カテゴリ: ∟バリ島2008( 22 )

「インドネシア・バリ2008 インデックス」
1、スパ・エステ
  ≫ キラーナスパ(1)
  ≫ キラーナスパ(2)
  ≫ プラナスパ シローダラ(アーユルヴェーダ) 
  ≫ 帰国前にちょこっとスパ ジ・アムルタのフェイストリートメント

2、ホテル 
  ≫ ロイヤル・ピタマハ(1) 
  ≫ ロイヤル・ピタマハ(2)
  ≫ セントーサ・プライヴェートヴィラズ&スパ・バリ(1)
  ≫セントーサの朝ごはん 
  ≫ ザ・リッツカールトン スパ&ヴィラ 
  ≫フォーシーズンズ リゾート・バリ・ジンバランベイ 
  ≫ブルガリホテルズ リゾーツ・バリ 
3、イベント
  ≫ ケチャックダンスとイカン・バカール 
  ≫ ライステラスとBURAT WANGI石鹸工場
  ≫ ジェンガラ・アシタバツアー 
  ≫ ウブドの街歩き IBU OKA(イブオカ)のバビグリンとTutmakのハンバーガー  
  ≫ ku de Ta(クーデター)の朝ごはんとビーチエリアお散歩 
  ≫ スミニャック街歩きとカフェワリサンのハンバーガー 
★じぶん日記プレゼンツ バリ島おみやげ・プレゼント企画 (応募は終了しました。)
by 55aiai | 2008-08-05 22:00 |  ∟バリ島2008 | Comments(0)

「最近のおやつ Re:Cheeseと当選発表」
a0000029_4164927.jpg

最近食べたおやつです。
Re:Cheese(リ・チーズ)。チーズ菓子専門店。
見た目が可愛いからお土産に購入し、自宅用としても持って帰りました。
ブーケのような可愛らしさがありますよね♪
a0000029_4214447.jpg

チーズクリームは想像以上に軽く、生クリームの分量が多いのでさほどもたつかずふわっとしてます。
薄いパンケーキで包まれているのですが、甘さ控えめフルーツの味が強く感じられるのが嬉しい。
プランタン銀座のお菓子屋さんはちょくちょく入れ替わるので、ちょっと心配。
このお店は長続きしてほしいな。また食べたいなー。

------
バリ島おみやげプレゼントの締め切りをした次の日、姉の家まで行って来ました。
a0000029_512238.jpg


↓甥っ子がトーマスのバケツから3枚を選びました。
a0000029_56522.jpg

↓当選の皆様です~。
a0000029_52810.jpg

小夏さん、おめでとうございます!
kachiさん、おめでとうございます!
enrieさん、おめでとうございます!

甥っ子は自分に何かが当たると思っていたらしく、とっても残念がっていました。
ご応募いただきました皆さま、本当に有難うございました。

※ご当選の3名様へ
恐れ入りますが鍵コメで連絡先メールアドレスを頂戴できますでしょうか。
詳細をご連絡させていただきます。
必ず非公開コメントでお願いいたします。
メールでご連絡付き次第、そのコメントは念のため削除させていただきますのでご承知おきください。
by 55aiai | 2008-08-05 11:29 |  ∟バリ島2008 | Comments(23)

「2008年 インドネシア・バリ島の旅」
a0000029_16435837.jpg

6月中旬、資生堂さん×JALPAKさんのコラボツアーに参加し、国外脱出してきました。
行き先はインドネシア・バリ島。

今回のメンバーはガールズメイン♡(頼りになる男性もいらっしゃいます^^)
コスメやエステに詳しいあの方や、ホテルに詳しいこの方など。
★★メンバーはコチラから♪★★

ちょうどこの7月になって、書店へ行くと旅行のコーナーにはバリ島とハワイのガイドブックがずらり。はー、夏休みの計画をずんずん立てている人もいるんでしょうねー。

今回はいつもお世話になっているJALPAKさんに加え、「日本の女性は、美しい」な資生堂さんのお世話にもなりまして極上体験させていただきました。
素敵なヴィラで受けるエステは素晴らしすぎて、脳みそがべらべらにふやけました・・・。
a0000029_16542489.jpg


そして!!
今回はいつも読んでいただいている皆さまへのバリ島おみやげ・プレゼント企画も考えております♪
ほんの少し(本当にちょびっと)でも、皆さんへバリ島の素敵なところをおすそ分け出来ればなぁと思い行く前から計画してました。


ではでは明日からのーんびり記事書いていきます。
いつものとおりインデックスです↓

1、スパ・エステ
  ≫ キラーナスパ(1) 素晴らしいロケーション 超おすすめ☆
  ≫ キラーナスパ(2) スイートヴィラ・ランチタイムなど
  ≫ プラナスパ シローダラ(アーユルヴェーダ) 異国ー!って感じ
  ≫ 帰国前にちょこっとスパ ジ・アムルタのフェイストリートメント デンパサール空港が近い

2、ホテル 
  ≫ ロイヤル・ピタマハ(1) 王家が運営するホテル
  ≫ ロイヤル・ピタマハ(2) 朝ごはんなど
  ≫ セントーサ・プライヴェートヴィラズ&スパ・バリ(1) 比較的新しいスミニャックのヴィラ
  ≫セントーサの朝ごはん キッチンが付いた3ベッドルームでのルームサービスブレックファスト
  ≫ ザ・リッツカールトン スパ&ヴィラ  ホテルタイプとヴィラタイプ見学。パブリックスペースの大きなプールが素敵。
  ≫フォーシーズンズ リゾート・バリ・ジンバランベイ PJ'Sのディナーとヴィラ見学。お料理はボリュームあってなかなか美味しい。
  ≫ブルガリホテルズ リゾーツ・バリ サンカールでのランチ タイカレーが美味しかった

3、イベント
  ≫ ケチャックダンスとイカン・バカール オプショナルツアー 神秘的&幻想的!
  ≫ ライステラスとBURAT WANGI石鹸工場 のどかなところなので行くだけで楽しいかも
  ≫ ジェンガラ・アシタバツアー 日本よりも安いのでぜひ
  ≫ ウブドの街歩き IBU OKA(イブオカ)のバビグリンとTutmakのハンバーガー  ウブド街歩きは暑いので帽子必須
  ≫ ku de Ta(クーデター)の朝ごはんとビーチエリアお散歩 雰囲気あります。
  ≫ スミニャック街歩きとカフェワリサンのハンバーガー カフェワリサンはおすすめ

★じぶん日記プレゼンツ バリ島おみやげ・プレゼント企画 (応募は終了しました。)


a0000029_22532289.jpg←クリック!クリック!
by 55aiai | 2008-07-25 22:00 |  ∟バリ島2008 | Comments(18)

「バリ島 ジ・アムルタで最後の最後 帰国前スパ」
a0000029_19563425.jpg

いよいよバリ島最後の記事となってしまいました。

ブログでも現実の世界に戻ってしまうのかと思うと。。。ふー。

バリ島はとかく女性向きなスポットがフィーチャーされることが多いように思いますが、大自然から得る感動や、宗教観からなる穏やかな空気は性別・年齢を問わずバリを楽しめるポイントです。
安全面からいっても今バリ島は、私たちが違和感を感じるほどにしっかりとした警備体制があります。
a0000029_2065138.jpg

今回も長い旅記事、読んでいただき有難うございました。
ひとつの記事が長い上いくつもいくつもアップしてしまったのは、溢れる感動が収まらず・・・の結果です。
a0000029_1957109.jpg


プレゼント企画はまだまだコチラで。

帰国のデンパサール空港まであと一息・・・、のところで最後の最後に帰国前スパ。
おかげで飛行機の中ぐっすりでした。↓

------
空港に向かう大きな道路沿いにちっちゃな街スパがぞろぞろです。
「ラ・ヴィ」、「シエスタ・スパ」、「マルタティラール サロン&スパ」、みんなで好きなスパを選んで最後の癒しを貰ってきました。
みなさんのスパ記事はコチラから。
a0000029_2095457.jpg

私が帰国前スパを受けたのは「ジ・アムルタ」。
急な坂道を登った高台にあるスパです。
アムルタは「可視光線」と「酸素」を使ったフェイシャル中心。
ほんとにこじんまりとした施設なんだけど、別棟になったヴィラタイプの部屋があるんです。
いわゆる"はなれ"。
a0000029_201025100.jpg

このヴィラタイプのお部屋はたったひと組だけのスペシャル。
テラスのプールとガゼボからは、バリとしては珍しく海と山が1度に見える景色です。
a0000029_2036448.jpg


まずはフットバス。じんわり足からあたたまった後はフェイシャルマッサージ。
a0000029_20383479.jpg

クレンジングやホワイトニングマスクなど、旅行中の手抜きな肌を帰る前に全部リセットしてくれそう!
リクライニングチェアで横になってからは、バリ式のちょっと強めのプレッシャー。
体の芯までしっかりマッサージされるのってこんなに気持ちいいのかーぁ、って。
強めマッサージにちょっと目覚めた感じ♪
a0000029_20461126.jpg

デコルテなどもしっかりマッサージしてもらった後には、いよいよ可視光線を照射。
毛穴をひきしめ、細胞を活性化させる効果。リフトアップもしてくれそう。
さらにはそこに新鮮な酸素を送ることで、上質な栄養を与えるのです。
a0000029_2041198.jpg


しっかり2時間の心地よい時間でした。
a0000029_20503849.jpg

帰国前にこういう時間の過ごし方もあるのですね。バリらしいしめくくりかも。
a0000029_20523084.jpg


【編集後記】
帰国前スパはかなり疲れも取れていい時間の使い方。ほとんど飛行機で寝れない私が、ぐっすりだったくらい。
存分に太陽に当たってしまった肌を整えたいな~、くらいの軽い気持ちだったのに、想像以上にマッサージが気持ちよくてびっくり。
私のアムルタは使う化粧品などにもこだわりがあり、また日本人の方がいらしたので何から何まで色々お気遣いいただいて安心感もあった。

本当にお世話になった資生堂さんとJALPAKさんに大感謝。
a0000029_21964.jpg

by 55aiai | 2008-07-25 10:31 |  ∟バリ島2008 | Comments(24)

「バリ島 ブルガリホテル サンカールでのランチ」
a0000029_127549.jpg

バリ島に行く前から楽しみにしてたブルガリ。
ここだけはどうしても1度足を踏み入れてみたかった!

ブルガリ・ホテルズ&リゾーツ・バリ。
女子4人でブルガリ・ランチです。
a0000029_1281789.jpg


a0000029_2353117.jpg

例えば前述のリッツカールトンにはレストラン・カフェ・バー合わせて12個の施設があるのに対し、ブルガリは2つのレストランと1つのバーのみ。
連泊する旅行者も多い、さらにはブルガリのワールドワイドなネームバリューからすると、この2つのレストランで全ての客の要望に応えられているのだとすればかなりすごいこと。
考えてみればロイヤル・ピタマハもレストランは2つだけでした。
多いか少ないか、どちらかが正解という話ではないけれどこの大きな差を埋めるものは一体なんなのか。泊ってみないとわからない・・・(泊ってみたい♪笑)。

ブルガリの2つのレストラン、イタリアンの「Il Ristorante(イル・リストランテ)」と、インドネシア料理と各国料理の「Sangkar(サンカール)」。
ランチはサンカールのみなので、予約を入れる場合は特にレストランを指定することなく席予約をすることとなります。
レストランまで向かうカートは、そのアップダウンのすごさと石畳に縦揺れ横揺れおおわらわ。
ちゃんとつかまっていないと振り落とされそう。。
ブルガリホテル自体が海辺の端っこ、断崖の上に建っているのです。
a0000029_1322148.jpg


↓だからとーっても見晴らしがいいの!
a0000029_1375646.jpg


↓きれいに手入れされた植え込みの間をトントン。
a0000029_1413839.jpg

レストラン サンカールに到着。
海側にひらけたフロア・・・、(一番海側の角の席に座れた!)
a0000029_146965.jpg

テラス席・・・、(日が当たってちょっと暑そう・・・)
a0000029_1464960.jpg

大きな鳥かご風ランプ。
a0000029_1473547.jpg

控えめなのに個性的ないくつものインテリア。お花もまたしかり。
a0000029_1482291.jpg

さてー、ランチしましょー。
最初にテーブルに置かれたのは、ローズマリーのフォカッチャとドライトマトのグリッシーニ。
a0000029_1572325.jpg


お料理はランチのコース、特別なオマールのコース、アラカルトが用意されていました。
私はアラカルトで、サラダとタイカレー。デザートは注文せずドリンクだけ。
カルトメニューは想像以上にポーションが多い。
↓ロメインレタスのサラダ。
アンチョビ、生ハム、ロメインレタスにパルミジャーノ・レッジャーノ。松の実とかぼちゃの種が散らされておりました。
a0000029_24066.jpg

↓タイグリーンカレー。チキンたっぷり、さやいんげんとバジル。辛さも十分。
a0000029_203469.jpg

↓Marikoさんが食べてたナシゴレンがフォトジェニックだったな♪
a0000029_261660.jpg


この後団体さまが入ってきてレストランはにぎやかになりました・・・
a0000029_28122.jpg


サンカールの2皿、はっきりした味です。主張してくる味なので普段の私ならば強いと感じてしまったかもしれません。
暑いこの国だからこそ、辛いものは辛く、甘さを感じ、素材の味が濃く、塩気もそこそこ。
そんな料理がいいように思いました。
a0000029_222547.jpg


------
デザートはバーに移動して。
ここで夕陽を楽しんだり、涼みながら夜のカクテル。素敵そう。
a0000029_29781.jpg

私はお茶だけだったけど・・・、
a0000029_2102964.jpg

お茶うけが出てきました。
a0000029_2111952.jpg


時間切れでヴィラの見学はならず。。。
見てみたかったなぁ。
a0000029_231747.jpg


【編集後記】
あと少しでちょうど2年が立とうとしているブルガリ。ウルワツはかなりはずれにあってスミニャックからランチに向かうも、タクシーで45分くらいかかった。
それだけはずれている分ロケーションは最高で、海のきれいさ、空気のきれいさ、おそらく夜は星空も素晴らしいのではないかしら。


↓SHISEIDO×JALPAK バリ島ツアーページ(動画あり)
a0000029_252179.jpg
by 55aiai | 2008-07-23 10:57 |  ∟バリ島2008 | Comments(22)

「バリ島 フォーシーズンズ・ジンバラン PJ'sディナー」
a0000029_1325332.jpg

フォーシーズンズリゾート・バリ・ジンバランベイ。

ここではこの日のディナーの約束もあるのです。
izolaちゃん、ともぞぅさん、山pに加え、後からGingerさんも合流することに!

もう夕暮れになってきました。
この日の夕陽は「黄金」。
カーッと照りつけて全く目が開けられない状態です。
このサンセットをお部屋から見れたら素晴らしいでしょう!海辺のリゾートは海に沈む夕陽を楽しむことも出来るのですねー。
a0000029_134930.jpg

エントランスでしばらく待っている間に、あっという間に日は沈んでしまいました。。
a0000029_1375098.jpg

↓FSジンバランはわざと起伏があるくねくね道。自然の道を模した小道が続いています。
a0000029_135507.jpg

ヴィラに到着。さっすがに広いです。歩いているとぜーぜー言うわ・・。
ねこ足のバスタブにはフラワーバス。
a0000029_219382.jpg

洗面台は珍しく男性・女性に分かれていてそれぞれの必要なアメニティーが別々に入っていたり。
a0000029_142594.jpg


結局時間的に夜になっちゃって暗い中でのヴィラ見学となりました。
それもあってか?しっとりと落ち着きあって上級者向きだな~って感じました。
a0000029_1453585.jpg

↓静かな夜の暗闇にチャプチャプ水の音が響くのでしょうか。
a0000029_1461327.jpg

稼働率もかなり良いみたいで、人気あるんですよねー、ココ。
a0000029_1475534.jpg


最後にちょっとだけ寄ったショップで可愛いポーチを発見。
濃い紫にからし色を合わせたミニポーチ。
a0000029_11445463.jpg

プレゼントしちゃいまーす。くわしくはコチラ

------
「PJ's」でディナー。
ムーディーな照明に打ちのめされました・・・、でも美味しかった。
a0000029_204415.jpg

↓いちごジュース。美しいラメなネイルのizolaちゃんが優しく手伝ってくれますが、ブレるので諦めてそのままの照明で撮ってみました。
a0000029_221472.jpg

↓ピラミッドなナシゴレン。大盛サイズです。
a0000029_234060.jpg


あー、ハンバーガー。Gingerさんが注文してくれてましたー。
a0000029_253618.jpg



------
夜はみんなでアナンタラの見学に行きました。
アナンタラ・スミニャック・バリ、ここもこじんまりとしてて素敵。
「カップル」っていう俗っぽい言い方じゃなくて「恋人たち」が似合いそう。
すごくちっちゃくまとまってるの。
a0000029_2285776.jpg

Gingerさんと山pの部屋に押しかけるオンナ3人。
完全にオンナ強し。笑

↓お部屋から見たお風呂。ものすごく直線的な部屋で、バリな雰囲気もありつつ都会的な。
a0000029_2252331.jpg

↓数種類の石鹸を選べるっていうのは、お初だわー。
a0000029_2294771.jpg

↓ジャグジーから海一望。朝なんて気持ちいーだろうなー。
a0000029_2303632.jpg

アナンタラにはクラブみたいなBarもありました。テラス席でみんなでまった~り、最後の夜を楽しみました。

バリに行ったら宿泊してるホテル・リゾートだけじゃなくて、色んなホテル巡りをするのも楽しいかも!
わたしたちは今回、Jalpakのツアーで使えるチャハヤシャトルのホテル巡りバスに便乗しました。
a0000029_2403924.jpg

結局旅行なんて行き当たりばったり。向こうで突然思いつくことも多いもの。
明日のこの時間、ちょっと空きそう・余りそうなんて時にさささっと乗れれば楽ちーん。
そんなJalpakのバリ島ツアーでございますー↓
a0000029_2432165.jpg

【編集後記】
フォーシーズンズ ジンバランは滞在時間が短かったこともあって、あんまり観察できず残念。
ここにある「クッキングスクール」とは!?とても気になるところ。
ヴィラには室内だけでなく寝室・バスとは別棟に食事が出来るテーブルがあったりラウンジがある。起きたら外で朝ごはん、もいいかも。
by 55aiai | 2008-07-22 11:07 |  ∟バリ島2008 | Comments(4)

「バリ島 いろーんなホテル・リゾート リッツ・カールトン」
プレゼント企画やってます。
a0000029_22115573.jpg


↓私が宿泊したのが「ロイヤル・ピタマハ」(過去記事1、過去記事2)と・・・、
a0000029_22121893.jpg

↓「セントーサ・プライベート・ヴィラズ&スパ・バリ」(過去記事1過去記事2)だった。
a0000029_22124275.jpg

↓そして、「リゾー スミニャック ザ リゾート」や「ザ・レギャン」(過去記事)の記事も書き終えました。
a0000029_2218395.jpg


ホテル・リゾートは出来るだけ見たいと思っていたけれど、他の誘惑に負けて行けなかったところも多々。
「ザ・リッツ・カールトン バリリゾート&スパ、バリヴィラズ&スパ」は時間をかけて見学させてもらえました。

a0000029_22252810.jpg

「バリリゾート&スパ」と「バリヴィラズ&スパ」は同じ敷地内にあるんだけど、あまりにもその広大な広さにカートを呼んでかなりな距離を移動します。
まずはバリリゾート。いわゆるホテルタイプ。
エントランスはゆったりと広く、いきなり目の前に現れる海に心躍ります。
a0000029_22362847.jpg

花が咲き乱れて、重厚感のある調度品が並べられています。
a0000029_22443816.jpg

↓部屋に続く廊下はかなり直線的で、シンプルというよりか少々冷たい印象。。。
a0000029_22381849.jpg

今回見せてもらったお部屋、デラックスオーシャンビュー。
お部屋から見えるのは水平線まで見える海。白で統一された部屋に額縁の絵。こじんまりとまとまったお部屋でした。
a0000029_22533160.jpg

ゴブラン織りみたいな柄のガウン。
a0000029_22542795.jpg

テラスもあります。
a0000029_22555782.jpg


------
ここからクラブラウンジフロアのお部屋に移動。
真っ白な天蓋付きベッド。素敵~。
a0000029_2259078.jpg

テラスでゆっくりしたら、気持ち良さそうだなー・・・
a0000029_2302521.jpg

クラブラウンジは1日5回の軽食・ドリンクサービスなどを受けられるんですって。
知名度もあってかリッツはすれ違う人、人、みんな日本人。
そんなこともあってかクラブラウンジのメニューは日本食メインでした。
クラブラウンジからは海がばっちりきれいに。
a0000029_23204511.jpg


------
プールに移動してきました。
a0000029_23135464.jpg

リッツのプールってばリゾートッ!て感じがします。
↓「飲んでいいよ。」ってことですね。太っ腹~
a0000029_23161233.jpg

↓この席からの眺めも最高でしょう。
a0000029_23172269.jpg

リッツの中ではこのプールの雰囲気が一番好きだったな、私。
↓リッツのライオンを模しているのでしょうか・・?
a0000029_23344146.jpg


-------
さてさて、カートに乗ってリッツのヴィラに移動。
別に宿泊したわけでもないのにどんどん記事が長くなるので、簡潔にいきます!
ヴィラで一番良いな~って思ったのはこのお風呂!
a0000029_23375477.jpg

開放的で大きくてその周りの洗面所から含めて、ガラスから差し込む日差しでとっても明るいの。
a0000029_23414919.jpg

正直な話、ホテルタイプより断然このヴィラタイプがバリらしさがある!と思った私です。
a0000029_23551585.jpg

・・とはいえアジアン過ぎない感じは使いやすさがあります。
a0000029_23563642.jpg


日が翳ってきたから急いでフォーシーズンズへ!と急かされ最後はばたばたとリッツを後にしました。。。
a0000029_013226.jpg


フォーシーズンズ・ジンバランは今日の11時くらいにアップしまーす。

【編集後記】
ジンバラン湾が一望できるリゾート、リッツカールトン。
とにかく日本人が多い。特にホテルタイプのエリアでは何人もの日本人に会ってしまう。でも反対にそれだけ日本人に支持されたホテル・リゾートだとも言える。どこを見ても「朝食のワッフル」と書いてあって・・・、うーん、食べてみたい。。
プールには絶対行くべし。広くて気持ち良さそう。
あと、プライベートビーチもあるとのこと。
あ!もうひとつ「スパ・オン・ザ・ロックス」は本当にヤバそうだ。


山pが撮った色んなホテル・リゾートの動画
もあります↓
a0000029_083379.jpg
by 55aiai | 2008-07-22 00:10 |  ∟バリ島2008 | Comments(10)

「バリ島 ジェンガラ・ケラミック社のジェンガラ製品」
a0000029_1491111.jpg

プレゼント企画の中にも入れた「ジェンガラ」。
ジェンガラは陶器(食器)です。
ジェガラ・ケラミック社の作り出すデザインはアジアンな雰囲気を残しつつ、でも合わせやすくて使いやすい。そんなものが揃ってると思う。
色、デザイン、形も沢山あるジェンガラですが、釉薬にもいくつかの種類があって、ちょっとマットなものやてかり感のあるもの、ぽってりと厚みが出るものなど、それぞれ個性的に見えるのだけれど、全体にはどれも柔らかい印象です。

たぶん一番みたことがあるものはこういう緑色の↓だと思う。
いっちばんオーソドックスで可愛いんだけど、ちょっと素朴すぎる気もする。
現地で見てみるとそのカラフルさに驚いて、なかなか緑に手が伸びない自分がいたり。
a0000029_1495848.jpg

赤、オレンジ、黄色、白、ピンク、青、黒・・・。カラフルな食器が色ごとにまとめて棚に並んでいます。
a0000029_1521763.jpg

たぶん白がいちばん使いやすいんじゃないかなーと思ったり。。。
a0000029_1535834.jpg

↓黒も悩んだし。。。
a0000029_13522122.jpg


自分に購入したお皿はピンク。ほのピンクなのがかわいいし、何を置いてもいけそう。
a0000029_13285013.jpg


ってことで、今回プレゼントに入れさせていただくジェンガラはこんな感じです。
↓クリーム色。
a0000029_13264887.jpg

↓オレンジ。今年イチ押しの柄なんだとか。
a0000029_13273740.jpg



このジェンガラのお買い物はJALPAKの無料バス「チャハヤシャトル」に乗ると連れて行ってくれます。
続けて「アタ」が欲しい方はアタのショップにも。
プレゼント企画、まだまだ応募中です♪(←リンク先の記事へどうぞ!)


【編集後記】
かさばるお土産、ジェンガラとアタは買いすぎにご注意。
さらには、ジェンガラのお店はクレジットカードOK、アタのショップは現金のみ。
地元のスーパーなどに寄りたいと申し出たら、この2店舗のちょうど中間地点くらいにあったお店に立ち寄ってもらえました!超ローカルでなかなか面白いです。


アタの写真がなかったのでー・・・、皆さんの記事で見てみて下さい♪
a0000029_13435949.jpg
by 55aiai | 2008-07-20 13:55 |  ∟バリ島2008 | Comments(10)

「バリ島 セントーサの朝ごはん」
a0000029_13424781.jpg

●宿泊したプール付きヴィラの記事はコチラです。
セントーサに宿泊した最初の朝は、それぞれボロブドゥール組や私たちku de Ta(過去記事)組に分かれての朝ごはんでした。
2日目の朝、なんといよいよ最後の(泣)、バリ島最後の朝ごはんは(泣)、女子全員で集まっての朝ごはんとなりました(号泣)。

↓わーい♪ずらっと並んだ朝ごはん。
a0000029_13474756.jpg

↓バリ島の旅ですっかりハマったスイカジュースとフルーツ。
a0000029_13521022.jpg

みんなで違うものを頼もう!って相談して、パンケーキ、トースト&オムレツ、ナシゴレン、お粥なんかをシェア食べしました!
a0000029_13574950.jpg

↓パンケーキ。みんなに大人気。
a0000029_1404094.jpg

↓朝からナシゴレンやらお粥やら。
a0000029_1471819.jpg

静かな中での朝ごはん。清々しい。
a0000029_1481637.jpg

前の日にお願いしておくと、その時間にお食事が運ばれてきます。
セントーサに宿泊の際はぜひ。

その後リビングでお茶でゆっくり・・も出来ます。
キッチンにはカトラリーやお皿、カップ、お茶・コーヒーなど一通りのものが揃ってました。
a0000029_1420662.jpg


--------
セントーサには隠れたビックルーム、5ベッドルームがあるんですってー。
お、お、お。プールがでかい。
a0000029_1416438.jpg

↓共用部分がたっぷり使ってあるのです。
a0000029_14173531.jpg

↓リビングダイニングも広々。
a0000029_14181596.jpg

↓使い切れないですねぇ・・。
a0000029_14191124.jpg


セントーサはまるで自宅(それも豪華な・・)にいるような「くつろぎ感」があって、ほっと出来る雰囲気を持っています。
ロイヤル・ピタマハの別世界な感じとはまた違う、落ち着きを感じることができます。
私の好みから言うと断然ピタマハなのですが、それはこのリゾートの違いというよりか、ウブドとスミニャックという地域性も感じ方の違いになっていると思いました。
a0000029_14244538.jpg



【編集後記】
セントーサに限らずバリのリゾートは広すぎることもあってか、何か行動を起こす時は少し早めに動かないとさくさくと移動できない。それくらい広大です。
広さはどこも十分!なので、後は自分好みのヴィラを探すことが、バリをより楽しむポイント。
知名度で選ぶのは無難だけど、やはり窓からの景色やロケーションなどは重要ポイント。
セントーサで当てはめてみると、海遊びをしたい人はこの周辺含め便利な場所だと思う。スミニャックはとてもおしゃれな街なので、そういうのが好きな人もセントーサは良いと思います。


●バリ島プレゼント企画応募〆切り7/31までやってまーす。(コチラ

↓そろそろ私も記事に目処が立ってきたかしら~・・・。
みなさんの記事はこちらから!
a0000029_14251356.jpg
by 55aiai | 2008-07-19 14:33 |  ∟バリ島2008 | Comments(4)

「バリ島 セントーサ プライベートヴィラズ&スパ バリ」
a0000029_1241051.jpg

未だにバリ島の余韻を引きずりながら生きてます・・・。
徐々にぼでぃーぶろーのように利いてくるじわじわ感。なんなんでしょ。

プレゼント企画やってまーす!(応募〆切7/31)

海辺エリアで宿泊したのは「セントーサ・プライベート・ヴィラズ&スパ・バリ」。
昨年オープンしたばかりの、新しいヴィラ。
オープン前から世界中の旅行誌がこぞって取り上げたという、最新のリゾート。
当時からすでにこのエリアには素晴らしいリゾートが密集していた中、鳴り物入りで登場したリゾートともいえます。
a0000029_12101388.jpg

一流のリゾート・デザインで知られるグランズ・ケント氏によるデザイン。
フォーシーズンズ・ジンバラン(レストラン行きました。別記事にて)なども手がけた、リゾート・デザインの奇才です。
a0000029_12193357.jpg


このセントーサは完全「おこもりヴィラ」タイプ。
雄大な景色はないけれど、しっかり守られたヴィラの中でじぶんだけの時間をしっかり確保できる系。

区画に分かれたような路地が四方に並び、グレーのセメントの壁の間を通り自分のお部屋まで向かうのです。
ちょっと冷たい感じもするのですが・・・・、
a0000029_12231221.jpg

ヴィラの扉を開けると、目の前に広がるプール!美しい緑!
a0000029_12241223.jpg

↓それぞれの部屋からはプールが見えるよう、大きなガラス窓。
a0000029_12255872.jpg

まずは~、
暑い日差しに浴びまくった体を冷やすべく、プライベートプールでひと泳ぎして・・・、
a0000029_12333491.jpg

↓疲れたらプール横のGAZEBO。風に当たりながらうたた寝したり~・・・、
したかったけど、時間がなくてぜんぜん出来ずじまい。あー、しくじったー。
a0000029_12425945.jpg


開放的なお風呂とか・・・。かなり気持ちいい!
a0000029_12361615.jpg

↓こういう固定式のシャワーはちょっと使いにくいですけどね・・・。
外が近くてドキドキ。
a0000029_1241547.jpg


呼べばすぐにお迎えが来てくれるし・・・
a0000029_12563229.jpg

セントーサのエントランスはロビー、プール、レストラン&バーが全て抜けた、広々とした空間。
ここで冷たいドリンクでも飲みながら、ゆっくり出来たら素敵だわ~♪
a0000029_12591113.jpg

↓大きな幹を持った木はご神木みたいね。
a0000029_1345943.jpg


セントーサ、ベッドルームには、お部屋によっていくつかのお部屋と大きなリビング別棟で付いてました。
a0000029_13124718.jpg

お部屋はみんなちょっとずつ広さや間取りが違うみたい。
izolaちゃん、faitesちゃん、marikoさんそれぞれのお部屋もぜひ見比べてみてくださーい♪

せっかくだからそのリビングも使っちゃおう!と、みんなで朝ごはんルームサービス♪
続きはコチラです。
a0000029_1355737.jpg



【編集後記】
ビーチエリアなんだけどビーチまでは少し距離がある。セントーサはゆっくりとこのヴィラを堪能するような、リゾート満喫型の方におすすめ。
新しいリゾートであること、ウブドとは町全体の気質も違うのでちっちゃな粗相はあったけれど、全体には満足出来ました。
もう少し、ヴィラ自体をゆっくり楽しみたかったー。。。




↓うう、もう帰国した人もいるようです。
世界遺産、ボロブドゥール組の記事が感動もの!リンク先へどうぞ~。
a0000029_13191163.jpg
by 55aiai | 2008-07-19 13:24 |  ∟バリ島2008 | Comments(4)


ライター・西村愛のブログ

by 55aiai(西村 愛)
記事ランキング
カテゴリ
全体
▼東 京 都
 ∟いろーんなごはん
 ∟港区
 ∟中央区
 ∟千代田区
 ∟渋谷区
 ∟新宿区
 ∟品川区・目黒区・大田区
 ∟荒川区・葛飾区・足立区
 ∟北区・練馬区・豊島区・板橋区
 ∟江戸川区・江東区
 ∟台東区・墨田区・文京区
  ∟浅草グルメ
 ∟杉並区・中野区・世田谷区
 ∟東京都下
 ∟伊豆大島
 ∟おうち&頂き物
 ∟お呼ばれ
▼島 根 県
 ∞出雲市
  ∟出雲市グルメ
  ∟島根⇒広島やまなみ街道
  ∟出雲 薬草×美活プロジェクト
 ∞雲南市&奥出雲
  ∟雲南市&奥出雲グルメ
 ∞松江市
  ∟松江市グルメ
 ∞隠岐の島
  ∟隠岐の島グルメ
 ∞大田市
  ∟大田市~津和野ツアー
 ∞江津市
  ∟広島(宮島)⇒島根ツアー
 ∞邑智郡
  ∟邑智郡グルメ
 ∞浜田・益田・津和野
  ∟益田・津和野ツアー
 ∟島根県のホテル・旅館
 ∟東京開催島根イベント
 ∟実家帰省
▼国 内
 ∟北海道 札幌
 ∟北海道 旭川・富良野・帯広
 ∟宮城・仙台
 ∟宮城・気仙沼
 ∟宮城・ツール・ド・東北
 ∟山形
 ∟栃木
 ∟群馬
 ∟埼玉
 ∟千葉
   ∟アクアラインイースト
 ∟神奈川&箱根
 ∟新潟・燕&弥彦
 ∟新潟・佐渡
 ∟石川・金沢
 ∟山梨
 ∟長野
  ∟小布施
  ∟軽井沢
 ∟静岡 
  ∟浜松・三ケ日
 ∟愛知
 ∟三重県
 ∟京都
 ∟大阪
 ∟兵庫
 ∟鳥取
 ∟島根
 ∟広島&宮島
 ∟福岡
  ∟糸島
 ∟有田・伊万里・唐津 器の旅
 ∟熊本 水俣&津奈木&芦北
 ∟大分
 ∟沖縄
▼世界旅行・食べ歩き
 ∟中国2007
 ∟中国・上海2010
 ∟中国・上海2012
  ∟ウォルドルフアストリア
 ∟香港2013旧正月
 ∟香港2015
 ∟韓国2016 京畿道・ソウル
 ∟韓国2010 仁川・ソウル
 ∟台湾2010
 ∟ニューカレドニア2015
 ∟オーストラリア2008
 ∟バリ島2008
 ∟バリ島2011
 ∟タイ2015
 ∟ハワイ2009
 ∟ニューヨーク2004
 ∟フランス2009
◆ホテル・旅館訪問記
 ∟南アフリカ・ジンバブエ2002
 ∟コンラッド東京
 ∟グランドハイアット東京
 ∟フォーシーズンズ椿山荘東京
 ∟ザ・リッツ・カールトン東京
 ∟パークハイアット東京
 ∟マンダリンオリエンタル東京
 ∟フォーシーズンズ丸の内
 ∟ANAインターコンチネンタル
 ∟ウェスティンホテル東京
 ∟シャングリ・ラ東京
 ∟ザ・ペニンシュラ東京
 ∟パレスホテル東京
 ∟ホテルニューオータニ
 ∟東京ベイコート倶楽部
 ∟ホテルオークラ東京
 ∟ホテル龍名館東京
 ∟キャピトル東急ホテル
 ∟ザ ゲートホテル雷門
 ∟ホテルニューグランド
 ∟温泉津温泉 輝雲荘
 ∟岩井温泉 岩井屋
 ∟ザ・リッツ・カールトン大阪
 ∟ザ・ルイガンズ
 ∟WITH THE STYLE
 ∟ハイアットリージェンシー
*日記・お知らせ
*ビーズジュエリーなど
◆ネイル
*格闘技
*アリさん成長日記
タグ
*お願い事*
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
じぶん日記メモ


*ハンバーガーブログ*
GO!GO!ハンバーガー



*おにぎりブログ*

おにぎりずむ




*サントリー*

サントリーグルメガイド公式ブログ
サントリーグルメガイド公式ブログ



*食べあるキング*










最新の記事
最新のコメント
以前の記事
検索
お気に入りブログ