カテゴリ: ∟中国2007( 16 )

「中国・上海&北京の旅2007」(インデックス)
a0000029_08930.jpg
  
中国へ行っていたのです。
3泊4日の楽しい旅でした。
上海から北京へ移動しつつ、美味しいものを満喫。おなかいっぱい中国を味わう旅。

これから数日間、中国記事が続きますがどうぞお付き合いくださいませ。

↓こんな感じで進めて行く予定です。
このインデックスは記事をアップする毎にリンクさせて行くつもりです。


●上海
    1. 風景
       ≫町並み
       ≫夜景とテレビ塔
       ≫豫園(よえん)
    2.食べまくり
       ≫上海風豚の角煮「HOMES(ほーむず)」
       ≫街角の朝粥屋さん「班波果賓鍋貼(読み方不明)」
       ≫点心料理「阿一鮑魚(あいちほうぎょ)」
       ≫パフェ「VEN ICE」
       ≫中国茶「唐韻茶坊(とうりゅうさぼう)」
       ≫上海がに「小橋流水(こばしりゅうすい)」

●北京
   1.風景
       ≫町並みと瑠璃廠(るりちゃん)
       ≫天安門
   2.食べまくり
       ≫ふかひれ丼「四合軒(しごうけん)」
       ≫本場北京ダック「全娶徳(ぜんしゅとく)」
       ≫仏跳牆「美味珍(びみちん)」
a0000029_09217.jpg

by 55aiai | 2007-11-17 00:00 |  ∟中国2007 | Comments(20)

「中国・北京 ・・ですごいものに出会った 沸跳墻」
a0000029_0305019.jpg

いよいよ最後の記事。そして中国最後のごはんのお話です。
この日は夕方くらいの飛行機にて、東京へ帰国の日。残された時間でやったこと。
みんなで「沸跳墻(ファッチューチョン)」を食べに行くこと。
英語にするとBUDDHA JUMPS OVER THE WALL. お坊さんでさえ、その美味しそうなにおいにつられて塀を飛び越えて食べに来る、といったような意味です。

あの「美味しんぼ 第9巻 第2話」にも出て来るの!
貸してもらった美味しんぼ、初めて読みました。

行ったお店は「美味珍」。宮廷料理のお店です。
a0000029_0383593.jpg

a0000029_0392497.jpg


時間がない中、他にもたくさん注文しました。
↓鹿肉と栗となつめの煮込み
a0000029_0352814.jpg

↓ワニのピリ辛料理
a0000029_0364314.jpg

↓フカヒレとのセットにしたら・・・。このフカヒレがすっっごく美味しかった!!
a0000029_042043.jpg

ここのフカヒレはごはんを入れて食べる食べ方なのだそう。
a0000029_043112.jpg


そして「沸跳墻(ファッチューチョン)」。
a0000029_0442188.jpg

色んなものが入っている煮込みスープ。わからないものがたくさんあったのです。店員さんに聞いてみてよくわからなかったり。。
a0000029_0465623.jpg

ナマコ、しいたけ、烏骨鶏、たまご、鶏足、クコ、なつめ、干し貝柱、ふかひれ。
確認できたのはそれくらい。
食べる手が止まらないくらい美味しかった。じんわりと体の奥から温まるような、体に優しい味でした。

鳥の形のデザートも。
a0000029_053625.jpg

ちっちゃい。
a0000029_0533360.jpg


最後の最後に素晴らしいお料理に出会って、中国の旅を終了しました。
時系列に記事にしなかったので、ツアー全体がわかりにくかったかもしれませんが、美味しい旅の詳しい情報はぜひぜひコチラでチェックしてみてくださいね。

読んでいただいてありがとうございました!
a0000029_056174.jpg

by 55aiai | 2007-11-16 00:58 |  ∟中国2007 | Comments(34)

「中国・北京 北京ダックの全娶徳(ぜんしゅとく)」
a0000029_234721.jpg

北京ダック、というよりも鴨料理コースのお店でした「全娶徳(ぜんしゅとく)」。
東京・銀座の一等地にもこのお店があったりします。

ロビーがあったり沢山の個室があったりと、ビルがレストランになっています!
中は豪華絢爛!テーブルの上のナプキンが美しく折られています。
a0000029_2353352.jpg

現在は5代目になるまでには色々な歴史があったようです。
もともとはお菓子のお店からスタート。ところが不景気により、鳥料理のお店として新たにスタートしたとのことです。
1864年創業、中国でも1、2を争う古いお店。伝統的な鴨料理を食べられるお店です。

この日のコースも盛りだくさん!
↓特製鴨肉料理。鴨肉、みずかき、舌のレタス包み。脂っこいものを食べる時にはにがうりのようなさっぱりしたものを合わせます。
a0000029_013461.jpg

↓酒漬け鴨心臓の強火炒め。お酒に1ヶ月漬けたもので、食べた時もお酒の香りがします。
a0000029_043976.jpg

↓鴨肉とパイナップルの酢豚風味。鶏肉よりも歯ごたえがあり、豚肉ほど脂っこくないお料理。
a0000029_08034.jpg

↓アヒルとタケノコ、いんげんとみずかきの炒め物。どんな部位でもぜーんぶ残さず食べるんですよねぇ中国って。
a0000029_09183.jpg

↓野菜の炒め物は椎茸のうまみとあっさりアスパラガス。正直野菜が出てくるとホッとする~^^
a0000029_0124315.jpg


さて!
北京ダック、きました~。
水あめで炙った色が美しいー♡
a0000029_0294744.jpg
こちらのお店は皮だけでなく身も一緒に食べます。こういう食べ方は一度だけ、NYのチャイナタウンで食べたことがあります。
a0000029_0304514.jpg
よくあるパターンのパオピンバージョンと、ダックバーガーにするゴマパンの両方を楽しめます。
甜麺醤(テンメンジャン)と細切りのネギ、別皿でキュウリもありました。
a0000029_0321718.jpg

↓くるくるっと巻いて・・・
a0000029_033126.jpg

↓もしくはパタッと挟んで・・・。
a0000029_0335016.jpg


その他にもこんなもの!
棗の甘露煮、ゴマ鴨レバー、鴨スープワンタン、ドラゴンのひげ(デザート)、フルーツ、白酒(パイチュー)。
a0000029_0415352.jpg


さらに!!
サソリのから揚げ。きゃー、強そうだ。
煮干みたいなサクサクした食感で、悔しいことに美味しかった・・・。
a0000029_0472138.jpg

これを特別注文した人は誰ですか!
その答えはコチラからブロガーさんを辿って見つけてくださいね♪
by 55aiai | 2007-11-15 00:54 |  ∟中国2007 | Comments(5)

「中国・北京 ふかひれ丼の四合軒(しごうけん)」
a0000029_10493827.jpg

ふかひれ丼の四合軒、北京についてすぐに向かったお店。
↓器が全て朱塗りで揃えられていました。
a0000029_1057018.jpg

↓お店の様子とたくさんの前菜。
四角いのは豚肉の煮こごり、お魚は鮒の煮物、にがうりの炒め物、鶏肉四川風、花山椒の香りいんげんの炒め物、春雨と野菜とたまごの炒め物。
a0000029_11231630.jpg

↓水餃子や・・・
a0000029_11293313.jpg

↓シューマイも出てきて・・・
a0000029_11322821.jpg


いよいよふかれひ丼。
小ぶりながらも姿煮がごはんの上に。温められながら到着しました!
a0000029_11344036.jpg


う~~~~~んんっ・・・・・。
かびくさいような、埃っぽいような、そんな味。

ま、気を取り直して。
このお店ではちょっと面白いものがありました。
a0000029_11274030.jpg

見た目完全に麺類な高野豆腐。
確かどこかのお店で食べたことがある。味が絡みやすい食材だし高野豆腐ならではの食感があって美味しかったー。

さぁて、他のブロガーさんはこのふかひれ、どう思ったんでしょうー。
コチラからチェックしてみてください!^^
by 55aiai | 2007-11-14 11:54 |  ∟中国2007 | Comments(5)

「中国・北京 町並みと瑠璃廠(るりちゃん)」
a0000029_7482567.jpg

北京の骨董通り「瑠璃廠(るりちゃん)」へ行きました。
入り口からまっすぐ伸びた道沿いに、たくさんの骨董品のお店。
「値切りは10分の1からスタート!」という無謀なアドバイスを受けて見て回りました。
筆だけを売っているお店とか、国営の本物の陶器のお店とか、書店とか。
a0000029_7512879.jpg

↓さらに伸びる横道にもお店。
a0000029_7521077.jpg

↓小さな自転車屋台で売っている人もいます。
a0000029_7531150.jpg

↓途中、Jolie_nanaさんが棗の実を貰ってきてた!
子供の頃から棗大好き♪どこかでも書いたけど、北京は棗の産地です。
a0000029_7544665.jpg


北京の景色。北京では自ら歩いて街を回る時間がなくて、殆どが移動の時の車中からの写真です。
↓高速道路の料金所。
a0000029_7573725.jpg

↓町並み。
道にポイポイごみを捨てる人も多いですが、掃除する人もきっと結構いるんだろうな。
a0000029_7583686.jpg

↓夕方の時間、みんな帰る時間でしょうか。
a0000029_7592460.jpg

↓夕日がとってもきれいでした。
a0000029_8049100.jpg

↓自転車タクシーはベロア仕立。
a0000029_82112.jpg

↓世界遺産「故宮」にも行ったのですが、時間がなくて中まで入れなかった。。。
a0000029_85612.jpg


ホテルはSwissotelでした。
a0000029_853669.jpg


そろそろツアーご一行も北京入りしてきたようです。
そちらへのアクセスはココからどうぞ!
by 55aiai | 2007-11-13 08:08 |  ∟中国2007 | Comments(8)

「中国・北京 天安門」

a0000029_9541089.jpg
やってきました、北京。
まずは北京らしいところ、天安門。

テレビなどでは何度か見ているものの、やっぱり自分で見る感覚は違います!
↓人が多い!国家が流れる朝と夕などには、毎日人が集まってくるそう。
後ろの建物は中国歴史博物館・革命博物館。
a0000029_9503255.jpg

車の中から写した数枚。お昼は下車する時間がなく、車の中からの撮影でした。
警官がたくさんおり、荷物チェックなどをしています。
a0000029_951891.jpg

↓毛沢東主席です。これ一枚の大きさが尋常じゃないんです!
a0000029_10115517.jpg

↓これは正門なのだそうです。・・・が、かなり離れているように感じました。
天安門広場って広いのです。何もかもスケールがでかい!
a0000029_1005235.jpg


夜の天安門はキラキラきれいです。
a0000029_9562878.jpg

↓目の前の道路はものすごい広い!何車線あるんだろうー。
道路は横断できなくて、全て地下道でつながっています。
a0000029_9573194.jpg

↓北京は大きな道路にビル、という景色が多くて、街が整然としているイメージです。
これから北京オリンピックに向けてますます急ピッチで街の整備が進められていくんでしょう。
a0000029_1015231.jpg


夜の天安門は本当に寒くて冷たい風の中見て回りました。
途中でばったり出会ったtakapuさんと全力ダッシュ。中国・天安門前でダッシュするとは思わなかったけど、結構いい思い出です。
by 55aiai | 2007-11-12 10:22 |  ∟中国2007 | Comments(12)

「中国・上海から北京へ」
a0000029_115645.jpg

(こここ、この技すごいっしょ!)

さてさてー

やっと上海編が終了し、ここから北京編へ移ります。
上海では記事にしなかったものの、
↓上海雑技団や、
a0000029_1155060.jpg

↓上海博物館も鑑賞。
a0000029_1164269.jpg

特に雑技はほぼ当日になって行くことを決めたのに、最前列のど真ん中の席だったのには驚き。添乗員の李さんが、実は秘めた実力者であることを皆が実感したのでした。

そして上海虹橋空港から2時間かけて北京へ。
2時間あったら東京へ戻れる・・・。中国広し!
a0000029_1205459.jpg

この頃ちょうど、台風が上海めがけてやってきていたのですが、私たちはそれを避けるように北へと逃げます。
a0000029_1214157.jpg

この旅行中、一度も雨が降ることがなかった・・・というか、うまーく雨をよけながら旅が進行しました!

上海では最高28℃くらいまであったのが北京では一気に8℃となり、体が慣れない中での旅でしたが、大きく体調を壊すメンバーもおらず順調。
↓北京到着!
a0000029_1251363.jpg

a0000029_1255155.jpg


そんなことで、北京編も引き続きお付き合い願います!
by 55aiai | 2007-11-12 01:28 |  ∟中国2007 | Comments(12)

「中国・上海 小橋流水の上海蟹コース」
a0000029_10153554.jpg

いよいよ!楽しみにしていた上海蟹のお店「小橋流水」へ。
まずはメニューから。
 ・前菜盛り合わせ
 ・むき海老の蟹みそあんかけ
 ・蟹みそ豆腐のとろとろ煮込み
 ・小柱と蟹みそのとろみスープ
 ・アスパラと蟹足のさっぱり炒め
 ・蟹みそ まんじゅうはさみ
 ・上海蟹の姿蒸し
 ・蟹チャーハン
 ・蟹みそ入り小龍包
 ・フルーツ

上海蟹づくしなのです。
↓お店の雰囲気とお料理はこんな感じ!蟹みそと蟹肉とたっぷり使ったお料理が続きます♪
a0000029_10354745.jpg


↓やっぱりほぐしてある上海蟹は食べやすくって美味しさが増します!
アスパラと蟹足のさっぱり炒め
a0000029_103838100.jpg

↓このお店のスペシャル「蟹みそとフランスパン」がこの日はなくて、割包になりました!
蟹みそのまんじゅうはさみ
a0000029_10401384.jpg


そして、上海蟹がやってきました~
a0000029_10435670.jpg

上手に食べられるコツを勉強して・・・、みんなで格闘しました!
↓蟹道具!
a0000029_10472382.jpg

↓上海蟹には食べられないところもあります。そこを取り除いてから、蟹みそ→蟹肉と食べ進めて行きます。
殻がとても硬いので、なかなか難しぃ。。。
a0000029_1048378.jpg

a0000029_10491591.jpg


↓蟹みそ入り小龍包。ちょっと冷めていて残念!薄い皮の中にスープがタプタプ。
a0000029_10553013.jpg

↓蟹チャーハン。刻んだパクチー入り。
a0000029_1675234.jpg

今年初めての上海蟹!そして今年最後だった・・・。
おなかいっぱい満喫しました~♪

上海蟹をより美味しく食べる食べ方はコチラのサイトで紹介しています!
by 55aiai | 2007-11-11 11:02 |  ∟中国2007 | Comments(8)

「中国・上海 中国茶の唐韻茶坊」
a0000029_23523294.jpg

中国茶を愉しむために「唐韻茶坊」へ。
私たちがカフェで友達や知人との時間を過ごすのと同じように、ここではみんながゆっくりとお茶を楽しんでいます。
個室になっている部屋では丸いテーブルを囲んでトランプをしながら、または語り合いながらの時間を持つようです。

キズのあるテーブル。少し薄暗い個室。
そんな空間を目にして、一気に気持ちが盛り上がります。ものすごく雰囲気あって映画に出てきそうな雰囲気なのです。
a0000029_00818.jpg

a0000029_005245.jpg

↓お茶と一緒に運ばれてきたのは干菓子、フルーツなど。
a0000029_023146.jpg

↓勢いよく注がれたお湯にジャンピングする茶葉。
a0000029_043218.jpg

↓2種類のお茶をいただきました。
a0000029_073226.jpg
a0000029_064542.jpg


風情あるお茶屋さんでした。
a0000029_091191.jpg


↓旅行した面々の表情もお楽しみくださーい
JALPAKツアー「中国ウマウマ食い倒れツアー 行っチャイナ!食べチャイナ!」サイト
by 55aiai | 2007-11-10 15:30 |  ∟中国2007 | Comments(10)

「中国・上海 豫園(よえん)」
a0000029_2232870.jpg

中国の旅で私が最も気に入った場所、豫園(よえん)。
440年以上前の江南古典庭園。
明の時代に造られた個人の庭園なのです、2万㎡というすごい規模なのに。これでも小さくなったのだそうです(当時は5万㎡)。四川省の役人が、19年もの歳月をかけて「両親へのプレゼント」として造園したお庭なのです。すごいのです。
「豫」は「楽しい・気持ちいい」という意味で、「楽しい園」と訳すことが出来ます。
a0000029_2235341.jpg


↓豫園に向かう途中には「豫園商城(よえんしょうじょう)」があります。
そもそも豫園は上海で指折りの観光地!人がいっぱい!
a0000029_2253785.jpg

高価な天然石屋さんやお土産屋さんが並んでいます。
↓可愛いおみやげ物がいっぱいでした!
a0000029_2264758.jpg

↓南翔饅頭店は長蛇の列。誰かの頭が写っちゃった。。。
a0000029_229621.jpg


人をかきわけて豫園の入り口へ到着。
みんなで鑑賞しました。たくさんの建物、色々な部屋、庭などが数多くあります。
↓中国の昔の家具などを見ることも出来ます。格子が本当に素敵なんです!
a0000029_2311224.jpg

↓彫刻の細工も繊細です。
a0000029_2324732.jpg

↓透かしを使った窓がいくつもありました。
a0000029_2344744.jpg

a0000029_2371142.jpg

↓上海には「山」がない。そういった景色を庭で表現。建物から眺める事が出来る池と月山。
a0000029_2435075.jpg

↓クリントン大統領が大変気に入ったというお庭。とても貴重な「太子石」があります。
a0000029_249170.jpg

a0000029_2495893.jpg

↓龍のうねりをそのまま表現した壁。
a0000029_2314934.jpg

↓細かく石が敷き詰められた石畳。
a0000029_2511629.jpg


入場料30元(480円くらい)は中国の公開された庭園と比較した場合、入場料としてお高いのだそうです。(実際はツアーに含まれていましたが)。
それだからこそ手入れも行き届いていて素晴らしい。ひとつひとつが骨董品としての価値もあり、それをすぐ目の前で見ることが出来るのです。
a0000029_9581450.jpg


上海に行ったら必ず訪れて欲しい!そう思います。
a0000029_258247.jpg


↓見てくださってありがとうございます。
JALPAKツアー「中国ウマウマ食い倒れツアー 行っチャイナ!食べチャイナ!」サイト
by 55aiai | 2007-11-09 09:58 |  ∟中国2007 | Comments(12)


ライター・西村愛のブログ

by 55aiai(西村 愛)
記事ランキング
カテゴリ
全体
▼東 京 都
 ∟いろーんなごはん
 ∟港区
 ∟中央区
 ∟千代田区
 ∟渋谷区
 ∟新宿区
 ∟品川区・目黒区・大田区
 ∟荒川区・葛飾区・足立区
 ∟北区・練馬区・豊島区・板橋区
 ∟江戸川区・江東区
 ∟台東区・墨田区・文京区
  ∟浅草グルメ
 ∟杉並区・中野区・世田谷区
 ∟東京都下
 ∟伊豆大島
 ∟おうち&頂き物
 ∟お呼ばれ
▼島 根 県
 ∞出雲市
  ∟出雲市グルメ
  ∟島根⇒広島やまなみ街道
  ∟出雲 薬草×美活プロジェクト
 ∞雲南市&奥出雲
  ∟雲南市&奥出雲グルメ
 ∞松江市
  ∟松江市グルメ
 ∞隠岐の島
  ∟隠岐の島グルメ
 ∞大田市
  ∟大田市~津和野ツアー
 ∞江津市
  ∟広島(宮島)⇒島根ツアー
 ∞邑智郡
  ∟邑智郡グルメ
 ∞浜田・益田・津和野
  ∟益田・津和野ツアー
 ∟島根県のホテル・旅館
 ∟東京開催島根イベント
 ∟実家帰省
▼国 内
 ∟北海道 札幌
 ∟北海道 旭川・富良野・帯広
 ∟宮城・仙台
 ∟宮城・気仙沼
 ∟宮城・ツール・ド・東北
 ∟山形
 ∟栃木
 ∟群馬
 ∟埼玉
 ∟千葉
   ∟アクアラインイースト
 ∟神奈川&箱根
 ∟新潟・燕&弥彦
 ∟新潟・佐渡
 ∟石川・金沢
 ∟山梨
 ∟長野
  ∟小布施
  ∟軽井沢
 ∟静岡 
  ∟浜松・三ケ日
 ∟愛知
 ∟三重県
 ∟京都
 ∟大阪
 ∟兵庫
 ∟鳥取
 ∟島根
 ∟広島&宮島
 ∟福岡
  ∟糸島
 ∟有田・伊万里・唐津 器の旅
 ∟熊本 水俣&津奈木&芦北
 ∟大分
 ∟沖縄
▼世界旅行・食べ歩き
 ∟中国2007
 ∟中国・上海2010
 ∟中国・上海2012
  ∟ウォルドルフアストリア
 ∟香港2013旧正月
 ∟香港2015
 ∟韓国2016 京畿道・ソウル
 ∟韓国2010 仁川・ソウル
 ∟台湾2010
 ∟ニューカレドニア2015
 ∟オーストラリア2008
 ∟バリ島2008
 ∟バリ島2011
 ∟タイ2015
 ∟ハワイ2009
 ∟ニューヨーク2004
 ∟フランス2009
◆ホテル・旅館訪問記
 ∟南アフリカ・ジンバブエ2002
 ∟コンラッド東京
 ∟グランドハイアット東京
 ∟フォーシーズンズ椿山荘東京
 ∟ザ・リッツ・カールトン東京
 ∟パークハイアット東京
 ∟マンダリンオリエンタル東京
 ∟フォーシーズンズ丸の内
 ∟ANAインターコンチネンタル
 ∟ウェスティンホテル東京
 ∟シャングリ・ラ東京
 ∟ザ・ペニンシュラ東京
 ∟パレスホテル東京
 ∟ホテルニューオータニ
 ∟東京ベイコート倶楽部
 ∟ホテルオークラ東京
 ∟ホテル龍名館東京
 ∟キャピトル東急ホテル
 ∟ザ ゲートホテル雷門
 ∟ホテルニューグランド
 ∟温泉津温泉 輝雲荘
 ∟岩井温泉 岩井屋
 ∟ザ・リッツ・カールトン大阪
 ∟ザ・ルイガンズ
 ∟WITH THE STYLE
 ∟ハイアットリージェンシー
*日記・お知らせ
*ビーズジュエリーなど
◆ネイル
*格闘技
*アリさん成長日記
タグ
*お願い事*
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
じぶん日記メモ


*ハンバーガーブログ*
GO!GO!ハンバーガー



*おにぎりブログ*

おにぎりずむ




*サントリー*

サントリーグルメガイド公式ブログ
サントリーグルメガイド公式ブログ



*食べあるキング*










最新の記事
最新のコメント
以前の記事
検索
お気に入りブログ