「北海道2012 六花山荘のランチ」

a0000029_1439581.jpg

深く深く森を入ったところにある六花山荘。
北海道の代表的なお菓子として有名な「六花亭」が運営する山のレストラン。

特別な時間を過ごすための隠れ家。
完全予約制。
訪れる誰もが気持ちを高めて向かう場所なのに、それ以上の興奮と感動をもらえる場所でした。

駐車場に車を停めて数歩進むと、木々の葉に隠れて突然橋が現れます。
これがレストランへ進むためのエントランス。
ふかふかのチップで埋められて、一体これはどこの世界??と思うほどに不思議な道なのです。
a0000029_14421542.jpg


なんと言ってもロケーションが素晴らしい。
a0000029_14332287.jpg

かなりの高床式にて建てられた箱。森の中に浮かんでいるようなお店なのです。
a0000029_14342856.jpg


迎えられてます。
a0000029_14362257.jpg

重たい木の扉をあけて、中へ。
六花亭のシンボルともなっている坂本直行氏が描いた十勝六花が様々モチーフに使われた店内。
重厚感あるマホガニーやメープルに囲まれて、
柔らかく肌触りの良いおしぼりに癒されながら、大きな窓から白樺の森を眺めながらのランチです。
a0000029_14552972.jpg


こちらのお店の面白いおもてなしは、一番最初に「お食事もの」が出てくること。
ごはん、お味噌汁、そして1品。
ごはんは白米か味付けごはんからのチョイス。この日は栗ごはん。
a0000029_1504453.jpg

栗ごはんの栗が、甘露煮だったのにはびっくり。
甘いごはんが美味しいなんて~。
北海道流の栗ごはんは、甘いんですって。ぜひこれ、やってみたいです。
a0000029_1523682.jpg


ごはんを食べていると、次々運ばれてくるおかず。

ごろごろと肉々しいトマトソースの下には・・・煮込みハンバーグ。
トマトの酸味があるソースにふんわり柔らか、つなぎ多めのハンバーグがじわじわジューシーです。
a0000029_15133832.jpg


揚げだし豆腐。
とろりとした出汁ひたひたです。
a0000029_15154569.jpg

おなかはちきれそうなんですが・・・ツルッツルの絹ごし豆腐、外は香ばしくカリッ。
a0000029_15185270.jpg


たまご濃い出汁巻き。3人分です。
a0000029_15201215.jpg


ふー。おいしー。でもおなかいっぱい。
お味噌汁もとても丁寧。出汁がきちんと美味しくて、おなかいっぱいのくせにお代わりしてしまった。。。

少し落ち着かせるためにベランダへ。
空気がキリッと澄んでる。おいしい空気。北海道ってほんとすごいー
a0000029_1524311.jpg

深い木々で少し薄暗い。
このベランダデッキでお食事するのもいいだろうな。
a0000029_15253970.jpg

静寂も手伝って引き締まった世界が拡がっていました。
a0000029_15323925.jpg


先ほどのベランダデッキ、席からだとこのように。
窓際のお客様が帰られると私たちへの移動が促されました。
時間がなかったので移動はしませんでしたが、このお店ではゆっくり時間を使いたいところです。
a0000029_15362959.jpg

お食事の時間とデザートの時間はまるで別物のよう。
一度仕切りなおししてのデザートからの時間は、このお店を堪能する本当の時間なのかもしれません。
a0000029_15404228.jpg


後になって六花亭本店でも販売されてるのを確認しました、かぼちゃプリン。
まるでかぼちゃなしっかりプリン。
ちびちび食べたいくらいにしっかり食感でした。
a0000029_15421190.jpg


時間に追われながらお店を後にします。
ほんとーにステキだった。今回の旅の中ではB級感が強かったので、ここだけが飛びぬけてラグジュアリーでしたね。。
北海道ではいくつかミシュランやフレンチを候補に挙げていたのだけれども、六花山荘で大正解だった!
予約も思ったよりもすんなりいけたようです。
a0000029_14352625.jpg

山の中のお店なので冬季はクローズしています。
次に会えるのは4月末。
a0000029_15464981.jpg

離れがたかったけど、さようならー
a0000029_15441732.jpg

オススメ!
a0000029_15491192.jpg




つづく。
---




※前の記事

レポート始まります 2/1から!
美しい美味しい北海道
旭山動物園
車でつなぐ北海道の絶景、けむり屋
ポプラファーム サンタのひげ メロンソフトクリーム
六花山荘のランチ
かみふらのフラワーパーク
てっぱん・お好み焼き まさ屋の富良野ご当地グルメ・オムカレー
新富良野プリンスホテル(1) 朝の雲海
新富良野プリンスホテル(2) 風のガーデン
春香楼の中華チラシ
ぱてぃすりーあいアイと六花亭 スイーツ
ばんえい競馬、ふじもりの豚丼
星野リゾート トマム 水の教会に野生の鹿現る
Commented by fedorov500 at 2013-02-08 10:11 x
こ、これは・・・。ロケーションといい、食事といい、店内の雰囲気といい、素晴らしいじゃないか!!
Commented by hotchai at 2013-02-08 12:27
北海道では、赤飯に小豆のかわりに甘納豆をいれたりします。
甘い赤飯の出来上がりです。初めての人はびっくりするようです。
Commented by 55aiai at 2013-02-08 16:00
fedrov500さん
すごく良かったです~。
この旅では予約して行ったお店はここだけで、かっちりしたごはんは他にはいただかなかったけど、ここ最高でした。ずっと長居したいくらい。。そしてごはん・お味噌汁お代り自由です^^
山の中にあるロケーション、雰囲気とお料理の内容がぴったりでした!
Commented by 55aiai at 2013-02-08 16:01
hotchaiさん
そうらしいですね!
でもこの甘いごはん、とても優しい甘さで好きでした♪
六花山荘は絶対また行きたいです。
Commented by hooraymissy at 2013-02-09 14:29
素敵なところですね。
今度北海道に行くときにはレンタカーで行くべきだ!と
実感しました。
料理はただ料理の味だけではなく
色んなものが合わさって
最も味わいが出るものですね。
Commented by たなば at 2013-02-09 19:46 x
わぁーとっても美味しそうですねー。
ロケーションも最高ですねー。
北海道行きたくなりました。
Commented by 55aiai at 2013-02-17 23:39
たなばさん
家庭的な料理でほっとします。そしてロケーションはワクワクさせてくれるくらい、入口から完璧です!
私もまた北海道に行きたくなってマス。
Commented by corotomo at 2013-02-20 01:03
初めましてー
福岡在住ですが、北海道大好きで、
「編集部オススメの記事」の写真に反応して、
こちらにまいりました!!
函館から知床まであちこち、20回近く行ってますが、
全然あきなくて・・・
六花亭の五稜郭店や
富良野の丘にできた「カンパーナ六花亭」も素敵でしたが、
「六花山荘」凄くいいですね!!
今年、行けるかな~?
それと、サンタのひげ・・・あれも美味しいですね!!

55aiaiさんのブログは、私の知らない土地の情報が豊富で
読み出したらキリがないほど、楽しいです~
また遊びにきますね!!






Commented by 55aiai at 2013-02-20 23:08
corotomoさん
福岡の方ですかー。
すごいですね!北海道にもう20回も。私はさらっと表面だけなのですがすっかり大好きです。

今度福岡も行く予定なのです♪
絶対にステキだと思っているのでとても楽しみです^^
コメント有難うございましたー。
Commented by StephenBese at 2014-04-14 23:14 x
shows such as SO YOU THINK YOU CAN DANCE are not only entertaining but are also encouraging people to are living a physically active diet and lifestyle. Holding a National Dance Day in the Nation capital is a sensible way to promote fitness and struggle obesity, stated Norton a longtime proponent associated with healthy and active standards of living. Dancing is a familyfun activity that will promote physical activity minus the boredom walking the similar paths or following exactly the same routine at your local gym. Dancing has even taken over to be a new fitness crazy using Zumba.


web site:


http://www.stlambertantiqueshow.com/
http://www.stlambertantiqueshow.com/イルビゾンテ-アウトレット-c-50.html
http://www.stlambertantiqueshow.com/イルビゾンテ-バッグ-c-51.html
http://www.stlambertantiqueshow.com/イルビゾンテ-財布-c-49.html




Commented by セ&# at 2014-10-15 11:28 x
which had reached her, degradation of theand son that all talking forgetting, perhaps, come from herself. She had, in the strictest confidence. We have alreadyhad, frequently on theunbosomed herself to one or two and had gone as Nina’s to the reverend the charge of her own allies offered to her had surprised to Lotta that she was shocked simplythe matter was in theto belong conscience by advising his dear her command. “You will frighten way about it,” said the about it, if she only knew how. to her if shewould scruple her priest ought to for her in than simply giving not as left to the Church, andexcommunication might still be made opinion,persecution, might, been broughtshe get much moreplaced them, on the opposition which the Jew Jerome.
by 55aiai | 2013-02-08 08:30 |   ●北海道 旭川・富良野・帯広 | Comments(11)

ライター・西村愛のブログ


by 55aiai(西村 愛)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30