルドマジック(WILDMAGIC)のバーベキュー、ランブルスコ」
a0000029_17414181.jpg

ワインメンバーで開催するバーベキュー。
恐ろしいほどのワインが集まってました。

最近話題の豊洲ワイルドマジック。
ここへ行けば手ぶらでもすぐバーベキューできるという、新しいスポット。
ここからの景色は遠くにスカイツリー、レインボーブリッジ、都会的な景色と運河と東京湾を見ながらという絶景です。
a0000029_17321482.jpg


それよりもまずここへ向かうまでですよね。
国際展示場あたりを通り過ぎて豊洲方面へ向かう、ゆりかもめ。
まだまだ土地が余ってます~~~
これだけ抜けた大地だと、色んなものが見えてワクワク止まんない!
a0000029_17405625.jpg


この日はワインはみんなが1本ずつ持っていくというバーベキュー。
こんなに集まってた、いや実はもっとあった。
a0000029_2292621.jpg


その中で、私が持っていったワイン「ランブルスコ」。
ランブルスコというのはイタリアのぶどうの名前。
しかも「ランブルスコ・なんちゃら」って感じでランブルスコの中にも色んなぶどうがある。
ランブルスコ種ってことなのです。
だから至る所にいろんなランブルスコがあるんですよね。

その中でも私がお気に入りのランブルスコをもって行きましたよー。
a0000029_22152186.jpg

特に手前のが激ウマなのですよ。
この、サンタみたいなおじさんが目印です(笑)
ぶどうにご興味ある方は、このページを見てみてください。
私あまり詳しくないので ただ美味しければいーので(笑)
なんだかこのページ、お安くなって1,600円になってますね。まとめ買いしたいな。。

今回のバーベキューはごみを出さないようにみんな自分の箸カップなどは持参というルール。
私は持ち運び軽いのでWASARAのカップを持っていきました。

お分かりのとおり、赤の発砲。
しかもこのサンタおじさんランブルスコは、ほのかな甘さがあるのです。
品のいい柔らかなぶどうの甘さ。しつこくなくていやらしくなくて、スッキリ飲める甘さです。
a0000029_22202180.jpg


ランブルスコをいくつか飲んだことがあるけれど、ちょっと渋みがあるんですよね。
渋みとフルーティーな飲み口に加え、自然発砲のシルキーな泡がクセになる。
しかもこのサンタ・ランブルスコ(ロッジーノ・ダンテというそうです)は甘さも加わってとても飲みやすいの!
こういうカジュアルな外飲みなんかにはぴったりのワインだと思う。

コルクタイプでないのもいいところ。
野外パーティーの場合オープナーを忘れちゃった!なんてこともあるので。
a0000029_22234641.jpg


さてこの日のバーベキューはー。
まったけ!
a0000029_22324876.jpg

無造作に置かれたこの松茸を食べ尽くします。
松茸ごはん、松茸のお吸い物、松茸そのまま焼き、松茸リゾット。
a0000029_22335458.jpg

松茸ごはんに土瓶蒸しみたいなお吸い物かけて食べたの、最高だった~。
a0000029_22372238.jpg

そしてリゾットはパルミジャーノたっぷり・・・☆
a0000029_22382490.jpg

もちろんお肉も魚貝もお野菜も。
バーベキュー慣れしたお方とお寿司屋さんが仕入れてくれた食材。
素材がピカピカ!
a0000029_22444163.jpg


豪華ラインナップに囲まれた楽しいバーベキューでした!
ワイルドマジック、便利な会場です、たしかに。
場所にはテントや調理具、炭など一式で借りれて、希望によっては食材も全部用意してくれるんですよね。
総勢10名以上で割ったけれど、聞いたところ借り賃はそれなりにお高めでしたよー。

私はランブルスコが好評だったから、それだけで嬉しい♪
a0000029_22493621.jpg

by 55aiai | 2012-11-02 09:29 |  ∟江戸川区・江東区 | Comments(6)

「豊洲 東京湾大華火祭&東銀座アンテリブル(en. terrible )のケータリング」
a0000029_16221846.jpg

昨年残念ながら中止となった東京湾大華火祭。
今年も恒例、友人の家からの観賞となりました。

あんまり上手に撮れませんでしたー

だんだん暗くなってきて、19:00からスタートする東京湾花火。
a0000029_16275450.jpg


a0000029_1622859.jpg


a0000029_16224691.jpg


a0000029_1623664.jpg


a0000029_16233795.jpg


a0000029_1624457.jpg


a0000029_16255261.jpg


この日はワインが10本くらい空きました。
お料理は東銀座のビストロ、アンテリブルからのケーターリング。
めちゃめちゃおいしかった!

アンテリブルは、このお店の姉妹店なんですよ!
ケータリングについてはHPにもあるのでお問い合わせしてみてください。

サマートリュフたっぷりのスペインオムレツ。
a0000029_16292724.jpg

モルタデッラ。子供たちが大喜び。
a0000029_16302426.jpg

くるくる…キャロットラペ。
a0000029_16311112.jpg

新鮮な海鮮のマリネ。
a0000029_16323266.jpg

オーシャントラウトのスモーク
a0000029_16331647.jpg


美味しすぎたけど、全部食べられなかったなー
a0000029_1634359.jpg


観ながら食べながら飲みながら、大騒ぎ。
楽しかった!
a0000029_1637587.jpg

総勢15人で盛り上がりました!
a0000029_16391021.jpg

by 55aiai | 2012-08-13 08:30 |  ∟江戸川区・江東区 | Comments(4)

「亀戸 焼肉処 寛(かん)の和牛得盛り、寛盛り、切り落とし」
a0000029_10439.jpg

おいしい焼肉がリーズナブルに楽しめる、という亀戸の「寛(かん)」に行って来ました。
最近その情報を聞きつけて、食いしん坊がここへぞろぞろ足を運んでいるようなのです。

先日オープンしたばかりという3月の初旬。
4人での訪問。
ほらほら、開店祝いの胡蝶蘭が店の前を埋めています。
a0000029_103865.jpg

うち、今回ここへの訪問が2度目という2人がちゃっちゃとメニューオーダー考えてくれます♪
ものすごく下町情緒でもなく超キンピカでもなく、程よい敷居でどなたでもウェルカムな内装。
店内は満席状態で撮影はなしです。

まずは上タン塩から~
a0000029_112192.jpg

そして次にタン塩を食べてみたのです。
a0000029_113710.jpg

結果上タン塩のが断然美味しいけれど、普通のタン塩も歯ごたえがあって美味しいネ、という感想。
好みだけど私は上タン塩のが好きだったわ。
じわじわと肉汁浮き出る状態です。。♪

お次は和牛得盛り。
a0000029_133939.jpg

その日で内容が変わる、和牛の様々な部位を盛り合わせた一皿です。
名前どおり「お得」なメニュー。
塩かタレかで迷う場合はお店のおすすめ「たれ」を。(でもお好みでね♪)
部位はお店お任せ故の超破格3,500円也。
a0000029_14250.jpg


寛盛り4人前。
こちらは5,500円。
a0000029_142379.jpg

サーロインにはじまりイチボやざぶとんなどを入れ込んだ贅沢なメニュー。
感動しながら食べた~
a0000029_144019.jpg


さらにオススメしたいのがコレ。
「切り落とし」を盛り合わせにしたメニュー。
a0000029_15481.jpg

これと白米だけで十分じゃないのかと、そんな声も上がる460円。
リピートしまくりで、ラフな焼き方して、ひとり焼肉だったらこれだけでもいいかってな話で。
a0000029_154263.jpg


量的なクオリティは、むしろこの切り落としが一番良かったりするのですよね。
お値段がなにしろ安いので。
a0000029_155628.jpg


味付けはちょっと柔らかすぎはしないかな?少しぼけていないかな?とも思うけど。

ごはんものもガシガシ注文し、
a0000029_163652.jpg

お米の国からやってきた、王子様がこんな顔してる頃、
a0000029_165457.jpg


すっかりおなかいっぱいになってました。
ごちそうさまでしたー
a0000029_17531.jpg

by 55aiai | 2012-03-28 09:13 |  ∟江戸川区・江東区 | Comments(7)

「イベント会場にて トゥロワムスカテールのジェラート」
a0000029_1194522.jpg

今日は今年一番花粉の症状が出ています~っ!
晴れる晴れないにかかわらず、そろそろ本格的に症状が出る時期。
私の場合、のどがかゆいのが耐えられないー。

。。なのでこんな日は冷たいものが食べたいの。
先日2回連続でイベントで出会ったトゥロワ・ムスカテール。
むかーし一度ご紹介したことがある、美味しいジェラートの会社です。

トゥロワのジェラートは、通常ジュースやピューレを使って作るところを本物のフルーツを使っているところが美味しさのポイント。
食べていて「ジェラートを食べてる」っていうよりもむしろ「フルーツを凍らせて食べてる」というフレッシュな風味が口いっぱいフルーツフル。

先日はトマトのジェラートを試食させていただきました。
ホテレス・ジャパンの会場にて。
a0000029_1202481.jpg

私が紹介してから数年、本物として食べるプロのライターにも認められたのですね。
2011料理王国100選、創刊以来の100に選ばれるっていうのはスゴイ。
a0000029_1243889.jpg


私が好きなのはこのキウイです。
a0000029_128109.jpg


もひとつ好きなのはこの会社の事業のスタンス。
ホテレスでもフーデックスでもブースを出展してたトゥロワムスカテール。
でもとても地味なんですよ。
それって商品力で勝負している証拠。商品そのものに自信がある表れだと思うんですね。
そういう地道さの中どんどん支持する人を増やしてここまで来ているって、とても尊敬出来る姿勢です。
私もそういう地道さを見習いたいと思います。
a0000029_134555.jpg


ここは直営ショップがないのでどこかで食べれるお店を探さないといけないのだけど、
私が知ってる限りだと渋谷のアルフォルノ、同じく渋谷の福みみ
特に福みみ記事にはトゥロワの美味しさを説明したメニューの一部公開中です。

フルーツ系の方がトゥロワムスカテールの美味しさがより際立ちますよ!
ぜひお試しください~。

トゥロワムスカテール
by 55aiai | 2011-03-11 10:02 |  ∟江戸川区・江東区 | Comments(2)


ライター・西村愛のブログ

by 55aiai(西村 愛)
記事ランキング
カテゴリ
全体
▼東 京 都
 ∟いろーんなごはん
 ∟港区
 ∟中央区
 ∟千代田区
 ∟渋谷区
 ∟新宿区
 ∟品川区・目黒区・大田区
 ∟荒川区・葛飾区・足立区
 ∟北区・練馬区・豊島区・板橋区
 ∟江戸川区・江東区
 ∟台東区・墨田区・文京区
  ∟浅草グルメ
 ∟杉並区・中野区・世田谷区
 ∟東京都下
 ∟伊豆大島
 ∟おうち&頂き物
 ∟お呼ばれ
▼島 根 県
 ∞出雲市
  ∟出雲市グルメ
  ∟島根⇒広島やまなみ街道
  ∟出雲 薬草×美活プロジェクト
 ∞雲南市&奥出雲
  ∟雲南市&奥出雲グルメ
 ∞松江市
  ∟松江市グルメ
 ∞隠岐の島
  ∟隠岐の島グルメ
 ∞大田市
  ∟大田市~津和野ツアー
 ∞江津市
  ∟広島(宮島)⇒島根ツアー
 ∞邑智郡
  ∟邑智郡グルメ
 ∞浜田・益田・津和野
  ∟益田・津和野ツアー
 ∟島根県のホテル・旅館
 ∟東京開催島根イベント
 ∟実家帰省
▼国 内
 ∟北海道 札幌
 ∟北海道 旭川・富良野・帯広
 ∟宮城・仙台
 ∟宮城・気仙沼
 ∟宮城・ツール・ド・東北
 ∟山形
 ∟栃木
 ∟群馬
 ∟埼玉
 ∟千葉
   ∟アクアラインイースト
 ∟神奈川&箱根
 ∟新潟・燕&弥彦
 ∟新潟・佐渡
 ∟石川・金沢
 ∟山梨
 ∟長野
  ∟小布施
  ∟軽井沢
 ∟静岡 
  ∟浜松・三ケ日
 ∟愛知
 ∟三重県
 ∟京都
 ∟大阪
 ∟兵庫
 ∟鳥取
 ∟島根
 ∟広島&宮島
 ∟福岡
  ∟糸島
 ∟有田・伊万里・唐津 器の旅
 ∟熊本 水俣&津奈木&芦北
 ∟大分
 ∟沖縄
▼世界旅行・食べ歩き
 ∟中国2007
 ∟中国・上海2010
 ∟中国・上海2012
  ∟ウォルドルフアストリア
 ∟香港2013旧正月
 ∟香港2015
 ∟韓国2016 京畿道・ソウル
 ∟韓国2010 仁川・ソウル
 ∟台湾2010
 ∟ニューカレドニア2015
 ∟オーストラリア2008
 ∟バリ島2008
 ∟バリ島2011
 ∟タイ2015
 ∟ハワイ2009
 ∟ニューヨーク2004
 ∟フランス2009
◆ホテル・旅館訪問記
 ∟南アフリカ・ジンバブエ2002
 ∟コンラッド東京
 ∟グランドハイアット東京
 ∟フォーシーズンズ椿山荘東京
 ∟ザ・リッツ・カールトン東京
 ∟パークハイアット東京
 ∟マンダリンオリエンタル東京
 ∟フォーシーズンズ丸の内
 ∟ANAインターコンチネンタル
 ∟ウェスティンホテル東京
 ∟シャングリ・ラ東京
 ∟ザ・ペニンシュラ東京
 ∟パレスホテル東京
 ∟ホテルニューオータニ
 ∟東京ベイコート倶楽部
 ∟ホテルオークラ東京
 ∟ホテル龍名館東京
 ∟キャピトル東急ホテル
 ∟ザ ゲートホテル雷門
 ∟ホテルニューグランド
 ∟温泉津温泉 輝雲荘
 ∟岩井温泉 岩井屋
 ∟ザ・リッツ・カールトン大阪
 ∟ザ・ルイガンズ
 ∟WITH THE STYLE
 ∟ハイアットリージェンシー
*日記・お知らせ
*ビーズジュエリーなど
◆ネイル
*格闘技
*アリさん成長日記
タグ
*お願い事*
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
じぶん日記メモ


*ハンバーガーブログ*
GO!GO!ハンバーガー



*おにぎりブログ*

おにぎりずむ




*サントリー*

サントリーグルメガイド公式ブログ
サントリーグルメガイド公式ブログ



*食べあるキング*










最新の記事
最新のコメント