「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」

「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_1091771.jpg

ザ・リッツ・カールトン東京(THE RITZ-CARLTON TOKYO)。
2007年開業。
ホテルバブルで外資系ホテルががんがん東京に出来ていたあの頃、そんな中でも話題沸騰だったこのホテル。

東京ミッドタウンの高級ホテル。<そびえ立つ>という表現がぴったりなこのホテル。
なんとなく勝手に、どこかでこのビルディングのイメージを客室にも抱いていたのかもしれません。
大阪のリッツは何回か経験済みだったけど東京リッツはレストランやラウンジ、バーのみ。
今回初めて客室利用してきました。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10101256.jpg


45階がロビー。
リッツのロビーは天井高で広々。
景色も素晴らしく、レストランやラウンジ、バー、どこも人気があります(当日は予約なかなか取れませんでした!)
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10292980.jpg

朝ごはんに一度来た以外はリッツは夜しか使った事がなく。
100万円越えマティーニや1万円越えのハンバーガーなどギラギラした演出は話題になりやすいけど、もっとベーシックなところでどれくらい堅実に運営してるのか…、ちょっとうがった見方をしてしまいます(笑)
それもこれも表面的に見るのではなく、やっぱり宿泊してみなければわからないなぁと。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_1031384.jpg



ザ・リッツ・カールトン クラブフロア。
52階と53階で63室あるクラブフロアは、53階のクラブラウンジを利用できるアッパークラスのフロアです。
エレベーターにカードキーを差すことで入れる人を制限し、よりパーソナルな接客とサービスを約束してくれます。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_1010347.jpg

クラブラウンジは様々なシーンで活用出来ます。
まずはチェックイン時。
ウェルカムドリンクで迎えてもらえる快適空間。
通常レストランやラウンジを使う人々が交差する45階フロアで行う手続きを、クラブラウンジで優雅に行うことが出来るから、煩わしくなくってスーペリアル気分。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10105271.jpg

専任のコンシェルジュは和服でお出迎え。なるほどねー、リッツは世界中にファンがいるので日本の美を意識した演出は日本人としても誇りを持てる工夫です。
終日様々なフードやドリンクを用意してあるラウンジでのんびりくつろぐのも良いですし、夕方からは10種類ほどのワインが用意されていて、日が暮れていく東京を東京で一番高いビルから眺めることが出来ます(リッツ・カールトン東京が入るミッドタウン・タワーは現在東京で最も高いビル)。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_1011840.jpg

このエレガントな時間のお茶はウェッジウッドのカップ&ソーサー。
いろんなお茶にも対応してくれて嬉しいー。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_1011254.jpg

1日5回、フードを入れ替えて時間に合わせたメニューを提供してくれてます。(←相当美味しかったです、アフタヌーンティーの時間を逃したのが残念!)
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_1011596.jpg


さて早速お部屋へと向かいます。
廊下はかなりシンプル。ミッドタウン側の入り口から入った事のある方はご存じだと思うけど、もう少し飾り気があってもいいのでは?と思うほどに簡素なイメージがあります。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_1039224.jpg


入室。
入った瞬間、左側に飛び込んでくるバスエリア。
あー、これぞリッツ!
私が抱いていたイメージと違うよ、むしろ全然いいよ!
淡い色を上品に使いながらも、キリッと深いブラウンで縁どり締めまくり。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10125881.jpg


バスエリアの角にあたる部分をシャワーブースにして、それを挟む形でのダブルベイシン。
スツールがないタイプでその分重厚感を出すダークブラウンの家具調。
ミラーには摺り加工でデザインが施されており、クラシカルかつアール・デコ調。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10131582.jpg

ガラスと鏡を使って重さを取り除き、清潔感が漂っています。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_1013284.jpg

使い勝手が良くて感心。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10135263.jpg

特にアメニティとタオルが使用するであろう必要な場所に散らしてあって、しかもちゃんと置き場所的に整理されているんですね。
シャワーブースに置かれていたボディ用のスポンジはなかなかよかったと思います。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10141887.jpg

さらに充実した備品類が引き出しの中に。
辛めのマウスウォッシュが爽快でした~
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10404833.jpg


アメニティはアスプレイ(ASPREY)。
英国王室御用達のイギリスの老舗ブランド。
クリームも使ってみようと思ったんだけどテクスチャが少し重め。入れ物から出にくかったですね。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_1017211.jpg


バスタブ。
タオルを置くための棚になっているところのちょうど後ろに潜り込むような形のバスタブ。真四角で特に特徴なしー。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10173757.jpg

バスピロー。使うかどうかは別として、これを見ると「はー、ゆっくりお風呂に浸かろう~」って気持ちになれる♪
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10181716.jpg

シャワーブースは可動式のものとレインシャワーの2種。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10183599.jpg

レインシャワーはいつもどおり使用せず。。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10185121.jpg


さてお部屋です。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_1019739.jpg

東京リッツは全てのお部屋が52㎡以上と、東京でも屈指のラグジュアリーホテルといえます。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10192124.jpg

淡いグリーンとシャンパンゴールドを使い上品に柔らかくまとまった色合い。
そこに深いブラウンをずっしりと使い、ぼやけないよう締めています。
窓際近くにはソファとテーブル。少しシノワを感じさせるようなウォルナットカラー。
ソファはイエロー。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10193863.jpg

amadana加湿器。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10114185.jpg



ベッドの対面にはソニー40インチのテレビ。そして大きなクローゼットが2台。
クローゼットの収納は抜群で、片方にはバスローブとふっかふかのスリッパが入っていました。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10195564.jpg

バスローブは内側のみタオル地で外側は織りのあるサテン。品の良さを感じます。
これ、薄くて機能性あり。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10201398.jpg


ベッド。
素敵だと思う~、この色使い。
光沢あり、かつ織りの美しいフットスローがゴールドで美しい。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_1020304.jpg

さらに足元にあるフットベンチ。カーブしていてとてもエレガント。
夜のターンダウン時には次の日の天気予報と共に必要なものをまとめて置いてくれる場所にもなっていました。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10204623.jpg

上質なリネンで定評のあるイタリアブランド、フレッテ(FRETTE)のシュルシュル肌触りのシーツ。
ほわんほわんの羽根まくらは大小揃っています。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_1021628.jpg


書斎机、ほどよくクラシカル、高貴な雰囲気。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10212412.jpg

足元に置かれたダストボックスが素敵な特注具合。
素材感も色もぴったりぴったり。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10213954.jpg

この書斎の壁面を飾る壁紙が素敵です。
細かい和柄・アンティークな小紋柄をそのままに。
海外のお客さんも喜ぶでしょうね~
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_1021577.jpg


ホテルの小物が素敵です。
書斎脇。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10221470.jpg

マガジンラック。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10222818.jpg

瀬戸・NAGAEのティーセット。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_1022484.jpg

テーブルのグリーン。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_1023620.jpg

ベッドサイドの時計。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10232485.jpg

クッション。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10234276.jpg

その他細かいところー。
ひとつひとつピースをはめていくように、選ばれた小物たちが置かれているなーと感じます。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_1023598.jpg


カーテン、壁紙、その他ファブリック。
お隣同士の壁も違うパターンだったり。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10242070.jpg


窓際。
このお部屋の中にあるものの中ではちょっと可愛すぎるソファ。
しっかりとした座り心地で押し返されるような固さ。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10243985.jpg

NAGAEのカップでお茶を飲みながら雑誌を読みふけります。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10253823.jpg

ソファの後ろ、窓に目をやるとこんな景色、お昼バージョン。
ヒルズが真ん前。東京タワー側ではなかったみたいです。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10255720.jpg

右下方面に国立新美術館、ウェーブが流麗。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10263995.jpg


夜はこんな夜景です~
ガラス張りのテレ朝は電気煌々。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10271318.jpg

引きだとこんな感じです。
この日の東京は猛暑でぼんやり、湿気が空を覆っていました。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10272949.jpg

夜のミネラルウォーターとチョコレート。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10282469.jpg


----------

朝ごはん。
クラブフロアのラウンジにて。
お客さん多かったですー
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10413818.jpg

美味しそうでしょ。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10415992.jpg


ところがー。
温めておいて欲しいはずのソーセージなどのお肉類が全部冷めてる。。。
ウォーマーを使ってないんですよ。作ったまま置いてあるので時間と共に冷めるばかり。。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10421833.jpg

デニッシュ系が充実のパンたちは美味しかった♪
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10425463.jpg


温かくない朝ごはんってとても残念なんですよー。
ずーっと昔そういうレストランにドイツで出会ってから自分の中で冷たいごはんへの抵抗感が非常に強くなってしまって。
クラブラウンジでの朝ごはんは従業員の数も足りていないように感じました。
タイミング良いサービスはおろか、きめ細かいそれぞれのニーズにも応えられていなかったように見えました。
がっかりポイントだわ~
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10435793.jpg



朝ごはんのあとはチェックアウトの正午までゆっくりお部屋に滞在して、満喫して帰りました。
ロビー大混雑でほんとーにお客さん多かった。
夏休みにラグジュアリーホテルを楽しむ人ってこんなに多いんですねー
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_10472844.jpg

ミッドタウンパーク側にあるリッツのエントランス。これだけのホテル施設でありながら、入口は大変小さい。
これは世界中のリッツに共通する特徴だそうで、アットホーム感を出す効果なのだとか。
「六本木 優雅な時間が過ごせるホテル ザ・リッツ・カールトン東京」_a0000029_105052.jpg


過去記事になりますけどぜひ大阪リッツ記事(過去記事)と内装比べてみてくださいねー。
東京の方がよりスッキリとして少しモダンさも加わっているかと思います。
大阪はもっとこってりしてるけど、東京は柔かさの中にシャープで使いやすい雰囲気が混ざっています。
リッツ・カールトンのイメージカラーであるブルーは意外にもあまり使われておらず、格調高い雰囲気を押し出しています。

数年のうちに沖縄の喜瀬別邸がリッツになるのだとか。
沖縄風リッツってどんなんだろうー、楽しみ!


フォートラベルにも記事書いてます。
Commented by boochastra at 2011-08-29 22:40
朝食は残念でしたね。
ウォーマーで手を抜くということは、サラダのミニトマトもヘタがついたままだったんじゃないですか。
Commented by 55aiai at 2011-08-30 09:34
boochastraさん
先日別のホテルで分かった事なのですが、エグゼクティブフロアやこのリッツのクラブフロアなどに宿泊する際、朝ごはんはスタンダードのお部屋と同じくレストランで食べるかもしくはルームサービスがいいのかも。。。と思い始めました。
基本このクラブフロアもお客さんの人数が絞られているのでスタッフも少なめな気がします(他のホテルは違うかもしれませんが)。
お料理の品数(ブッフェの場合)も少ないということも可能性としてありますよね。
Commented by 匿名さん at 2012-05-25 18:19 x
あらスイートじゃないのねえwwwwwwwwwww
Commented by 55aiai at 2012-05-26 12:19
楽しそうですね~(^^)

またよろしくお願いします!
by 55aiai | 2011-08-29 10:59 |  ●ザ・リッツ・カールトン東京 | Comments(4)

ライター・西村愛のブログ


by 55aiai(西村 愛)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30