「東京駅 好立地とシャンデリア シャングリ・ラ ホテル 東京(1)」

a0000029_1021546.jpg

シャングリ・ラ ホテル東京。
2005年から2007年をピークとした東京外資系ホテル上陸のトリを飾ったこのホテル。
リーマン・ショックの影響もろ受けで、不景気に突入した日本・東京に2009年3月に開業しました。
タイミングとしては最悪で、開業当時大変だっただろーなー、って思います。
そういう私もなかなか行く機会もやってこずまた自分でも訪問することなく、初めて行ったのは2010年ごろだったと記憶しています。
a0000029_10225091.jpg


最初に結論を言ってしまうと、
東京の中ではアジアンテイストな個性を纏うホテル。とても楽しく美味しく、個人的にかなりお気に入りな部類に入ります!
a0000029_1023686.jpg


東京駅の一番北の出口「日本橋口」から出て1分。
最高、と言い切って遜色ない立地を持つシャングリ・ラホテル。
丸の内トラストタワーの広々とした入口からホテルへイン。

周辺にはビジネスを含めて沢山のホテルがあるエリア。大手町や日本橋に近い東京駅北側なので、広域に捉えるとよりライバルが多いですよねー。
その中でも東京駅を出たらすぐ目の前、というロケーションは素晴らしいと思う。
a0000029_10232223.jpg

ホテルへ近づくと、エントランスの頭上には美しい水墨画。
二重のガラス扉の向こうにはラグジュアリーなインテリアが待っています。
a0000029_10233659.jpg

早速、シャングリ・ラを象徴する美しいシャンデリア。
最近のタワー型ホテルに良くある1階のロビー。決して広くはありませんが、このホテルのロビーはファーストインプレッションとしては刺さるデザイン、エレガントでセクシーです。
a0000029_10235126.jpg

シャングリ・ラは全体に鏡も多用していて、そこへシャンデリアが写り込むことでさらにクリスタルの美しさを倍増させています。
a0000029_1024561.jpg


28階がフロント。
狭め、と感じてしまうのは天井が低いからかも。
フロントに向かって横幅は結構あるんだけど奥行きが少ない。
a0000029_10242338.jpg

オリエンタルな壁掛けが印象的。
フラワーアレンジメントもステキ。
a0000029_10243730.jpg

フロントの向いはロビーラウンジ(2度目訪問の記事はコチラ)。
ラウンジは窓が大きくて明るいから、ガラス張りにすることでフロントからでも透けて見えるの。
ラウンジも平たく天井を覆うシャンデリアがとてもインパクトあるのですよ。
a0000029_10251676.jpg

さらに印象的なのはフロント横の階段の空間を貫く流れるシャンデリア。
ちょうどフロントの階を真ん中として29階から27階までの3階分を吹き抜けるクリスタル。
ぜひこれは見てみるといいかも。夜は電気も点灯。
a0000029_1025327.jpg

ホテルのステイタスを象徴するような美しさ。
a0000029_10255097.jpg

華やかさとデザイン性があります。
a0000029_1026672.jpg


----------
さてこの日宿泊する予定の32階フロアのお部屋へと向かいます。
廊下は毛足の長いじゅうたんなのか歩き心地がふかふか。高いヒールをはいていましたが足に優し~い。。♪
シャングリ・ラは空間を遊ばせておくことをしないというか、だからといってうるさいわけじゃなく、絵画や装飾が目を楽しませてくれます。
廊下にも大きな絵が飾ってあり、決して華美ではないのですが目を楽しませる工夫がしてあります。
a0000029_10341491.jpg

カードキーを差し込んでお部屋全体の電源がON。
真っ先に目が行くのは入口に一番近いベイシン部分。
a0000029_10344843.jpg

ここは入口に最も近く、よって窓から一番遠い場所となっていて、ライトがないと真っ暗になってしまう部分。窓から考えてバスエリアの影になるので完全に自然光はさえぎられてしまいます。
大きなスライド一枚扉で隠せる構造。このドア、相当大きいです。
a0000029_10352120.jpg

その次にバス、ベッドと続きます。
バスはベッドから見えるガラスとなっていますが、コンラッド東京(過去記事)のようにバスタブがガラス際に配置されることなく少し隠れるように置かれています。
控えめだなぁと思うと同時に、コンラッドはやっぱりバスが主役だったんだなと改めて思いますよね。
a0000029_10355910.jpg


ベッド。
あら、色使いが結構好み。
a0000029_1037037.jpg

ベッドのヘッドボードからボルドー色の壁に続く感じ。
頭から天井までベッドが続いているような錯覚です。
ここに絵を飾ったりしてるホテルは多いけど(例えばこんな感じ)、ファブリックで飾るっていうのは一つ特徴あります(このファブリックがベッドのクッションと色違い)。
a0000029_10374172.jpg

またこのヘッドボードが緩ーくカーブしてるのも特徴。背もたれ的な意味合いとデザイン性あるベッドです。
a0000029_10372225.jpg


鏡を挟んで(部屋に大きな鏡があるんですよ)窓際。
こちらもゆるーい流線形。
横長いソファ。2個ソファがあるところに頭を置いて足投げ出してのんびりできちゃいますねー。
a0000029_10382568.jpg

ベッド脇のサイドテーブル。ライトのコントロールパネルやメモ、お水なんかが置いてあるあのテーブルです。
このサイドテーブルがまた特徴あって、革を使ってるんです。
a0000029_10383922.jpg

このダークブラウンにホワイトステッチのレザー使いがあちこちに点在して置かれています。
a0000029_1038537.jpg

時計と。。。
a0000029_1039975.jpg

コントロールパネル。
a0000029_10392330.jpg

書斎机の脚にもこの革が使われていました。
これ、スタンダードなお部屋のインテリアなのでアッパークラス(ホライゾン)だったらもっと革・革してるのかなぁ~
a0000029_10394018.jpg


書斎部分は意外とすっきり。
ホワイトレザーの椅子はいいけど、もう1個の椅子は一体どういうイメージなんでしょうね。
ちょっとカッコ悪くないかなぁ~?社長の椅子と課長の椅子、みたいな。。。(笑)
a0000029_10404331.jpg

社長椅子のほうは座り心地は良かったです。ふわふわっとしてしっかり体を支えてくれて。
a0000029_1041095.jpg

ボードに隠れてLANやコードが繋がる。仕事はかどる感じデス。
a0000029_10411936.jpg


お部屋の隅っこには加湿器。
スタンダードでも全室用意してるのでしょうかー。
amanadaはリッツ・カールトン東京と一緒ですね^^
a0000029_10562319.jpg


--------
ベイシン&バス。
私ねー、シャングリ・ラの客室に多用されていたこの色がどうしても気に入らなくて。
一言で言うとキレイと思えない色、なわけですよ。
野暮ったいしキツく見えちゃうんですよね。
a0000029_1041427.jpg

ベイシンは前述のとおり、シングル。
でも横に大きくて広さはあるのです。
多分2人で使ってもそんなに狭いとは感じないかと。逆にこのスペースのままダブルにしなくて良かったと。
a0000029_10415881.jpg

タオルの量は普通どおり。
写っているリモコンはこの横っちょに小さいテレビ用。
こんなところでテレビ見るか??ってひとりツッコんでみたりします。
このペットボトルは夜ターンダウン時にベッドサイドに置かれてました。
a0000029_10424592.jpg

広々~
a0000029_10431755.jpg

脇に備えてあるスツール。
メイク用スツールでしょうか。汚れや水濡れを気にするものだと思うんだけど、この白いのがなんだかおしゃれじゃない~
a0000029_10433223.jpg


バス、のシャワー。
これかなり珍しいんじゃないでしょうかー。
洗い場があるタイプ。
あー枡一(過去記事)にはあったけど、外資系ホテルで洗い場がある広いお風呂ってあんまり出会わない気がする。
a0000029_10434943.jpg

バスタブ。側面が濃い色なので小さくも感じます。
実際ほんのちょっと小さかったかもしれないです。
a0000029_1044632.jpg

このおっきさが伝わるかしら?特大レインシャワーです。
面白いから久々使ってみましたよ。しとしと降ってきました^^
a0000029_10442139.jpg

脱衣所に2つあったタオル掛け。
これが枡一(過去記事)に欲しかったぁ~~…。
a0000029_10454992.jpg


アメニティはロクシタン。
a0000029_10574573.jpg

細かいところも揃ってました。
a0000029_1131395.jpg


--------
ベッド。
私にはとても合ってたらしく、最高の眠り心地でした。
シャングリ・ラを気に入った事の大きな理由はここです。
なんていうんでしょ、ベッドを感じさせないんです。
a0000029_1054111.jpg

この濃いベッドがターンダウン後にはすっきり清楚な表情へ早変わり。
a0000029_10542833.jpg


夜から朝のシャングリ・ラは別記事にまとめます!

つづく。
Commented by marikkomekko at 2011-09-06 12:47
きゃ~すてき~!!
私のおそまつシャングリラレポとは大違いの写真のかずかず・・・^^;
とりあえずiPhoneでしか撮ってないからってことを理由にしておこう(笑)。
私はアフタヌンティーだけの利用でしたが、あまりに素敵だったのでお泊まりしてみたい!と思いました。
参考にさせていただきますね^^
Commented by aradas_j at 2011-09-06 22:08
わー!お泊りうらやましい!
私もmarikkomekkoさん同様、アフタヌーンティーしか経験してません!
その時ロビーラウンジでサービスしてくれた方の印象がイマイチで、
それ以来訪問する機会もないのだけど、あいちゃんのレポート見てたら泊まりたくなっちゃうわー。
Commented by 55aiai at 2011-09-07 09:47
marikkomekkoさん
あら、タイミング合ったんですね♪
書かれていましたけど、ところどころに日本じゃない感を感じますよね。
marikkomekkoさんならホライゾンかな^^
レポートお待ちしております~
Commented by 55aiai at 2011-09-07 09:51
aradasさん
私も今回ラウンジの接客にはそんなにOK出せてないんだけど朝食時のピャチェーレは良かったよ。
そろそろ9月で安くなってきた頃かもよ~。宿泊もぜひぜひ^^
Commented by ちゃんこ at 2011-09-10 15:59 x
シャングリラって革が多いんですね。しゃれおつです。
ホライゾンフロア泊まりたいなぁ~。
Commented by 55aiai at 2011-09-12 12:06
ちゃんこさん
「しゃれおつ」って。。。(笑)
ホライゾンはどんな感じなんでしょー
あの濃厚な雰囲気からすると、ホライゾンはもっと好きなタイプかもしrないです!
2度目訪問はいつになるかなぁ。。。。ちゃんこさんにまた先を越されそうです^^;
by 55aiai | 2011-09-06 11:05 |  ●シャングリ・ラ東京 | Comments(6)

ライター・西村愛のブログ


by 55aiai(西村 愛)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30