<   2012年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

「島根県 出雲・松江を巡る旅2011 皆美館の鯛めし」
a0000029_9521226.jpg

松江での昼食は皆美(みなみ)にて。

松江の観光地からはアクセス良い場所にあり、島根の、いや、山陰においても名宿として名高い老舗旅館です。
a0000029_9522720.jpg

120年にも及ぶ歴史の中で数多くの文豪が訪れた宿。
クラシックで和モダンな旅館は平成19年にリニューアル。
宍道湖大橋をはさんで雄大な宍道湖を望むことの出来る客室からの眺望もすばらしい。
なによりお庭がきれいにされていて、お店から眺めることが出来るのです。
a0000029_9555961.jpg


この日はここで鯛めしを。
全国津々浦々、「鯛めし」といった名前の食べ物はあるわけですが、皆美の鯛めしは
『皆美家伝 鯛めし』という商品名で商標登録されているくらいに、気合の入った食べ物です!
a0000029_9523982.jpg

この鯛めしの由来はもともと松江藩主であった不昧公・松平治郷(はるさと)のお殿料理であったとされています。
ごはんの上に具を乗せて、出汁をかけて食べる。
具は鯛の身、卵の白身、黄身がそれぞれ細かくそぼろ状になっていまして、さらには大根おろしと海苔、わさびが添えられています。
これがとても美しいこんもりまあるい山の形に盛り付けてあるのです。
a0000029_9525837.jpg

これをごはんの上に置く際は、盛り付けも美しく・・・というのがお作法のようでありましたので、私もキレイに盛ってみました。
結構むずいよ・・・!
そして出汁を。
出汁は薄味で秘伝の味。鰹をベースとしてほのかな鯛を感じます。
具が細かいそぼろだけに、出汁がすべての具のつなぎとなり、一体感を作り出します。
a0000029_9542290.jpg


松平不昧公という人はお茶が大好きなお殿様で、そのおかげで島根にはおいしいお茶と和菓子、そして不昧流という茶道の一派もあるくらいなのですが、私が思うにとても好奇心が強く時にはユーモアや庶民の暮らしにも理解があったお殿様ではないかなと思うのです。
そう考えるとこのいわゆる<お茶漬け>がお殿料理となったのも理解しやすいなと。

美しく手入れされたお庭を眺めながらの皆美家伝 鯛めし。
今回行って驚いたのはホスピタリティの良さ。女性たちの接客が素晴らしかったです。
実はこの鯛めしは銀座や日本橋でも食べられちゃいますが、皆さんも松江に足を運んでいただいて、ぜひここ松江の皆美館で景色と共に楽しんでほしいです。
a0000029_9544093.jpg



--
続きます!


神々が見守る地、出雲をたずねる旅 詳細はコチラ(バナークリック!)



◆関連記事
a0000029_0323534.jpg

島根県 出雲・松江を巡る旅2011

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け2

島根 出雲大社からもう一歩 阿国の墓、稲佐の浜、日御碕神社、日御碕灯台

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲文化伝承館内 羽根屋の出雲そば

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 須佐神社

島根県 出雲 多伎の海とイルカとタラソテラピー マリンタラソ出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 皆美館の鯛めし

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社からどうぞ 本殿国宝の神魂神社(かもすじんじゃ)

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 玉造温泉街歩き、玉作湯神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 松江城

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 星野リゾート 界 出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 塩見茶屋のぼてぼて茶

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 大根島の日本庭園 由志園

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 だんだん.のランチ
by 55aiai | 2012-01-31 09:58 |  ∟松江市の食 | Comments(2)

「島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社」
a0000029_953021.jpg

これまた最近大ブームを起こしている八重垣神社。
これまでに紹介した「出雲大社」「須佐神社」と並び、出雲の三大パワースポットと呼ぶ人もいます。

「八重垣」という文字は、やはり神話の物語の中に登場する言葉です。

「八雲立つ 出雲八重垣妻込みに 八重垣造る其の八重垣を」

この五七五、出雲で育った私はいつの間にか耳になじむ言葉になっていました。
スサノオノミコトがやまたのおろちを退治した後に詠んだとされる言葉で、これが<和歌のはじまり>と言われています。
そこに詠まれた「八重垣」を冠した神社はもちろんのことスサノオノミコトを祀り、さらにはヤマタノオロチ伝説を経て結婚した稲田姫命と夫婦で祀られていることから、ここ八重垣神社はまさに縁結びの神社として名を馳せています。
a0000029_9532834.jpg


隣の駐車場に車を置いて神社の境内へ。
実は初めて来訪しました。
a0000029_1010223.jpg

残念ながらここでザン降りの雨!
でもめげません。これから大イベントが待っています!
a0000029_10233976.jpg

まずはおまいりをすませたら、境内の売店へ。
友人への縁結びのお守りを購入して、私は鏡の池の占いへ!!
この和紙を1枚、購入します。
a0000029_9571735.jpg

こんな感じのなんてことない和紙なのですが。。
a0000029_9573254.jpg

これを持って次に向かうのは、八重垣神社の裏手にある鏡の池。
佐久佐女の森の中にあります。
a0000029_958240.jpg

この先に待っているものへの期待値を一気に高める入り口。
a0000029_9584653.jpg

少し湿気を感じるひんやりした空気。
鬱蒼とした森の中なので、蚊がいっぱい(笑)
a0000029_100223.jpg


たくさんの人だかり。
「鏡の池」という湧水の池の周辺です。
これは、池に先ほどの和紙を浮かべて占っている最中なのです。
a0000029_1013128.jpg

占い方はこの看板に書いてあります♪
a0000029_1014994.jpg


池の水面にそーっと和紙を置き、その真ん中(和紙の朱印の辺りでしょうか)に硬貨を置きます。
早く沈むほど良縁が近く、20分以上かかると今はまだ縁遠いと言われています。
その占い方法には沈む時間だけでなく水面での紙の進み方などによってもあるそうで(多少紙が風などで動くのです)、さらには紙に浮かび上がる言葉がこれからのご縁への助けとなるものなのだとされています。

だから、、
みんなじーっと紙を見守っています。
a0000029_102205.jpg

コレ、私の!
a0000029_1024017.jpg


じわじわと硬貨の周囲から水没していって、最後には水の中にスーッと落ちていきます。
これがまた風流なんです♪
「善意つくせば待ち人くる 東と北 吉」
a0000029_103564.jpg


なかなかドキドキして楽しいです^^
ちゃんと20分以内に沈んだから、ヨシヨシ。
a0000029_103218.jpg


この鏡の池がある森は、神話の中では稲田姫がヤマタノオロチから逃げ隠れた場所としての言われもあり、またこの鏡の池の中からは古墳時代後期の甕の破片などが見つかっているので、昔から特別な場所であったことがうかがえます。

八重垣神社って、子供の頃は<結婚式場>っていうイメージしかなかったのに、
いつしかこんな大人気な場所になっていたのです。
自然の中の神秘的な池に自らの願いを託したり思いを預けるという情緒ある占い。
松江に行ったらぜひやってみてくださいねー。
a0000029_1071243.jpg

鏡の池だけがクローズアップされがちなのですが、神社もとても清楚な雰囲気あって落ち着いた佇まい。
時間によっては案内もしてもらえるそうなので、参加してもいいかもしれませんね。
a0000029_1015160.jpg


そうそうこちらには椿の木があるのですが、
「資生堂」のブランドマークはここの椿をモデルにしているといわれています。
境内には今3本の椿の木があります。
八重垣神社に行ったらこちらも必見!
a0000029_10125464.jpg



追記:
昨年の10月から年末にかけて県内を走らせていた『パワースポットバス』。
予約状況によっては今年は打ち切りか!という話もあったのですが、予想以上の大反響により今年も観光の季節の運行が決まったようです☆

かな~りいいトコ廻ってくれます!


JR松江駅・松江しんじ湖温泉駅・玉造温泉ゆ~ゆ

須佐神社(過去記事

稲佐の浜(過去記事

出雲大社(過去記事

八重垣神社(この記事

JR松江駅・松江しんじ湖温泉駅・玉造温泉ゆ~ゆ前・出雲縁結び空港



2012年4月1日(日)~7月20日(日):土・日・祝日
2012年7月21日(土)~12月27日(木):火・木・土・日・祝日
※前日までにご予約ください

料金:大人2,500円 子供(3歳~小学生)1,500円

料金に含まれるもの:バス代、観光ガイド代(施設入場料、昼食代は含まれません)
ご予約・お問い合わせ 一畑トラベルサービス観光企画部 0852-26-1312(8:00~18:00)



--
続きます!


神々が見守る地、出雲をたずねる旅 詳細はコチラ(バナークリック!)



◆関連記事
a0000029_0323534.jpg

島根県 出雲・松江を巡る旅2011

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け2

島根 出雲大社からもう一歩 阿国の墓、稲佐の浜、日御碕神社、日御碕灯台

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲文化伝承館内 羽根屋の出雲そば

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 須佐神社

島根県 出雲 多伎の海とイルカとタラソテラピー マリンタラソ出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 皆美館の鯛めし

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社からどうぞ 本殿国宝の神魂神社(かもすじんじゃ)

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 玉造温泉街歩き、玉作湯神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 松江城

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 星野リゾート 界 出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 塩見茶屋のぼてぼて茶

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 大根島の日本庭園 由志園

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 だんだん.のランチ
by 55aiai | 2012-01-30 10:26 |  ∟松江市の観光 | Comments(4)

「島根県 出雲 多伎の海とイルカとタラソテラピー マリンタラソ出雲」
a0000029_111524.jpg

さて、観光での疲れを癒すため、やってきたのは「マリンタラソ出雲」。
中国地方では唯一という、タラソテラピーを受けられる施設です。

県内ではナンバー1、2を争う人気の道の駅「キララ多伎」もすぐ近く。
風車が見えてきたらそこが多伎(たき)。
a0000029_1182417.jpg


ここで行うタラソテラピーとは海水で行う<療法>で、新鮮な海水を温めたプールで体をほぐしたりリハビリまで出来るという一種の考え方なのです。
このマリンタラソ出雲がある多伎は、私が大好きないちじくの産地でもあります。
この記事のトップにも登場するいちじくはすべてこの多伎の農家さんからのものです。
a0000029_124377.jpg


私にとっては「海と言えば多伎」でもある場所。
子供の頃から海水浴場に行くとなると多伎でした。
多伎は遠浅で、海遊びは最高なのです。今でも私の甥っ子・姪っ子は遊びに来ると多伎で海水浴です。
a0000029_113411.jpg

これはお正月帰省した時、三が日の日本海。冬の日本海は荒く白い波が立ちます。
それでも多伎の海はやっぱりキレイ。
a0000029_115417.jpg

この多伎の海は、ちょうど西側に海が開けていて夕日が非常に美しい場所なのです。
a0000029_122050.jpg

まるでバリ島?と思ってしまうほど、穏やかな海と水平線に沈んでいく太陽が眺められます。
a0000029_125096.jpg

さらにはここの海には天然イルカがおりまして、運が良ければ出会うことが出来るのです!!
私も訪れた10月、出会うことが出来ました。
この上なく理想的な海面ジャンプを見せてくれて・・・大感動!
写真はというとネッシーみたいだけど。。。。(笑)
a0000029_132341.jpg

この子たちは餌付けされているわけではなく、多伎の海を餌場として集まる自然界のイルカちゃんです。
なんだかもう、多方面から癒されるマリンタラソ出雲です。
a0000029_135691.jpg




海水プール。 ※許可をもらって撮影しています。
お正月三ヶ日、運よく人がいない場面を撮影することが出来ました!(許可いただいてます♪)
うねうねとした温かい海水の中を歩きながら体を温め発汗し、代謝を良くしながらエクササイズ、ウォーキングなどが楽しめます。
a0000029_141329.jpg

カメラをぎゅっと握り締めてプールの中から撮影です!
浅く深くなったり、さまざまなジャグジーで体をしなしなにほぐしてもらいます^^
a0000029_144735.jpg

ほどよく窪みになっていたり仕切って温度を変えてあったりの、色んなバリエーション。
a0000029_15326.jpg

ここ、イイ。
ゆっくり海眺めながらボコボコ。
a0000029_151926.jpg

外ジャグジーは肩から上が寒すぎた、真冬の海を目の前に(笑)
でも波の音がすぐそこに聞こえて夏は最高でしょうね!
a0000029_154136.jpg


トリートメントルームです。
a0000029_161388.jpg

圧倒的なラグジュアリー感はないです。
ですが静かです。
a0000029_1631100.jpg

全身に海藻パックを行うアルゴパック。
フランスの海藻パックパウダーを多伎の新鮮な海水でペースト状にし塗布。
体が沈みこむ経験というのはなんとなく理解できるのですが、このウォーターベッドは耳が隠れるくらいまで頭のてっぺんから足の先まですっぽりと埋まり込み、さらにはゆらゆらとたゆたう状態を作り出してくれます。
a0000029_164778.jpg

20分蒸しながら浸透させて完了。
全身分のパックを購入したってそれくらいかかると思われる、4,000円はお安いと思う!
このウォーターベッドを使わずに座った状態で行うパックの場合は2,000円という超お手ごろ価格。
これぞ、島根価格なのですね。

終了後はリフレッシュ。
海を見ながらゆっくりとした時間を過ごせます。
a0000029_193342.jpg


お隣のレストランはブッフェ形式。
a0000029_195913.jpg

テラス席もあって、波の音ごはん。
a0000029_1101098.jpg

宿泊施設はすべてオーシャンビュー。
お部屋からもイルカちゃんが見れたりしてね^^
a0000029_1103218.jpg

朝は海岸べりをお散歩するのも良いですね~
a0000029_1104386.jpg


島根に魅力的な施設が出来てウレシイ限り。
地元の方もリピーターになって、足しげく通っている方多数。
a0000029_1115777.jpg


多伎に立ち寄って、海のパワーもチャージしたいですね。
a0000029_120387.jpg




-------


続きます!

神々が見守る地、出雲をたずねる旅 詳細はコチラ(バナークリック!)




◆関連記事
a0000029_0323534.jpg

島根県 出雲・松江を巡る旅2011

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け2

島根 出雲大社からもう一歩 阿国の墓、稲佐の浜、日御碕神社、日御碕灯台

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲文化伝承館内 羽根屋の出雲そば

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 須佐神社

島根県 出雲 多伎の海とイルカとタラソテラピー マリンタラソ出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 皆美館の鯛めし

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社からどうぞ 本殿国宝の神魂神社(かもすじんじゃ)

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 玉造温泉街歩き、玉作湯神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 松江城

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 星野リゾート 界 出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 塩見茶屋のぼてぼて茶

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 大根島の日本庭園 由志園

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 だんだん.のランチ
by 55aiai | 2012-01-27 09:16 |  ∟出雲市の観光 | Comments(4)

「五反田 伊酒家 Azuki海の地中海リゾット、色んな貝類のワイン蒸し」
a0000029_1104546.jpg

五反田にある伊酒家 Azuki海(あずき うみ)へ行ってきました。

魚介類が豊富なこちら。
特に貝のメニューが多くてお気に入りです。

すでに再訪も果たしてしまいました!^^
a0000029_1122413.jpg


カジュアルな店構えなんだけど新鮮魚介類がいっぱいで、おいしい。
出汁にまみれたい♪


イタリアンベースなのでパスタメニューもありますよ。
魚介の味がきゅっとしまったソースのパスタです♪


続きはこちら
サントリーグルメガイド公式ブログ
五反田 伊酒家 Azuki海の地中海リゾット、色んな貝類のワイン蒸し



--
by 55aiai | 2012-01-26 11:05 |  ∟品川区・目黒区・大田区 | Comments(2)

「島根県 出雲・松江を巡る旅2011 須佐神社」
a0000029_914469.jpg

パワースポット、須佐神社のご紹介です♪

スサノオノミコトの終焉の地とされる須佐神社、出雲市内からはバスで行くことができます。
良く出雲の神社は地味だと言われるのですが、私はこの厳かな感じが好きです。
カラフルポップで賑々しいのも嫌いではないのですが、じわりじわりと押し迫ってくるような重みがクセになります。
a0000029_9145748.jpg


頑なまでに先代から受け継いだ社を守り続ける。
それが一番の使命であり、むしろそれ以外にはないというくらいにここに宿る歴史と価値を継承していっているのです。
a0000029_9152018.jpg


最近出雲大社とセットで足を運ぶ人が多いという須佐神社。
その空気感を体験すると、そのパワースポットぶりに魅了される人続出。
出雲市内、出雲大社からはかなり距離あるのですが、いわゆる「ブーム」になってるスポットなのです。
a0000029_915338.jpg

スサノオノミコトをゆかりとする神社は日本全国数多くあるものの、唯一御魂を祀る古社。
その由緒正しき凛とした姿に畏敬の念さえ抱きます。
a0000029_9155477.jpg


静かな境内を歩きながら「須佐神社 七不思議」について考えます。
a0000029_916995.jpg

七不思議のひとつ、塩ノ井。
a0000029_9164182.jpg

前の記事でも紹介した出雲大社近くの稲佐の浜と、須佐神社の塩ノ井が繋がっているという言い伝えがあります。
須佐神社は山の中にあるのですけれども、実際この塩ノ井は多少の塩分が検出されるという、とっても不思議な現象です。
スサノオノミコトがこの地に降り立ったとき、この水を汲み、この地を清めたという伝説も残っています。
a0000029_9165282.jpg


本殿の裏にある大杉。
a0000029_9171275.jpg

樹齢も相当なもの、1,200年とも1,300年とも言われています。(このへんになると100年の幅くらいたいしたことないですね^^;)
生命力を感じる場所です。
a0000029_9172268.jpg


せっかく出雲の地まで来たら、須佐神社もぜひ訪れて欲しいスポットです!
近くの「ゆかり館」に温泉あります♪
a0000029_9174545.jpg


--------
ここからの写真は、年末に須佐神社を訪問した時のもの。
雪!雪!
a0000029_918132.jpg

相当降って一度溶けた時なんですね。
溶けてなかったら、大杉さんはもっと幻想的だたったかも。
でも間違いなくべちゃべちゃだった^^
a0000029_918359.jpg

駐車場が全く除雪されてなくて、足元雪まみれ(笑)
a0000029_9193385.jpg


そうそう!お土産屋さんが新しくオープンしていました!
0367
a0000029_9194846.jpg


須佐のおみやげについてはまた触れます^^

-------
続きます!

神々が見守る地、出雲をたずねる旅 詳細はコチラ(バナークリック!)





◆関連記事
a0000029_0323534.jpg

島根県 出雲・松江を巡る旅2011

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け2

島根 出雲大社からもう一歩 阿国の墓、稲佐の浜、日御碕神社、日御碕灯台

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲文化伝承館内 羽根屋の出雲そば

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 須佐神社

島根県 出雲 多伎の海とイルカとタラソテラピー マリンタラソ出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 皆美館の鯛めし

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社からどうぞ 本殿国宝の神魂神社(かもすじんじゃ)

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 玉造温泉街歩き、玉作湯神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 松江城

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 星野リゾート 界 出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 塩見茶屋のぼてぼて茶

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 大根島の日本庭園 由志園

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 だんだん.のランチ
by 55aiai | 2012-01-25 09:20 |  ∟出雲市の観光 | Comments(2)

「島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲文化伝承館内 羽根屋の出雲そば」
a0000029_1142112.jpg

出雲大社からお次へ移動。
そろそろごはんの話題でも。

ランチには以前から強く推薦している出雲そばのお店「羽根屋」へ。
すみませんねー、
このお店大好きだから何度も書いちゃってますよね。
a0000029_1143650.jpg

本店は出雲市駅近くにある(出雲大社と出雲市駅はかなり距離ありますから要注意)のだけど「出雲文化伝承館」内にある羽根屋はおそばが美味しいだけでなく、もれなく美しい庭園も付いてくるというステキなお店。
a0000029_1144981.jpg


ここは大地主であった江角家の家屋を移築していて、出雲地方独特の家屋の造りが見られます。
a0000029_115471.jpg

実家のご近所にあるおうちはだいたいこんな感じの形してます。
玄関は南向き、入るとすぐ左手が客間と縁側って感じになってます。
でも年々減る傾向。どこにでもあるような住宅が市内にも増えてきて、ちょっとさみしい。。
a0000029_116020.jpg

お庭です。
伝承館に入場するのは無料なので、このお庭、眺め放題!
a0000029_1161321.jpg


大混雑のお店にて、まずはあご野焼き。
とびうおを使ったかまぼこです。ちょっとお酒が効いた味。島根地方の名物です。
a0000029_1164551.jpg


そして割子(わりご)3段。
a0000029_117513.jpg

羽根屋さんの場合は割子を注文すると薬味は別皿添えです。
ネギ、海苔、もみじおろし。スタンダードな薬味です^^
a0000029_117221.jpg

出雲そば。北海道や茨城、島根・出雲のそば粉も使った二八そば。そして羽根屋は比較的細い。
子供のころはもっと太くて荒々しい感じのおそばだったけど、どこかの段階で細くて繊細なものに変わりましたねー。
a0000029_1173978.jpg


私はこのお店大好きだしずっと応援したいと思ってます。
この地出雲だけでなくたくさんのお蕎麦屋さんが松江にも奥出雲地方にも、県内中にある。
でもそれでも、このお店は島根を代表するお店になって欲しいって思ってるから、こうやって通うんですけど。
だけれども!
この日はあまりにもひどかった。
ただでさえ混みあうお昼の時間、ホールがたった一人。厨房も一人。
テーブルの上は全く片付かず、厨房の前には洗い物が山積みで。
それでなくても回転してナンボっていう業種において従業員少なすぎる。
オーダーを取るのも、お水を持ってくるのも、もちろんお料理出てくるのも、あんなに待たせられては観光なんて出来ません。

ま、どんな事情があったのかはわかりませんが、
島根が観光地としてお客様をお迎えするつもりがあるならば、もっとお客さんの事を考えなくちゃいけませんんんん!
あ~、残念だった。。。
a0000029_124185.jpg


薬味をお好みで乗せて。。
a0000029_1262145.jpg

甘辛いだしをたっぷりかけても塩辛くないです。
たっぷりかけて、余っただしは次の段へかけてくださいね。
足らない方は5段、さらに追加も出来ますよ!
a0000029_1264080.jpg


この出雲文化伝承館は出雲大社のエリアですが、出雲大社から歩くのは距離があるのでタクシーか一畑電鉄「浜山公園北口駅」から歩くかです。


-----

続きます!

神々が見守る地、出雲をたずねる旅 詳細はコチラ(バナークリック!)




◆関連記事
a0000029_0323534.jpg

島根県 出雲・松江を巡る旅2011

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け2

島根 出雲大社からもう一歩 阿国の墓、稲佐の浜、日御碕神社、日御碕灯台

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲文化伝承館内 羽根屋の出雲そば

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 須佐神社

島根県 出雲 多伎の海とイルカとタラソテラピー マリンタラソ出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 皆美館の鯛めし

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社からどうぞ 本殿国宝の神魂神社(かもすじんじゃ)

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 玉造温泉街歩き、玉作湯神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 松江城

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 星野リゾート 界 出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 塩見茶屋のぼてぼて茶

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 大根島の日本庭園 由志園

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 だんだん.のランチ
by 55aiai | 2012-01-24 09:18 |  ∟出雲市の食 | Comments(4)

「島根 出雲大社からもう一歩 阿国の墓、稲佐の浜、日御碕神社、日御碕灯台」
a0000029_0495254.jpg

出雲大社からもう少し足を伸ばすと、神話の世界にぐっと引き込まれるような場所があります。

今回紹介するいくつかも島根の観光地として有名な場所ですし私も大好きな場所なのです。
私のおすすめ「日御碕神社」、さらにそこへ向かう途中のいくつかのスポットも含めて時間があればぜひまわってもらいたいエリアです。

----------

出雲阿国の墓は出雲大社から西へ約500メートル。
一本道なので間違えることはないんだけど、道路方向からは意外と看板を身落としそうになるので通り過ぎないように注意が必要です。
2~3台の駐車場がありますので車の方も目の前まで行けますよ。
a0000029_0525431.jpg


石灯籠の間の階段を上がると中村家のお墓と共に阿国の墓があります。
歌舞伎の始祖である阿国は出雲国松江の中村家の生まれで、最後は大社で没したと言われています。
a0000029_0531362.jpg

豊臣秀吉や徳川家康の御前でも踊りを披露したという阿国。
大きな自然石には深い亀裂がありました、これが阿国の墓。
一代で名を馳せ大恋愛をしていた情熱的な女性のものとしては少々地味な印象もあるのですが、阿国の最期・出雲で静かな余生を送った結末を表すかのようでもあります。
a0000029_054136.jpg


----------
阿国の墓のお墓参りを終えてさらに出雲大社を背に道を進むと突き当りは大社の海、稲佐の浜に出ます。
稲佐の浜は普段横目に見ながら通り過ぎてしまうことも多々あり。
でも久しぶりに浜に降りてみると静かな海が広がっていてとてもキレイ。
弁天島は陸続きになってるんですね。
a0000029_0564445.jpg

出雲大社の西にある稲佐の浜は古事記の中でも「伊那佐の小濱」として登場します。
そう、ここ稲佐の浜は神話の舞台でもあるのです。
旧暦の10月神在月(かみありづき)には、ここの浜から八百万の神々が上陸、「神迎神事(かみむかえしんじ)」が執り行われます。
出雲の歴史を語る上で非常に重要な場所なので、一度見ておくと他の観光地とのつながりも出てきて楽しいです。
a0000029_19583.jpg


----------
さて。
ここからまだ先へと車を走らせます、徐々に山道に。
沢山のカーブとトンネル。手掘りトンネル?と思えるようなものも。

この山と海の道を抜けると日御碕へ抜けられるのです。
a0000029_110164.jpg

高さ東洋一の灯台。回廊型の階段で上まで登る事も可能。
真っ白な灯台が青空に映えてとても美しいのです。
a0000029_1102043.jpg

雄大な日本海もパノラマで望め、特に夕日スポットとしては西向き最高。
海を染めながら水平線に沈んで行く太陽を眺めることが出来ます。
a0000029_1104144.jpg


灯台へ向かうまでは港町ならではの呼び込み?もぜひ楽しんで下さいね^^
a0000029_1283938.jpg

サザエに焼きイカに新鮮魚介の丼と、日本海まるごと食べられますー。
たかはし土産物店のおかあさんが丁寧に商品説明してくれたから、イカを購入。
ここらへんでの地元の人との交流もやらない手はありません♪
a0000029_1115080.jpg


私は祖父とは一緒に住んだことがなかったのですが、ほんのちょっとの間だけ私の家に祖父が来ていた事があるのです。
老齢だった祖父が日御碕灯台の螺旋階段を一生懸命登って下に向かって手を振る姿、それに応える私。
a0000029_117387.jpg


昔の景色とぜんぜん変わってないなーって思います。
a0000029_130266.jpg



----------
日御碕灯台とは車で5分と離れていない「日御碕神社」。
一度ブログでも紹介しましたが、もう一度紹介させてください。
本当~に素敵な場所です。
a0000029_1173554.jpg

この地方には珍しい朱塗り。松の木の緑とのコントラスト。
アップダウンのある境内は様々な方向から建物を拝観でき、その優美な姿を堪能。
つやつやテカテカした感じがなく、朱がところどころはげ落ち木目のざらつきが見え隠れしているそのつつましくもそこに昔から在る歴然とした佇まい。
a0000029_118275.jpg


廻廊は石段の上に曲線と直線を多用し、上の宮まで続きます。
a0000029_1181940.jpg

あちこちに散らばった、色んな動物たちを探しながらお参りするのも楽しい。
a0000029_1183725.jpg


本殿前のだるまみくじ。
a0000029_119825.jpg

今回の旅の中では沢山の神社をお参りしたけれど、おみくじを引いたのはここで1度だけ。
なかなかいかついだるまさんがいっぱい。
微妙に顔が違ったりするのでみんなで選んでみましたよ。
a0000029_1192473.jpg

まさに朱の色がこの神社にぴったり、という風情。
a0000029_119403.jpg


なんとー「大吉」。
ありがたや~
a0000029_1195598.jpg


そして私の友人に「御神砂」をいただいて帰りました。
この砂は自分の具合の悪いところにかけると良いという砂です。
境内には「御神砂之碑」というものもありまして、そちらに詳しく書いてあります。
社務所へ申し出ると奥から出して下さいます(お参りしてからにしてくださいね)。
a0000029_120174.jpg

昨年手術をした友人に、これからも元気で私と遊んでくれるようにって渡しました^^
a0000029_1203352.jpg



日御碕神社は天照大神を祀る、出雲大社とは対になった神社。
三重県・伊勢神宮が昼を守り日御碕神社は夜を守るとしてこれまた対になっているという、重要な役目を持っています。
日御碕の海の向こうに沈む夕日は本当に素晴らしいし、実はまだあまり地元でも知られていないのですが、日御碕沖には海底に沈む遺跡の痕跡が発見されています。
ここで祭りがおこなわれていたのではないかとの新たなる古代ミステリー。
すごいワクワクする話ですー

私のおすすめスポット日御碕。
出雲大社へ行ったらぜひ足を運んでみてくださいね!


出雲大社からだとバスがあるようなのですが、間が空いているので時間には気を付けて下さい。
少し距離がありますが、「出雲阿国の墓」と「稲佐(いなさ)の浜」は徒歩で廻ってもいいかもです。


-----

続きます!

神々が見守る地、出雲をたずねる旅 詳細はコチラ(バナークリック!)



◆関連記事
a0000029_0323534.jpg

島根県 出雲・松江を巡る旅2011

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け2

島根 出雲大社からもう一歩 阿国の墓、稲佐の浜、日御碕神社、日御碕灯台

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲文化伝承館内 羽根屋の出雲そば

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 須佐神社

島根県 出雲 多伎の海とイルカとタラソテラピー マリンタラソ出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 皆美館の鯛めし

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社からどうぞ 本殿国宝の神魂神社(かもすじんじゃ)

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 玉造温泉街歩き、玉作湯神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 松江城

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 星野リゾート 界 出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 塩見茶屋のぼてぼて茶

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 大根島の日本庭園 由志園

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 だんだん.のランチ
by 55aiai | 2012-01-23 10:35 |  ∟出雲市の観光 | Comments(6)

「島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け2」
a0000029_242842.jpg

さぁー、続き続き。
出雲大社へ行くならココも行け、第2章です。
今度は二の鳥居のある出雲大社の正面から、一の鳥居方向へ進む門前町「神門(しんもん)通り」。
今は工事中でちょっとさみしい雰囲気なのですが、週末には行列を作るお店もあります。
まーこのおみやげ屋さん通りはどうやったって目に入ってきちゃう場所にあるので、あえて書くまでもないのかなーとも思いましたが、島根を代表するいくつかを紹介しておきたいなと思います。

最初に立ち寄ったのは「出雲縁結び本舗」。
ここに行った目的はずばり、生姜糖です。
出雲縁結び本舗は県内のおみやげを様々に扱っているので、家族・友人へのおみやげをここで購入するのも良いかもしれません。
前の記事でも書いた「神門通り交通広場・無料駐車場」からすぐ近くのお店です。
a0000029_1194014.jpg


ここで購入したのは雲州平田にある生姜糖のお店「來間屋生姜糖本舗」の生姜糖。
來間屋さんは歴史のある生姜糖屋さんで、東京でもDEAN&DELUCAに商品が置かれてたりしますよー。
ですがこのハート型のものは購入店舗が限られているのでぜひ一度購入してみたかったのです。

"女子"っぽいパッケージですね
a0000029_1221046.jpg

a0000029_1241255.jpg

中身はこんなに可愛い❤
おみやげにぴったりです。
a0000029_1235588.jpg


-----
お次は「俵まんぢう」。
昔からの出雲・大社地方のおみやげの定番、俵まんぢう。
子供の頃は良く頂き物として食べていたおまんじゅう。
a0000029_126321.jpg

バラもありますからぜひこの歴史の味をお試しいただきたい♪
久しぶりに食べたら作りたてだったのか?生地がふっかふかで今まで食べた中でも一番美味しかったかもしれない。
俵型のカステラ生地の中には白あんです。(写真ブレた。)
a0000029_1262647.jpg

俵せんべいなるものは、この生地をそのまま固く焼いたものだそうですー。
a0000029_1263959.jpg


-----

そして最近になって突然島根の名物として有名になった(!)ぜんざい。
出雲ぜんざい学会壱号店で食べられます。
a0000029_1265117.jpg

塩をしたきゅうりがお口直し。これはお店によって違うようです。
a0000029_1271979.jpg


詳しい事は出雲ぜんざい学会のHP、出雲の歴史の項でご確認下さい。
思ったよりもあっさり。小豆の一粒一粒の存在感もあるし美味しかったですよ。
a0000029_1275333.jpg



ハート型の焼き餅(・・・に見えますか?^^)が入ったバージョンもありました♪
a0000029_1574214.jpg


この壱号店、週末にもなると大行列の人気店となります。
後の予定がある方は早めの行動をお願いします^^
a0000029_1581913.jpg


----------

風情あるこの旅館は「竹野屋」。
歌手の竹内まりやさんのご実家であります。
a0000029_1584161.jpg


-----
そしてやっぱりステキな「旧大社駅」。
a0000029_1591444.jpg

「私が高校生くらいの頃まで現役の駅だった」って言ったらちょっと信じてもらえなかったんだけど(横書きのものが右から表記だったし)、本当です。
a0000029_1594474.jpg

残ってくれててありがとう。
a0000029_203182.jpg

あんどん風シャンデリア。
a0000029_205033.jpg

結構な天井高。
a0000029_21422.jpg

この辺り特有の強い北西の風に音を立ててただろう窓。
a0000029_214319.jpg

紹介した「竹野屋」さんほか、周辺の旅館を書いた昔の看板も残ってますから必見です。
昔は東京駅を出発した直通急行列車がこの大社駅まで来てたのよねぇ。東京とココ、つながってたんですよネ。
感慨深い。
a0000029_221890.jpg


この旧大社駅は出雲大社を背に神門通りをずっと南に下った左側にあります。

-----

続きます!

神々が見守る地、出雲をたずねる旅 詳細はコチラ(バナークリック!)



◆関連記事
a0000029_0323534.jpg

島根県 出雲・松江を巡る旅2011

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け2

島根 出雲大社からもう一歩 阿国の墓、稲佐の浜、日御碕神社、日御碕灯台

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲文化伝承館内 羽根屋の出雲そば

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 須佐神社

島根県 出雲 多伎の海とイルカとタラソテラピー マリンタラソ出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 皆美館の鯛めし

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社からどうぞ 本殿国宝の神魂神社(かもすじんじゃ)

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 玉造温泉街歩き、玉作湯神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 松江城

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 星野リゾート 界 出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 塩見茶屋のぼてぼて茶

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 大根島の日本庭園 由志園

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 だんだん.のランチ
by 55aiai | 2012-01-20 10:26 |  ∟出雲市の観光 | Comments(8)

「渋谷 L'arche(ラルシェ) 菜彩鶏のグリエ、ロコモコ 」
a0000029_294035.jpg

渋谷のカフェレストラン「L'arche(ラルシェ)」に行ってきました。

イタリアンとハワイアンを融合させた料理を中心としたカフェ。
食材の味を引き出す薄味のメニューが並びます。
a0000029_2114843.jpg


特にこのカウンターの席、なんか良さそうだった。。。
a0000029_213685.jpg




続きはコチラ。
サントリーグルメガイド公式ブログ「渋谷 L'arche(ラルシェ) 菜彩鶏のグリエ、ロコモコ
by 55aiai | 2012-01-19 11:00 |  ∟渋谷区 | Comments(2)

「島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け」
a0000029_23395291.jpg


さて今回のお題は「出雲大社へ行くならココも行け」デス。

出雲大社へ行くと出雲大社だけ見て帰る方も多いように思います。
でも周辺にもぜひ行っていただきたいスポットが満載ですのでそちらを紹介したいと思います!

島根県には他にも沢山の観光地やパワースポットが点在していますから、出雲大社をぱぱっと見て次の場所へ…。もちろんそんな方もいるでしょう。
長い松の参道を通って拝殿・本殿を見たらそんなに時間はかからない。だから出雲大社周辺の予定時間を短く設定して旅されるという人も少なくないはず。

しかしその周辺関連施設を回るのもなかなか悪くないと思います。
今日紹介するのはさらに大社という町を楽しむスポット巡り。

----------
まずは北島国造館。
北島家は現在79代目、出雲教の結婚式場として地元では親しまれています。
場所は出雲大社の本殿に向かって右側で、敷地と川を越えたところにあります。
古い石橋を渡って下さいね。
a0000029_2343382.jpg

周囲も鬱蒼としていて、季節によっては深い霧が立ち込めて幻想的な風景です。
(写真右側が北島さん)
a0000029_23441769.jpg

で、ここにありますのが「ハートの絵馬」。
気持ちを込めた、たくさんの絵馬がかかっています。
a0000029_23443340.jpg

私も、購入してみました。
その場にピンクやら緑やらのマジックが沢山用意されていて真面目な宗教の中に柔軟な感性がキラリ…☆
北島さんの心の広さを感じずにはおれませんでした。
大国主命(おおくにぬしのみこと)の画が書かれている絵馬は結構大きめ。たくさんの願い事が書けそうです^^
a0000029_23451517.jpg

北島さんには奥に滝が流れているところもあり、とてもきれいな水が湧きだしています。
出雲大社と比べると静かで落ち着いた雰囲気。
すごくいいです!
出雲大社のすぐお隣だってのに、そこの人の多さに比べるとこの北島さんは本当に静かに自分の時間に浸れます。ぜひチラリとでも見て行って欲しいお社です。
a0000029_23455754.jpg

木々の大きさからそ出雲国の歴史を自然から感じることも出来る、ステキな場所です。
a0000029_23461448.jpg


----------
お次は湧水でも見に行ってみましょーかー。

北島国造館をさらに奥に(東に)。
出雲大社を背にしてずんずん進んで行くとあまり知られていない湧水があります。大社町の方にはなじみがあるようですが、意外と島根の人にも知られていないのではないでしょうか。
これは歴博(過去写真を貼ります)のちょうど裏手に位置する場所。
北島国造館からは歩けない事はないけどちょっと距離ありますね。
a0000029_1865451.jpg


歴博から北側(山方向)へ向かうと看板も出てます。
民家の間をずんずん進む。。
a0000029_23472049.jpg

「やっと着いたか!湧水。」と思ったら違ってました、
神魂伊能知奴志神社(かみむすびいのちぬしのかみのやしろ)っていうお名前の神社。
a0000029_23475139.jpg

ここに祀られているのは、出雲大社の神様:大国主命(おおくにぬしのみこと)が若い時に様々な困難・苦難に合った時に助けてくれた、神皇産霊神(かみむすび)という名前の神様なのです。
この神様あってこそ、おおくにぬしは国造りを大成したとありました。
大事な時(=国を造る時)にそばでアシストしてくれた神様なのです。

この場所の神秘性を現すのは入口近くの大きな幹。
これ、樹齢1000年を超えるムクの木なのだとか。
大地のパワーが宿る、力強い生命力を感じられる場所でした。
a0000029_23492821.jpg

古いお社ではありますが、こういう静かな場所(民家のど真ん中!)にさりげなく神様がいらっしゃるということこそが、出雲がパワースポットと呼ばれる所以なのだと思います。
a0000029_23505387.jpg



さてさて湧水。
ここは「真名井(まない)の清水」と呼ばれています。
「真名井」と聞くと「あれ?大山(だいせん)の??」と思われる方もいらっしゃると思いますが、別物です。
a0000029_23515711.jpg

真名井の清水は出雲大社の神事にも用いられる重要な湧水です。…が、水量が少ない上に飲料用ではありません。
出雲大社の関連施設ということで、大社さんとセットで見学するのをオススメします!
a0000029_23564453.jpg


お水で手を清めてから北島国造館まで引き返します。
するとその山手の木々の間に上へと続く階段が。
a0000029_23534633.jpg

ここの名前がわかりません。ちっちゃなお社が見えました。
あまりの荘厳な空気感に上る事ができませんでした。
まむしいそう(笑)
a0000029_23543732.jpg

そんなことでここを御存じだったらどなたか教えて下さい~っ。
a0000029_23562843.jpg


-----------

出雲大社、歴博(歴史好きは必見)、北島さん、命主社、真名井の清水。
セットで行けるとなお楽し。
出雲大社参拝という一大仕事の後、ゆっくりのんびりと、キレイな空気と水を見て心をより落ち着かせる、というのもこの霊妙な地を満喫する方法だと思います。

まだまだ「出雲大社へ行くならココも行け」第2章へ続きます~



神々が見守る地、出雲をたずねる旅 詳細はコチラ(バナークリック!)



◆関連記事
a0000029_0323534.jpg

島根県 出雲・松江を巡る旅2011

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲大社へ行くならココも行け2

島根 出雲大社からもう一歩 阿国の墓、稲佐の浜、日御碕神社、日御碕灯台

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 出雲文化伝承館内 羽根屋の出雲そば

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 須佐神社

島根県 出雲 多伎の海とイルカとタラソテラピー マリンタラソ出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 皆美館の鯛めし

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 八重垣神社からどうぞ 本殿国宝の神魂神社(かもすじんじゃ)

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 玉造温泉街歩き、玉作湯神社

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 松江城

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 星野リゾート 界 出雲

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 塩見茶屋のぼてぼて茶

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 大根島の日本庭園 由志園

島根県 出雲・松江を巡る旅2011 だんだん.のランチ
by 55aiai | 2012-01-18 09:27 |  ∟出雲市の観光 | Comments(6)


ライター・西村愛のブログ

by 55aiai(西村 愛)
記事ランキング
カテゴリ
全体
▼東 京 都
 ∟いろーんなごはん
 ∟港区
 ∟中央区
 ∟千代田区
 ∟渋谷区
 ∟新宿区
 ∟品川区・目黒区・大田区
 ∟荒川区・葛飾区・足立区
 ∟北区・練馬区・豊島区・板橋区
 ∟江戸川区・江東区
 ∟台東区・墨田区・文京区
  ∟浅草グルメ
 ∟杉並区・中野区・世田谷区
 ∟東京都下
 ∟伊豆大島
 ∟おうち&頂き物
 ∟お呼ばれ
▼島 根 県
 ∞出雲市
  ∟出雲市グルメ
  ∟島根⇒広島やまなみ街道
  ∟出雲 薬草×美活プロジェクト
 ∞雲南市&奥出雲
  ∟雲南市&奥出雲グルメ
 ∞松江市
  ∟松江市グルメ
 ∞隠岐の島
  ∟隠岐の島グルメ
 ∞大田市
  ∟大田市~津和野ツアー
 ∞江津市
  ∟広島(宮島)⇒島根ツアー
 ∞邑智郡
  ∟邑智郡グルメ
 ∞浜田・益田・津和野
  ∟益田・津和野ツアー
 ∟島根県のホテル・旅館
 ∟東京開催島根イベント
 ∟実家帰省
▼国 内
 ∟北海道 札幌
 ∟北海道 旭川・富良野・帯広
 ∟宮城・仙台
 ∟宮城・気仙沼
 ∟宮城・ツール・ド・東北
 ∟山形
 ∟栃木
 ∟群馬
 ∟埼玉
 ∟千葉
   ∟アクアラインイースト
 ∟神奈川&箱根
 ∟新潟・燕&弥彦
 ∟新潟・佐渡
 ∟石川・金沢
 ∟山梨
 ∟長野
  ∟小布施
  ∟軽井沢
 ∟静岡 
  ∟浜松・三ケ日
 ∟愛知
 ∟三重県
 ∟京都
 ∟大阪
 ∟兵庫
 ∟鳥取
 ∟島根
 ∟広島&宮島
 ∟福岡
  ∟糸島
 ∟有田・伊万里・唐津 器の旅
 ∟熊本 水俣&津奈木&芦北
 ∟大分
 ∟沖縄
▼世界旅行・食べ歩き
 ∟中国2007
 ∟中国・上海2010
 ∟中国・上海2012
  ∟ウォルドルフアストリア
 ∟香港2013旧正月
 ∟香港2015
 ∟韓国2016 京畿道・ソウル
 ∟韓国2010 仁川・ソウル
 ∟台湾2010
 ∟ニューカレドニア2015
 ∟オーストラリア2008
 ∟バリ島2008
 ∟バリ島2011
 ∟タイ2015
 ∟ハワイ2009
 ∟ニューヨーク2004
 ∟フランス2009
◆ホテル・旅館訪問記
 ∟南アフリカ・ジンバブエ2002
 ∟コンラッド東京
 ∟グランドハイアット東京
 ∟フォーシーズンズ椿山荘東京
 ∟ザ・リッツ・カールトン東京
 ∟パークハイアット東京
 ∟マンダリンオリエンタル東京
 ∟フォーシーズンズ丸の内
 ∟ANAインターコンチネンタル
 ∟ウェスティンホテル東京
 ∟シャングリ・ラ東京
 ∟ザ・ペニンシュラ東京
 ∟パレスホテル東京
 ∟ホテルニューオータニ
 ∟東京ベイコート倶楽部
 ∟ホテルオークラ東京
 ∟ホテル龍名館東京
 ∟キャピトル東急ホテル
 ∟ザ ゲートホテル雷門
 ∟ホテルニューグランド
 ∟温泉津温泉 輝雲荘
 ∟岩井温泉 岩井屋
 ∟ザ・リッツ・カールトン大阪
 ∟ザ・ルイガンズ
 ∟WITH THE STYLE
 ∟ハイアットリージェンシー
*日記・お知らせ
*ビーズジュエリーなど
◆ネイル
*格闘技
*アリさん成長日記
タグ
*お願い事*
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
じぶん日記メモ


*ハンバーガーブログ*
GO!GO!ハンバーガー



*おにぎりブログ*

おにぎりずむ




*サントリー*

サントリーグルメガイド公式ブログ
サントリーグルメガイド公式ブログ



*食べあるキング*










最新の記事
最新のコメント