「西新宿 ニュージーランド牧草牛試食ディナー」

「西新宿 ニュージーランド牧草牛試食ディナー」_a0000029_06458.jpg

ニュージーランド牧草牛イベントへ行ってきました。
牧草だけをもりもり食べた健康な牛肉。
試食ディナーでしっかり楽しんできました。
「西新宿 ニュージーランド牧草牛試食ディナー」_a0000029_0134060.jpg

ニュージーランド、日本から9000キロも離れた国。
一年中気候が安定していて国土の半分は牧場という恵まれた環境の中育てられる牛は、きっとこんな可愛い顔になるのだと思う。
「西新宿 ニュージーランド牧草牛試食ディナー」_a0000029_0124628.jpg


「グレインフェッド」とか「グラスフェッド」とか言う言い方、聞いたことがあるでしょうか。
グレインフェッドは穀物飼料を与えた牛肉。ほぼ一般的な牛肉はこちら。
一方今回紹介する放牧による飼育方法、しかもその牛が一生牧草のみで育てられた場合にはグラスフェッドと呼びます。
「西新宿 ニュージーランド牧草牛試食ディナー」_a0000029_0342544.jpg


ニュージーランドの大自然の中のびのびと育った牛はストレスフリー!
ライやクローバーが主食なのだそう。
肉骨粉は一切禁止、検疫も厳しく農薬などに対してもきっちりと厳しく管理されているので健康な牛が育つのです。
「西新宿 ニュージーランド牧草牛試食ディナー」_a0000029_0194053.jpg


お肉はというと、実にミルキーであっさりした味。
赤身は特にしっとりした食感で強く焼いた時の内側のレアとの対比も良いし、こっくり煮込み料理にも合う。
「西新宿 ニュージーランド牧草牛試食ディナー」_a0000029_037382.jpg

日本では、というか私自身が概ねジューシーで脂が多いグレインフェッドを食べ慣れているので、ひと癖あるなぁと感じます、香りとか食感とか。
でもそれは悪くない個性です。すごく味が濃くて肉々しくて主張してくる味です。
自然のパワーがこもった力強さがあるんです。
「西新宿 ニュージーランド牧草牛試食ディナー」_a0000029_045820.jpg


さらにそのお肉をぎゅっと凝縮させ深みを与えてくれるのがシェフのダレン・ライト氏。
国際コンペなどにニュージーランド代表メンバーとして参加、クラウンプラザホテルのシェフなどの肩書を持つニュージーランドの若き有能シェフです。そして男前。
「西新宿 ニュージーランド牧草牛試食ディナー」_a0000029_0511055.jpg

今回は鉄板を使ったライブ。フィレ肉には軽く塩コショウ。レア状態に仕上げます。
「西新宿 ニュージーランド牧草牛試食ディナー」_a0000029_0593697.jpg


とにかく何度も「健康である牛肉」という部分がアピールされていて、ニュージーランドのピュアでクリーンなお国柄とぴったりだな、って思いました。
「西新宿 ニュージーランド牧草牛試食ディナー」_a0000029_131506.jpg


その他料理盛りだくさん♪♪
「西新宿 ニュージーランド牧草牛試食ディナー」_a0000029_1222265.jpg

デザートも色々。
「西新宿 ニュージーランド牧草牛試食ディナー」_a0000029_123350.jpg


「西新宿 ニュージーランド牧草牛試食ディナー」_a0000029_1235469.jpg


「西新宿 ニュージーランド牧草牛試食ディナー」_a0000029_1241590.jpg


イベント会場は西新宿のヒルトンでした。
4階のバンケットがあるフロアはきれいになっていて、色の重なりのあるストライプ。
「西新宿 ニュージーランド牧草牛試食ディナー」_a0000029_1244657.jpg

会場内は緑一色。ニュージーランドをイメージさせるシダが飾り付けてありました。
「西新宿 ニュージーランド牧草牛試食ディナー」_a0000029_126976.jpg


今回の主催者であるミート&ウール ニュージーランド(HP)は、農家の人たちの資金から成り立った団体です。
サイトにはレシピ集もあります^^
ニュージーランド牛肉の美味しい焼き方については会場にてダレン・ライトシェフからアドバイスもありました。
少量のお肉をフライパンに入れて集中的にしっかり外側を焼く。その後フライパンからお肉を外し余熱でじわりと中まで火を通すような感覚で置いておくのだそう。
「西新宿 ニュージーランド牧草牛試食ディナー」_a0000029_149021.jpg


お肉好きならぜひ一度は牧草牛を。
東京だと銀座のVelvia館にあるArossa(アロッサ)銀座(過去記事)などで食べることが出来ますよ!

ご一緒したコチラの方の記事もどうぞ♪
Commented by チカラ ザ ミートボール at 2010-06-07 10:48 x
先日は、山田監督の会で、、、
ブログ拝見致しました。
凄いですね〜写真も上手いですよ。
美味しそうに撮れています。さすがです!!

ニュージーランドはラムのイメージがありますが、世界一!バーベキューが好きなニュージーランド人が育てたビーフは野性味があって美味しそうですね。

日本人は、グラスよりグレンの肉を好みますが、本当の肉好きは牧草牛の美味しさも知っていますからね。
Commented by at 2010-06-07 22:28 x
牧草だけを食べと健康になれる根拠は何でしょうか?牧草以外を食べた牛とどう違うのでしょうか
。教えてください!
Commented by 55aiai at 2010-06-07 22:29
チカラさん
こんばんは。ブログ見て下さって有難うございます。
先日も大きなカメラで失礼しました。

そうなんですよね、本来この味がお肉ですもんね。
丈の長い草を牛が食べた後短いのを羊が食べるというウマいサイクルになっているようなのですよ。ニュージーランド恐るべし。
またご一緒しましょう!
Mちゃんと一緒にホルモンでも行きますか^^
Commented by 55aiai at 2010-06-07 22:43
牧草以外を食べている牛が不健康であるとはひと言も書いておりません。
ここではニュージーランドの牧草について書いているのですが、そもそも牧草自体に管理がされているという説明がありました。たとえば農薬散布などの基準の厳しさやそもそもNZの気候の良さなどです。
無理に発育を促すようなものが入っておらずナチュラルに育てられた牛、しかものびのびストレスなく美味しいものを食べて育った牛が健康であると考察出来ると思います。
質問をする時はきちんとお名前でいただけると嬉しいです。
お手持ちのiphoneからwikipediaでも調べてみてくださいね。
有難うございました。
Commented by at 2010-06-07 23:00 x
すみません。私の日本語だとなぜか喧嘩してるみたいた感じになって。悲しい思いをさせてしまってたらごめんなさい。ニュージーランドの牛の事を知らなくて質問してしまいました。興味深いので、自分でもより多く農薬の事とか調べます。
Commented by たまご at 2010-06-07 23:21 x
カットしたケーキを立てて盛り付けてあるのって
とても新鮮に目に映りますね
しっかしまあお肉がやわらかそうでおいしそうです(^o^)
Commented by 55aiai at 2010-06-08 00:30
たまごさん
そうそう、そこです。
脂がじゅーっと出て来るような感じというよりはじわっとお肉の濃さが感じられるやわらかお肉です。
デザートは基本的にホテルのでしょうけれど、ヒルトンは内装も美しくなっていてすごく良い雰囲気でした。
Commented by バーガー通 at 2010-06-08 01:03 x
お肉三昧でしたね。ヘルシーを強調しているのは、最近の和牛の悪戦苦闘を意識しているのでしょう。新しいバーガーのお店は最近開拓されていないですが、中断ですか。
Commented by 55aiai at 2010-06-08 01:41
バーガー通さん
和牛の悪戦苦闘っていうのが良くわからないんですけれど、それなりに和牛も頑張ってると思うんですよね。私は和牛好きですし。
でも個性的な牧草牛というのもこれまたひとつのブランドとして素晴らしいと思いました。

ハンバーガーは食べて写真も残っているんですが、アップしてなくて。。
開拓はちょっと止まってるかもしれません。
Commented by バーガー通 at 2010-06-08 07:25 x
悪戦苦闘というのは、例の宮崎等で問題になっている件です。食べて問題はないとはいうものの。
ハンバーガーのアップを待っています。
Commented by ym-pi at 2010-06-08 21:19
牛はカワイイし、お肉は凛として、シェフはかっこいい(笑)
バンダム似のシェフが作るバンダミングクッキングのお料理が誇らしく、ワイルドで華麗ですね♪さすがです!
Commented by 55aiai at 2010-06-10 11:10
バーガー通さん
宮崎は大変ですね。。。
ただ苦難との戦いをなんとかがんばっていただきたいですね。
Commented by 55aiai at 2010-06-10 11:12
山p
シェフは気に入ってもらえるかしらー。笑
ヒルトンのバンケットじゅうにお肉の焼くにおいが充満してました。ワイルドです!
by 55aiai | 2010-06-07 09:44 |   ●新宿区 | Comments(13)

ライター・西村愛のブログ


by 55aiai(西村 愛)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28