カテゴリ: ∟ザ・リッツ・カールトン東京( 9 )

「クリスマスがやってきたー♪今年はドルチェ&ガッバーナ」
a0000029_72455.jpg


ザ・リッツ・カールトン東京のクリスマスツリー点灯式へ行ってきました。

今年はここにしかない、ドルチェ&ガッバーナのクリスマスツリー。
その高さは6メートルで、もう天井に付きそうな勢いです!
a0000029_13304345.jpg


45階のロビーラウンジの真ん中に、12月25日まで飾られていますよ!
a0000029_13334156.jpg


驚いたのはオーナメントひとつひとつが手描き!
a0000029_13343261.jpg

立体的で美しく、いいテイストの絵が描かれているんです。
a0000029_13371680.jpg


さらにはソルジャーがいっぱい!
これらフィギュアはドルガバの生地着てるんだろうね。
a0000029_13375052.jpg


a0000029_133808.jpg


a0000029_13435732.jpg


a0000029_1338952.jpg


点灯と共にかわいい子供たちの歌が響いてほんわかあったかーいクリスマスイベントでした。
お料理はブッフェでふるまわれておりました。
a0000029_13401825.jpg


a0000029_1341295.jpg


a0000029_13411340.jpg


a0000029_13422233.jpg


a0000029_13423251.jpg


ローズピンクの色が可愛いなぁ。
a0000029_13424250.jpg


a0000029_1346360.jpg


a0000029_13461739.jpg


a0000029_13463014.jpg



欧米ではすでに待降節(降誕祭までの週間)に入りましたね。
色んな所でイルミネーションも始まりました。
楽しいクリスマスを迎えましょう~。
a0000029_1473014.jpg





---
by 55aiai | 2016-12-06 07:00 |  ∟ザ・リッツ・カールトン東京 | Comments(0)

「六本木 リッツ・カールトン東京クリスマスディスプレイ! ジンジャーブレッドハウス」
a0000029_207267.jpg


気づいたらもうこんなに華やかな季節!
・・・、今年も早い。もう年末だ。

そんなことで他にはない、ここだけの装飾ということで行ってきましたリッツ・カールトン東京。
1階のカフェ&デリの入り口が、お菓子でできたおうちになっていましたよ。
前日まで総出で作られていたようですが見事、大人でもくぐれるほどの大きさのお菓子の家が完成していました。
これ全部ジンジャーブレッドで出来ていて、近くに行くと甘くスパイシーな香りがしていて
美味しそうでした。
a0000029_2094683.jpg


a0000029_20224674.jpg


a0000029_2023971.jpg


a0000029_2023317.jpg


ウィンドウディスプレイには沢山のサンタ。
これら、スタッフの皆様の顔になっているとのこと。
a0000029_20114661.jpg


ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ、外の席もあるから結構好きでミッドタウンの大屋根の下で美味しいお茶とケーキでゆっくりするの、最高です。
a0000029_20361699.jpg


a0000029_2020541.jpg


a0000029_20212480.jpg


おみやげやプレゼントを買うのも場所的にも良くて、立ち寄りやすいですね。
リッツ・カールトン東京限定の、クリスマス用ギフトもいっぱいありました。
自動車の形をしたボックスはドイツのクリスマス菓子ジンジャーブレッド入りで、ボックスそのものが
オルゴールになっています。
a0000029_20172957.jpg


こちらもクリスマス限定。すんごく美味しそうだった、アップルシナモンジャム。
a0000029_20203342.jpg


クリスマスツリー型ヴァローナチョコレート。
すごいですね、ジェンガみたい。
a0000029_2027315.jpg


食べてみたかったけど・・・、どんな味なんだろね。
a0000029_20275658.jpg


これもクリスマス限定。クリスマスオーナメントですよね!チョコレート製。
a0000029_2028624.jpg


こちらはテーブルにも乗っけられるサイズ。
売り物ではなさそう。ジンジャーブレッド製のおうちですね。
a0000029_20305435.jpg


星型クッキーでツリー、っていうのは真似できそうですね!
a0000029_20311382.jpg


a0000029_20312371.jpg


a0000029_20313236.jpg


a0000029_20324734.jpg


すっかりクリスマス気分になりましたなぁ~
a0000029_20394282.jpg



--
by 55aiai | 2016-11-17 07:00 |  ∟ザ・リッツ・カールトン東京 | Comments(0)

「六本木 ザ・リッツ・カールトン東京 クラブラウンジ ハープ演奏とチョコレート付アフタヌーンティー」


a0000029_11503244.jpg

寒い季節になってくると、チョコレートの話題があちこちで聞こえてくるようになりますね。

そう!2月にはバレンタインデーも。
そして1月末からは、都内あちこちでチョコレートイベントも開催されるようになります。

この日は六本木のクラブラウンジ限定の、チョコレート付アフタヌーンティーを体験させてもらってきました。
東京はすっかり冬到来の雪景色。
53階から眺める凝縮された都会の景色、白い東京を楽しみました。(六本木から西側方面)
a0000029_11535209.jpg

昨年リニューアルしたクラブラウンジで、ハープの演奏を聴きながら優雅なティータイムです。
ちょうどチェックインタイムにあたる15:00に、そのままアフタヌーンティーを楽しめるスタイル。
日本の美が加わってますます極上空間になったリッツのクラブラウンジ。
温泉に行く予定があるんだけど、思い切ってリッツに乗り換えたい・・・(笑)
a0000029_13340124.jpg

テーブル天板に映りこむ光やグリーン、ファブリックや壁には雲や羽根や霞といったモチーフを使い、
ここはまさに自然の中に浮遊した空間なんですね。

a0000029_13402327.jpg

今回のアフタヌーンティーも豪華☆(2人分)

a0000029_13421942.jpg


ライオンが鎮座。

a0000029_14012736.jpg

ハープ演奏はこの空間にはちょうど良いボリュームと雰囲気。
奏者の方に色々質問したりして、ハープってピアノにすごく近いんだと知りました。

a0000029_14192481.jpg


茨城県産の甘いいちごを使ったデザートが真ん中にすくっと立ち、
小さいながらも丁寧に作られたプチスイーツに幸せ感じます!

a0000029_13442346.jpg

ムースが乗ったスポンジは、中にフランボワーズ風味のゼリーが隠れていました。
こんなに小さいのに、細かい!

a0000029_13453063.jpg


フィンガーフードもつまみやすく、話に夢中になってもしっかり完食してしまう(笑)
色んな味があって楽しいなぁ、アフタヌーンティー。

a0000029_13551301.jpg

こんなに小さい。
一口でぱくりっと。
a0000029_13553551.jpg

通常3段目にあるスコーンですが、
ここには2種類のジャム(いちご、マーマレード)とはちみつのみが置かれています。
a0000029_13562880.jpg

そして肝心のスコーンはあったかい状態で後で運ばれてくるの。
スクープされたクロテッドクリームとともに。(3人分)
a0000029_13570539.jpg

そうそう。
この日私は宿泊者ではなかったのですが、クラブラウンジの利用者とおなじく、ウェルカムドリンクをいただきました。
クランベリージュース。
キレイな赤色、さっぱりしてて優しい味でした。
a0000029_14130225.jpg

コーヒーはこの日はデカフェ・カフェ・オ・レ。
a0000029_14145124.jpg

15:00からゆっくりして、あっという間に日暮れです。
刻々と変わる一日の移り変わりを大きな窓からパノラマで楽しめるのも、クラブラウンジの楽しみ方かも。
フードプレゼンテーションは一日で5回ほど。いつ来ても色んなスタイルが楽しめるのが、ラウンジの特権ですね!
遠くには雲の笠をかぶった富士山が見えていました。

a0000029_14175274.jpg


チョコレートは小さなボックスで供されます。
世界的な洋菓子国際コンクール「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」で入賞した
ショコラティエ・徳永 純司氏のチョコレートがいただけるという。
a0000029_14254332.jpg

ホテルステイの際にお部屋で食べてもいいし、ちょっとしたおみやげにも喜ばれそうです。
滑らかチョコレート、幸せです。
a0000029_14272251.jpg


チョコレートのみの購入も可能です。
ホテル1階のザ・リッツ・カールトン カフェ&デリでは1月29日(金)~2月15日(月)まで。
日本橋三越本店では本館7階催物会場で開催されるイベントで2月3日(水)~2月15日(月)まで。
また、ホテルレストランやバーでは2月14日(日)にバレンタインディナーが開催されます。
自分へのご褒美という方には、カップルで受けられるスパ&フィットネスバレンタインパッケージが用意されています。
詳しくはこちらのサイトでご確認くださいね!
a0000029_14383454.jpg

---


by 55aiai | 2016-01-23 07:00 |  ∟ザ・リッツ・カールトン東京 | Comments(0)

「六本木 ザ・リッツ・カールトン東京 バレエ“くるみ割り人形”とアフタヌーンティー」  
a0000029_1614114.jpg


12月9日(木)。
六本木のザ・リッツ・カールトン東京で<バレエ>を鑑賞しながら
アフタヌーンティーを楽しむ会に参加させていただきました。
リッツ、すっかりクリスマス仕様ですよー。
車寄せにはスゴイ車だらけだったわ・・・。
a0000029_16173421.jpg


a0000029_1618097.jpg


ホテル45階のロビーまで上がると目の前におっきーなクリスマスツリーが迎えてくれます。
3日に点灯式があったということですが・・・7メートルあるんです!
見たかったので機会あって良かった♪
a0000029_16193166.jpg



ロビーラウンジにてバレエが始まるまで一端待機(笑)
ロビーラウンジでバレエを踊る?しかも弦楽が入る?ってどんな感じなのかなーってそわそわ(笑)
a0000029_16252770.jpg


それにしても明るい時間帯もいいよね、ラウンジ。
こんなステキな椅子だったっけ。
a0000029_1626598.jpg


リッツのスペシャルブレンドティーとアフタヌーンティーを楽しみます。
スペシャルブレンドティーはカルダモンの香り強く、ほのかなシナモンも効いてました。
ストレートで提供されますが、ミルクティーにも合います。
クリスマスの季節に供されるアフタヌーンティーは、やはりどこか華やかですね!
a0000029_16285098.jpg


友達と二人分のスタンドはもりもりっとしてていいんだけど、
一人分のアフタヌーンティーも相当カワイイですよ・・(*'ω'*)
a0000029_16305251.jpg

スタンドとは別にほかほか温められたスコーンが2つ。
全体的に女性らしいロマンチックなスタイルですね。
ティーウォーマーに乗せられたお茶も、タイミングよくつぎ足してくれます。
a0000029_16343160.jpg


2013年から今年で3回目となる企画。
少しずつ口コミも広がり、このバレエを観るために初めてリッツを訪れる人も増えてきた模様。
開催されるのはラウンジなんですよ、演者までの距離が近いでしょ!
スイーツで少し落ち着いたところで司会の方の挨拶でバレエが始まります。
くるみ割り人形をクリスマスを迎えるこの季節に見られるなんて素敵すぎるよ。
a0000029_16401471.jpg


くるみ割りの中でも結構有名なところ抜粋だったけれど、編成も振付も楽曲編曲もこの日のため。
スペシャルです。
ヴァイオリニストである枝並 千花さん率いる弦楽四重奏の皆様。
a0000029_1641970.jpg


a0000029_16411855.jpg


今回は東京シティ・バレエ団のダンサーの皆さん。
a0000029_164524.jpg


a0000029_16461074.jpg


ロビーラウンジのじゅうたんの上(??!!)を華麗に舞います。
a0000029_16473198.jpg


a0000029_16493229.jpg


テーブルとテーブルの間をふわんふわんとまわるダンサーの周囲だけ、重力がない。。
a0000029_16515363.jpg

サロン形式のバレエさえ観たことがなかったから、本当に新鮮な感覚でした。
a0000029_178143.jpg


本物をライブで観るって本当に大切だなあ。
ホテルでバレエってすごいですよね。常にお客様がいる空間でのリハーサルは出来ないし、
狭いところを通りながらのフォーメーションも大変そう。
しかし全くそんなことを感じさせない笑顔キラキラのバレリーナ。
a0000029_16533723.jpg


そうこうしているうちにすっかり夕陽の時間。。。
a0000029_16554195.jpg


ロビーラウンジの中できらめくツリー。
みんなゆっくりと時間を過ごしています。
a0000029_16562844.jpg


リニューアルされた鉄板焼きの「ひのきざか」を見学させてもらいました!
輪島塗、江戸切子、石州瓦、秋田杉と古代杉を合わせた組子など、
日本の伝統工芸の粋を集めた素晴らしい空間でした。
スイートルームとクラブラウンジをリニューアルした時と同じSPINの小市さんデザインとのこと。
a0000029_1725293.jpg


a0000029_173280.jpg


a0000029_1731860.jpg


バーも同じくリニューアル。
お客様いたのであまり撮れませんでしたがこちらも日本風が表現してあり。
リッツカールトン東京、すごーく東京らしくなりました!
a0000029_1742072.jpg


最後にミッドタウン側のホテル出入り口に置いてあるチョコレートツリーを見学。
すっっごいカカオの香り!
ぜーんぶチョコレートコーティングされてます。
a0000029_1752872.jpg


すっかりクリスマスムードに浸った午後。
ミッドタウンもキラキラになってましたよー。
a0000029_17225521.jpg



--
by 55aiai | 2015-12-13 07:00 |  ∟ザ・リッツ・カールトン東京 | Comments(2)

「六本木 リッツカールトン東京 スイートルーム&クラブラウンジ」
a0000029_1331758.jpg


リッツ・カールトン東京。
スイートルームとクラブラウンジをリノベーションしたお披露目会に参加してきました。

クラブラウンジフロアはエレベーターを降りたところから、ぐっと落ち着いた雰囲気になります。
まるで老舗の旅館へ来たような、竹、漆。
計算された暗さの中に明かりがぽっと灯ったような、柔らかな空気を演出しています。
a0000029_12255292.jpg

行燈のようですよね!
壁紙も扇ですよ。
a0000029_19365867.jpg


◆プレジデンシャル・スイート(53階)

以前の写真が置いてあったけど、前はこういう感じだったという、スイートルーム。
a0000029_1223343.jpg


和の美を盛り込み、<日本のリッツ>を表した個性的な部屋へと生まれ変わっていました!
a0000029_1295669.jpg


カーペットだった部屋の中はフローリングですっきり。
a0000029_19375898.jpg


江戸切子のランプを使ったダイニング。
a0000029_2063993.jpg


生かせるものは生かし、そこに機能性とデザイン性を新たに加えて行ったとのこと。
色合いはちょっと男性的かなぁと思いました。窓からたっぷり注ぐ自然光があるので、わざとコントラスト強めに見える色にしているのかも。
ファブリックには西陣織を多用してあり、様々な織りが見せる光沢の美しさがあります。
a0000029_1943979.jpg

a0000029_1946185.jpg


ベッドサイトにある組子は圧巻でした!!
杉の最高峰・秋田杉と2000年の杉を使い色を組み合わせた細工が見事。
a0000029_2045891.jpg


◆ザ・リッツ・カールトン スイート(53階)

ダイニング。
a0000029_19575373.jpg


広いです!233㎡。
1泊200万円とのこと。お安いと思いますよ~、とホテルの方…(^^;)
a0000029_20134130.jpg

クローゼットの量がハンパなかったけど、これでも足りず、服のための部屋をもう一つ借りるセレブリティもいるのだとか。
a0000029_20142543.jpg


a0000029_20143658.jpg


a0000029_20144777.jpg


雲みたいな柄のクッションが可愛かった。
a0000029_20261923.jpg


◆クラブラウンジ

今まで縦に続いていたひとつのフロアだったものが、それぞれ区切りをつけて色んなエリアを作ったクラブラウンジ。
a0000029_2032597.jpg


1日に5回の軽食とドリンク提供があり、朝から夜まで利用可能です。
a0000029_20365173.jpg


a0000029_203718.jpg


落ち着いた雰囲気の椅子とテーブルなど。
a0000029_20372084.jpg



新たに併設されたというライブラリーでシャンパンいただきました!
a0000029_20495851.jpg


なんと!出雲の本があったよ♡
a0000029_20501386.jpg

窓際にあるテーブルには空が映りこんでキレイでした。
陽が落ちてくるとまた、別の美しいパノラマが広がりそうです。
a0000029_20502881.jpg


デザイナーの小市泰弘さん。
「デザインスタジオ スピン」と聞いて、あれっと思いました。
そう、今年行ったリッツ・カールトン香港のレストランフロアをデザインした会社だったのでした!
海外のラグジュアリーなホテル他、様々なデザインを手掛けている会社です。
音が出ます http://www.ds-spin.com/

キラキラなフロアを思い出しますね。香港らしさをふんだんに盛り込みながらも非日常感たっぷりの
空間を作り上げていらっしゃいました!
この記事です!
a0000029_210592.jpg


小市さんみたいな素晴らしい方に、ぜひ地方にも関わっていただきたいなぁ!と思いましたね。
講演会とかあったら聞いてみたい。物語や歴史や文化をどうやってデザインにしていくんだろうってね。

東京のホテルも、いよいよオリンピックに向けて歩き出しましたねー。
a0000029_21211227.jpg




-----
by 55aiai | 2015-09-30 07:03 |  ∟ザ・リッツ・カールトン東京 | Comments(0)

「六本木 ザ・リッツ・カールトン東京の魚介系フレンチ アジュール フォーティーファイブ」
a0000029_11294334.jpg

最近「肉系イタリアン」とか「炭火焼フレンチ」とか、肉をメインにした仏・伊ごはんは良く目にするようになりました。
世の中肉を食べている人ってすごく多いなとも感じてます(あたしの周りだけか…?)。

ザ・リッツ・カールトン東京のアジュール フォーティーファイブ。
でもここは「魚介系フレンチ」。
肉だ魚だとラーメンの世界みたいだけど、魚メインのフレンチなのです。

設定されてるちょうど真ん中くらいのコースだったと思います。
a0000029_11313772.jpg


ふわっふわのカリフラワーのエスプーマ。
ウニのスープが下に隠れておりまする。
a0000029_1204969.jpg

ここからはコースのチョイスも入っています。いくつかの中からチョイスしながらコースを組み立てて行くスタイル。
ムール貝、北海道大アサリ。
a0000029_1234565.jpg

トマトとパプリカ、サフランとガーリックのソース。
よくブイヤベースに添えられるルイユみたいな味。
きゅうりのソースと透明なゼリーはバルサミコ。
a0000029_1253346.jpg

ソテーされた鮑、アンチョビバター。
里芋とわかめを添えて自家製クルトンを乗せた、なかなかオイリーな一皿です。
鮑は2切れ乗ってました。
a0000029_1272015.jpg


かぼちゃのスープ。
メレンゲと蟹、桃。
桃のジューシーさが冷たいスープと好相性!
a0000029_1281125.jpg


メインはオマール。
a0000029_1293251.jpg

甲殻のエキス濃厚なスープ状のソースをたっぷり絡めます。
フレッシュトマトの青々しさがアクセントです。
a0000029_12105129.jpg


どの料理もフレッシュな野菜やフルーツを使うところがこのお店の特徴ですね。
甘さや酸味を素材から加えることで魚介の淡白だったり濃厚だったりを見事にまとめています。
ただやっぱりコースだと量が多くてもう少しボリューム抑え目でもいいかなと、私の体が言ってます^^

プレデザートが出てきたのですが「リンゴとビールのゼリー、乳酸菌のエスプーマ」っていうもので、これがどうも「ヤクルト」の味に思えて親近感大。
a0000029_1214388.jpg

デザートは白桃のコンポート。
水っぽい料理が多かったので、最後のデザートはしっかり焼き菓子系もあるといいかも。
a0000029_12143467.jpg



ほのかな磯の香りがクリーミーなバターの風味と溶けあう、ボルディエのバターみたいに赤とさか(海藻です)や岩のりが練り込んであるバターだったり、活性炭やローズマリー、レモンの風味がする塩など、魚介類をバラエティ豊かに表現してくれるレストラン。
この日はほぼ満席状態でした。
他のお店に行く予定が変更になってこのお店へ来たんだけど、サービスがどこからどこまでも素晴らしく、優雅な時間を過ごすことができました。

予約するなら少し早目に、そして窓際がいいかもしれません!
カップルが多くてびっくりでしたー(笑)
by 55aiai | 2011-08-31 12:20 |  ∟ザ・リッツ・カールトン東京 | Comments(2)

「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」
a0000029_1091771.jpg

ザ・リッツ・カールトン東京(THE RITZ-CARLTON TOKYO)。
2007年開業。
ホテルバブルで外資系ホテルががんがん東京に出来ていたあの頃、そんな中でも話題沸騰だったこのホテル。

東京ミッドタウンの高級ホテル。<そびえ立つ>という表現がぴったりなこのホテル。
なんとなく勝手に、どこかでこのビルディングのイメージを客室にも抱いていたのかもしれません。
大阪のリッツは何回か経験済みだったけど東京リッツはレストランやラウンジ、バーのみ。
今回初めて客室利用してきました。
a0000029_10101256.jpg


45階がロビー。
リッツのロビーは天井高で広々。
景色も素晴らしく、レストランやラウンジ、バー、どこも人気があります(当日は予約なかなか取れませんでした!)
a0000029_10292980.jpg

朝ごはんに一度来た以外はリッツは夜しか使った事がなく。
100万円越えマティーニや1万円越えのハンバーガーなどギラギラした演出は話題になりやすいけど、もっとベーシックなところでどれくらい堅実に運営してるのか…、ちょっとうがった見方をしてしまいます(笑)
それもこれも表面的に見るのではなく、やっぱり宿泊してみなければわからないなぁと。
a0000029_1031384.jpg



ザ・リッツ・カールトン クラブフロア。
52階と53階で63室あるクラブフロアは、53階のクラブラウンジを利用できるアッパークラスのフロアです。
エレベーターにカードキーを差すことで入れる人を制限し、よりパーソナルな接客とサービスを約束してくれます。
a0000029_1010347.jpg

クラブラウンジは様々なシーンで活用出来ます。
まずはチェックイン時。
ウェルカムドリンクで迎えてもらえる快適空間。
通常レストランやラウンジを使う人々が交差する45階フロアで行う手続きを、クラブラウンジで優雅に行うことが出来るから、煩わしくなくってスーペリアル気分。
a0000029_10105271.jpg

専任のコンシェルジュは和服でお出迎え。なるほどねー、リッツは世界中にファンがいるので日本の美を意識した演出は日本人としても誇りを持てる工夫です。
終日様々なフードやドリンクを用意してあるラウンジでのんびりくつろぐのも良いですし、夕方からは10種類ほどのワインが用意されていて、日が暮れていく東京を東京で一番高いビルから眺めることが出来ます(リッツ・カールトン東京が入るミッドタウン・タワーは現在東京で最も高いビル)。
a0000029_1011840.jpg

このエレガントな時間のお茶はウェッジウッドのカップ&ソーサー。
いろんなお茶にも対応してくれて嬉しいー。
a0000029_1011254.jpg

1日5回、フードを入れ替えて時間に合わせたメニューを提供してくれてます。(←相当美味しかったです、アフタヌーンティーの時間を逃したのが残念!)
a0000029_1011596.jpg


さて早速お部屋へと向かいます。
廊下はかなりシンプル。ミッドタウン側の入り口から入った事のある方はご存じだと思うけど、もう少し飾り気があってもいいのでは?と思うほどに簡素なイメージがあります。
a0000029_1039224.jpg


入室。
入った瞬間、左側に飛び込んでくるバスエリア。
あー、これぞリッツ!
私が抱いていたイメージと違うよ、むしろ全然いいよ!
淡い色を上品に使いながらも、キリッと深いブラウンで縁どり締めまくり。
a0000029_10125881.jpg


バスエリアの角にあたる部分をシャワーブースにして、それを挟む形でのダブルベイシン。
スツールがないタイプでその分重厚感を出すダークブラウンの家具調。
ミラーには摺り加工でデザインが施されており、クラシカルかつアール・デコ調。
a0000029_10131582.jpg

ガラスと鏡を使って重さを取り除き、清潔感が漂っています。
a0000029_1013284.jpg

使い勝手が良くて感心。
a0000029_10135263.jpg

特にアメニティとタオルが使用するであろう必要な場所に散らしてあって、しかもちゃんと置き場所的に整理されているんですね。
シャワーブースに置かれていたボディ用のスポンジはなかなかよかったと思います。
a0000029_10141887.jpg

さらに充実した備品類が引き出しの中に。
辛めのマウスウォッシュが爽快でした~
a0000029_10404833.jpg


アメニティはアスプレイ(ASPREY)。
英国王室御用達のイギリスの老舗ブランド。
クリームも使ってみようと思ったんだけどテクスチャが少し重め。入れ物から出にくかったですね。
a0000029_1017211.jpg


バスタブ。
タオルを置くための棚になっているところのちょうど後ろに潜り込むような形のバスタブ。真四角で特に特徴なしー。
a0000029_10173757.jpg

バスピロー。使うかどうかは別として、これを見ると「はー、ゆっくりお風呂に浸かろう~」って気持ちになれる♪
a0000029_10181716.jpg

シャワーブースは可動式のものとレインシャワーの2種。
a0000029_10183599.jpg

レインシャワーはいつもどおり使用せず。。
a0000029_10185121.jpg


さてお部屋です。
a0000029_1019739.jpg

東京リッツは全てのお部屋が52㎡以上と、東京でも屈指のラグジュアリーホテルといえます。
a0000029_10192124.jpg

淡いグリーンとシャンパンゴールドを使い上品に柔らかくまとまった色合い。
そこに深いブラウンをずっしりと使い、ぼやけないよう締めています。
窓際近くにはソファとテーブル。少しシノワを感じさせるようなウォルナットカラー。
ソファはイエロー。
a0000029_10193863.jpg

amadana加湿器。
a0000029_10114185.jpg



ベッドの対面にはソニー40インチのテレビ。そして大きなクローゼットが2台。
クローゼットの収納は抜群で、片方にはバスローブとふっかふかのスリッパが入っていました。
a0000029_10195564.jpg

バスローブは内側のみタオル地で外側は織りのあるサテン。品の良さを感じます。
これ、薄くて機能性あり。
a0000029_10201398.jpg


ベッド。
素敵だと思う~、この色使い。
光沢あり、かつ織りの美しいフットスローがゴールドで美しい。
a0000029_1020304.jpg

さらに足元にあるフットベンチ。カーブしていてとてもエレガント。
夜のターンダウン時には次の日の天気予報と共に必要なものをまとめて置いてくれる場所にもなっていました。
a0000029_10204623.jpg

上質なリネンで定評のあるイタリアブランド、フレッテ(FRETTE)のシュルシュル肌触りのシーツ。
ほわんほわんの羽根まくらは大小揃っています。
a0000029_1021628.jpg


書斎机、ほどよくクラシカル、高貴な雰囲気。
a0000029_10212412.jpg

足元に置かれたダストボックスが素敵な特注具合。
素材感も色もぴったりぴったり。
a0000029_10213954.jpg

この書斎の壁面を飾る壁紙が素敵です。
細かい和柄・アンティークな小紋柄をそのままに。
海外のお客さんも喜ぶでしょうね~
a0000029_1021577.jpg


ホテルの小物が素敵です。
書斎脇。
a0000029_10221470.jpg

マガジンラック。
a0000029_10222818.jpg

瀬戸・NAGAEのティーセット。
a0000029_1022484.jpg

テーブルのグリーン。
a0000029_1023620.jpg

ベッドサイドの時計。
a0000029_10232485.jpg

クッション。
a0000029_10234276.jpg

その他細かいところー。
ひとつひとつピースをはめていくように、選ばれた小物たちが置かれているなーと感じます。
a0000029_1023598.jpg


カーテン、壁紙、その他ファブリック。
お隣同士の壁も違うパターンだったり。
a0000029_10242070.jpg


窓際。
このお部屋の中にあるものの中ではちょっと可愛すぎるソファ。
しっかりとした座り心地で押し返されるような固さ。
a0000029_10243985.jpg

NAGAEのカップでお茶を飲みながら雑誌を読みふけります。
a0000029_10253823.jpg

ソファの後ろ、窓に目をやるとこんな景色、お昼バージョン。
ヒルズが真ん前。東京タワー側ではなかったみたいです。
a0000029_10255720.jpg

右下方面に国立新美術館、ウェーブが流麗。
a0000029_10263995.jpg


夜はこんな夜景です~
ガラス張りのテレ朝は電気煌々。
a0000029_10271318.jpg

引きだとこんな感じです。
この日の東京は猛暑でぼんやり、湿気が空を覆っていました。
a0000029_10272949.jpg

夜のミネラルウォーターとチョコレート。
a0000029_10282469.jpg


----------

朝ごはん。
クラブフロアのラウンジにて。
お客さん多かったですー
a0000029_10413818.jpg

美味しそうでしょ。
a0000029_10415992.jpg


ところがー。
温めておいて欲しいはずのソーセージなどのお肉類が全部冷めてる。。。
ウォーマーを使ってないんですよ。作ったまま置いてあるので時間と共に冷めるばかり。。
a0000029_10421833.jpg

デニッシュ系が充実のパンたちは美味しかった♪
a0000029_10425463.jpg


温かくない朝ごはんってとても残念なんですよー。
ずーっと昔そういうレストランにドイツで出会ってから自分の中で冷たいごはんへの抵抗感が非常に強くなってしまって。
クラブラウンジでの朝ごはんは従業員の数も足りていないように感じました。
タイミング良いサービスはおろか、きめ細かいそれぞれのニーズにも応えられていなかったように見えました。
がっかりポイントだわ~
a0000029_10435793.jpg



朝ごはんのあとはチェックアウトの正午までゆっくりお部屋に滞在して、満喫して帰りました。
ロビー大混雑でほんとーにお客さん多かった。
夏休みにラグジュアリーホテルを楽しむ人ってこんなに多いんですねー
a0000029_10472844.jpg

ミッドタウンパーク側にあるリッツのエントランス。これだけのホテル施設でありながら、入口は大変小さい。
これは世界中のリッツに共通する特徴だそうで、アットホーム感を出す効果なのだとか。
a0000029_105052.jpg


過去記事になりますけどぜひ大阪リッツ記事(過去記事)と内装比べてみてくださいねー。
東京の方がよりスッキリとして少しモダンさも加わっているかと思います。
大阪はもっとこってりしてるけど、東京は柔かさの中にシャープで使いやすい雰囲気が混ざっています。
リッツ・カールトンのイメージカラーであるブルーは意外にもあまり使われておらず、格調高い雰囲気を押し出しています。

数年のうちに沖縄の喜瀬別邸がリッツになるのだとか。
沖縄風リッツってどんなんだろうー、楽しみ!


フォートラベルにも記事書いてます。
by 55aiai | 2011-08-29 10:59 |  ∟ザ・リッツ・カールトン東京 | Comments(4)

「ザ・リッツカールトン東京 Wowバーガー」
a0000029_9315972.jpg


六本木・リッツカールトン東京のWowバーガー。
日本一お高いハンバーガー?

こちらでどうぞ!「GO!GO!ハンバーガー
by 55aiai | 2007-12-19 09:40 |  ∟ザ・リッツ・カールトン東京 | Comments(4)

「六本木 ザ・リッツ・カールトン東京の朝ごはん」
a0000029_8425515.jpg

早起きするのはいいものです。
ザ・リッツ・カールトン東京で朝ごはんを食べてきました。

宿泊者しか使えないというような雰囲気を感じた、というような事を前の記事で書いたのですが、私が確認した時はレストランのみの使用も大丈夫です、と言われました。
しかし今(特に週末など)は何が起こるかわかりませんから、行かれたい方は行ってからがっかりしないように確認をした方が良さそうです。

この日の本来の目的はサントリー美術館への訪問。
こちらについては来週サントリーさんのブログでアップしたいと思います。美術館内の写真も数枚ですがご紹介できます!
↓サントリー美術館への橋。右手が美術館。
a0000029_8433752.jpg


サントリーさんの件がお昼から。ということは相当早く朝ごはんを食べておかないとおなかが大変なことになる・・・と考え、六本木に7時前に到着。
だーれもいないミッドタウンを通り抜けてリッツへ向かいました。
朝ごはんは6時半からやってます。「45(フォーティーファイブ)」、45階のレストラン。
テーブルにはリッツのライオンマークが入ったクロスやナプキン、マンゴーの種みたいに平たいソルトケースが置いてあります。ジャムはtiptree。
a0000029_8441041.jpg

窓際の席に通してくださいました。目の前にちょうど東京タワーが見える席です。
・・・が、せっかくなのでレストランが全て見渡せる、タワーを背中にしたソファに座ることにしました。
ここに座るとレストランだけでなく、ロビーラウンジまで全て一直線に見えます。
a0000029_8442929.jpg

おすすめの朝ごはんという事で、ブレックファストのブッフェを選びました。
温かいたまご料理はテーブルまで持ってきてくれます。
ブッフェはサラダやチーズ、シリアルなど。
野菜は新鮮そのものでふわっとしているし、ドレッシングも美味しいし、何よりもサーモンが。
少し厚めに切ったスモークサーモンの香り、食感、塩加減、ディルの量などパーフェクト!
a0000029_845031.jpg

↓オムレツ。ベーコンとハムとソーセージは選べます。
a0000029_8452317.jpg

オムレツがとーっても上手なお仕事で、外側はしっかりフォークが入る感触がある程度にかたまっているのにもかかわらず、中はとろーんと半熟で。普段よりもケチャップが美味しく感じられたのもオムレツのせいかしら。。
a0000029_8454933.jpg

紅茶はリッツオリジナルのティーバックでした。
アッサムでかなりあっさりした後味でしたが、シナモンフレーバーが軽く香ってストレートでもミルクでも良い感じでした。
パンは私の好みではなかったのですがペストリー系も充実していたので、甘いのを朝からいっちゃう人にとっては嬉しい揃えだと思います。
この日は外国人の方が9割でビジネス系。しかしお店はかなり空いてました。
a0000029_849773.jpg

そのせいでしょうか。ゆったり優雅な朝食という雰囲気ではなく、かっちり機能的ブレックファストという印象が強かったです。
↓ガラスのシャンデリア。天井高があって広々と気持ち良いです。
a0000029_8465723.jpg


あくまでも私の主観なのですが、リッツ・カールトンってどこかホテル全体の印象が保守的な気がしてます。今までにリッツ大阪2回、リッツ香港1回しか訪問したことありませんけど。
a0000029_8475182.jpg

a0000029_848198.jpg

今回もそれが大きく破られることはなかったです。
けれどそれが悪いというわけじゃなくて、<六本木のリッツもやっぱり今までのリッツなんだな、きっとこのホテルはそれでいい、と判断したんだな>と感じました。

新しい場所だからっと私なりに知識無いなりに、色々とアンテナを張ってみました。いやな言い方をすると「あえてのあら捜し」ということになるわけなんですが、これがぜんぜん見つからなくて。
朝ごはんは本当においしかったです。

↓ついでにこのエスカレーターに乗ると、光に包まれているみたいですっごく気持ちよいです。
a0000029_8483259.jpg


リッツでご飯を食べた後、少しお散歩してみました。
その記事は次につづきます!(食べ物は出てきません。笑)
by 55aiai | 2007-04-13 08:55 |  ∟ザ・リッツ・カールトン東京 | Comments(56)


ライター・西村愛のブログ

by 55aiai(西村 愛)
記事ランキング
カテゴリ
全体
▼東 京 都
 ∟いろーんなごはん
 ∟港区
 ∟中央区
 ∟千代田区
 ∟渋谷区
 ∟新宿区
 ∟品川区・目黒区・大田区
 ∟荒川区・葛飾区・足立区
 ∟北区・練馬区・豊島区・板橋区
 ∟江戸川区・江東区
 ∟台東区・墨田区・文京区
  ∟浅草グルメ
 ∟杉並区・中野区・世田谷区
 ∟東京都下
 ∟伊豆大島
 ∟おうち&頂き物
 ∟お呼ばれ
▼島 根 県
 ∞出雲市
  ∟出雲市グルメ
  ∟島根⇒広島やまなみ街道
  ∟出雲 薬草×美活プロジェクト
 ∞雲南市&奥出雲
  ∟雲南市&奥出雲グルメ
 ∞松江市
  ∟松江市グルメ
 ∞隠岐の島
  ∟隠岐の島グルメ
 ∞大田市
  ∟大田市~津和野ツアー
 ∞江津市
  ∟広島(宮島)⇒島根ツアー
 ∞邑智郡
  ∟邑智郡グルメ
 ∞浜田・益田・津和野
  ∟益田・津和野ツアー
 ∟島根県のホテル・旅館
 ∟東京開催島根イベント
 ∟実家帰省
▼国 内
 ∟北海道 札幌
 ∟北海道 旭川・富良野・帯広
 ∟宮城・仙台
 ∟宮城・気仙沼
 ∟宮城・ツール・ド・東北
 ∟山形
 ∟栃木
 ∟群馬
 ∟埼玉
 ∟千葉
   ∟アクアラインイースト
 ∟神奈川&箱根
 ∟新潟・燕&弥彦
 ∟新潟・佐渡
 ∟石川・金沢
 ∟山梨
 ∟長野
  ∟小布施
  ∟軽井沢
 ∟静岡 
  ∟浜松・三ケ日
 ∟愛知
 ∟三重県
 ∟京都
 ∟大阪
 ∟兵庫
 ∟鳥取
 ∟島根
 ∟広島&宮島
 ∟福岡
  ∟糸島
 ∟有田・伊万里・唐津 器の旅
 ∟熊本 水俣&津奈木&芦北
 ∟大分
 ∟沖縄
▼世界旅行・食べ歩き
 ∟中国2007
 ∟中国・上海2010
 ∟中国・上海2012
  ∟ウォルドルフアストリア
 ∟香港2013旧正月
 ∟香港2015
 ∟韓国2016 京畿道・ソウル
 ∟韓国2010 仁川・ソウル
 ∟台湾2010
 ∟ニューカレドニア2015
 ∟オーストラリア2008
 ∟バリ島2008
 ∟バリ島2011
 ∟タイ2015
 ∟ハワイ2009
 ∟ニューヨーク2004
 ∟フランス2009
◆ホテル・旅館訪問記
 ∟南アフリカ・ジンバブエ2002
 ∟コンラッド東京
 ∟グランドハイアット東京
 ∟フォーシーズンズ椿山荘東京
 ∟ザ・リッツ・カールトン東京
 ∟パークハイアット東京
 ∟マンダリンオリエンタル東京
 ∟フォーシーズンズ丸の内
 ∟ANAインターコンチネンタル
 ∟ウェスティンホテル東京
 ∟シャングリ・ラ東京
 ∟ザ・ペニンシュラ東京
 ∟パレスホテル東京
 ∟ホテルニューオータニ
 ∟東京ベイコート倶楽部
 ∟ホテルオークラ東京
 ∟ホテル龍名館東京
 ∟キャピトル東急ホテル
 ∟ザ ゲートホテル雷門
 ∟ホテルニューグランド
 ∟温泉津温泉 輝雲荘
 ∟岩井温泉 岩井屋
 ∟ザ・リッツ・カールトン大阪
 ∟ザ・ルイガンズ
 ∟WITH THE STYLE
 ∟ハイアットリージェンシー
*日記・お知らせ
*ビーズジュエリーなど
◆ネイル
*格闘技
*アリさん成長日記
タグ
*お願い事*
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
じぶん日記メモ


*ハンバーガーブログ*
GO!GO!ハンバーガー



*おにぎりブログ*

おにぎりずむ




*サントリー*

サントリーグルメガイド公式ブログ
サントリーグルメガイド公式ブログ



*食べあるキング*










最新の記事
最新のコメント