「韓国ブロガーツアー 大韓航空 機内食工場見学」

「韓国ブロガーツアー 大韓航空 機内食工場見学」_a0000029_2294239.jpg

*韓国旅行記インデックス*

韓国についてからの最初の訪問地は大韓航空関連施設の工場見学♪
さっき食べたばかりのあの美味しいビビンパを作るところを直接見る事が出来るという。
「韓国ブロガーツアー 大韓航空 機内食工場見学」_a0000029_2302057.jpg

ここでは「機内食が出来て行く過程」や「衛生管理の徹底」について説明していきますね♪

それにしても驚くのは建物への入館する際の厳重な警備。
パスポートと引き換えに施設入館証を受け取ります。
パスポートを人に渡すことなんてあまりないので、無意識にドキドキ。。
ここだけでなくすべての場所においてそのような体制で人の出入りを監視しています。それは、国家レベルの大事な情報がある場所だという証でもありますね。
その管理が出来るからこそ、フラッグ・キャリアになり得たのだと言う事も理解できます。

最初に通された部屋の中で、マッコリで作ったパンをいただきました。
ほっかほかの出来たて!
世界中の航空会社に機内食を提供しているという大韓航空。その飛行機のファーストCとビジネスCに出されるのがこのマッコリパン。
大韓航空の飛行機内ではエコノミーにも提供しているのだとか。
「韓国ブロガーツアー 大韓航空 機内食工場見学」_a0000029_233330.jpg

酒かすを入れたおまんじゅうのようなほっこりとした甘い香り。
食感は花巻のような感じです。
この盛り方にセンスを感じるわ。。
黒は黒米、白は玄米を使っています。
「韓国ブロガーツアー 大韓航空 機内食工場見学」_a0000029_236264.jpg


今回お邪魔した仁川(インチョン)のケータリングセンターは主にトレーに詰めて出荷する作業をしていて、食材をカットしたり調理したりするのは金浦(キンポ)にあるケータリングセンターで行っています。
従業員1200人、24時間体制でシフト制。
世界中の会社40社に向け、様々なメニューが800も揃っているのだといいます。

私たちも洋服を着替え、エアシャワー、アルコール消毒で埃などを防ぎます。
「韓国ブロガーツアー 大韓航空 機内食工場見学」_a0000029_2412566.jpg

調理してから口に入るまでの時間が長いことを考慮して、衛生面にはかなりしっかりと神経を使っていることが窺えますね。
「韓国ブロガーツアー 大韓航空 機内食工場見学」_a0000029_2432860.jpg


廊下の脇、部屋の中にも沢山のコンテナやトレイが積まれてますが、これが美しく整理されているの。
これが何曜日の何時に出来た機内食で、どの航空会社のものかがわかるタグがつけられています。
「韓国ブロガーツアー 大韓航空 機内食工場見学」_a0000029_2502167.jpg


中でもやっぱり興味があるのは、ビビンパを作る流れ作業!
昨日の記事で6種類の季節野菜と挽肉が入ってた(過去記事)、と書いたと思うけど、その素材たちを流れ作業で盛りつけて行く現場。
こうやって食材にカバーがされていない現場には私たちは近付くことが出来ません。望遠大活躍。
「韓国ブロガーツアー 大韓航空 機内食工場見学」_a0000029_2525065.jpg

こうして色々な工程を重ねて行く間は、衛生的観点から必ずその部屋にある冷蔵庫へ入れられます。
どんなに短時間であっても、その工程は欠かしません。
そうして盛り付けが完了し次の最後の工程を待つ機内食たちは、エア会社ごとにコンテナに入れられ、大きなCOLD ROOMで待っています。
「韓国ブロガーツアー 大韓航空 機内食工場見学」_a0000029_2564334.jpg


最後はトレイセット。
この段階でもう配膳する手前まで作りこんじゃうんですね~
工場内にある事務所で、今日のエアに必要な数をすべて把握し統括。
すべてのエリアにその情報は流れ、その日の数が決まる。
その数、日々およそ5万食。
この数ごとにトレイへとセットし、カートへ入れます。
「韓国ブロガーツアー 大韓航空 機内食工場見学」_a0000029_301383.jpg

飛び立ってから機内食の数が足りなかった!ということがないように、数確認は怠りません。
「韓国ブロガーツアー 大韓航空 機内食工場見学」_a0000029_313279.jpg


最後にはトラックに積まれて飛行場へと運ばれていくのです。
これだけの航空会社が大韓航空の機内食を採用しているのですから、自社だけでなくその他の会社への責任もしっかり果たしていると言えるでしょうねー。
「韓国ブロガーツアー 大韓航空 機内食工場見学」_a0000029_351119.jpg


とにかく机や棚などがピッカピカ。
沢山のものがごちゃごちゃある感じを一切感じない。
どちらかと言うとガラーンとしてるイメージ。余裕があって広々、これも極力ミスをなくす一つのノウハウなのかもしれませんね。
「韓国ブロガーツアー 大韓航空 機内食工場見学」_a0000029_31122100.jpg


ここでこうして作られていたものが、帰りの飛行機で出て来るかも!
・・・だったら楽しいのになぁ~って、そんな夢のある工場見学でした。
「韓国ブロガーツアー 大韓航空 機内食工場見学」_a0000029_313584.jpg





 ←click!
大韓航空オフィシャルサイト

Commented by y_flugels at 2010-09-07 00:02
機内食を金属探知機にかけたりいろいろ厳しいチェックをするんですよね。
機内で食中毒を起こしたら、それこそ、大事件ですから、かなり衛生面では注意が必要、とは聞きました。JLのソウル発もKEの工場で作っているんですね~。
Commented by 55aiai at 2010-09-07 00:18
y_flugelsさん
空の上で何かあったらそれはかなり大変ですもんねー
それはそれは厳しいですよ。しかもあの美味しいビビンパ作っちゃうんですから優秀ですよね。
沢山のノウハウを詰め込んで、今の機内食があるんですね。大事に食べなくっちゃ。
by 55aiai | 2010-09-06 10:46 |   ●韓国2010 | Comments(2)

ライター・西村愛のブログ


by 55aiai(西村 愛)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30