「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」

「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_10431066.jpg

島根の西部へ行くとそこに住まう人たちがいかに「神楽(かぐら)」というものを大切にしているかがわかる。
石見エリアの人たちは幼稚園に通う年頃からすでに神楽を見てそれに憧れ、子供が仮面ライダーやウルトラマンのような正義のヒーローに憧れるのと同じように神楽を舞いたい、演奏したいと思うものなのだそう。

益田・津和野のプレスツアーはまずは荒磯温泉の荒磯館での石見神楽の鑑賞とお昼ごはん。

でもその前に!

なんて美しい、IWAMI BLUE!
荒磯温泉の荒磯館は浅い湾のすぐ脇に建っていました!
初めて来ました。
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_10491559.jpg

沖に目をやってもやっぱりそこは青い海。
あぁきれいー!泳ぎたい!
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_10491882.jpg

益田は水仙も名物だということでたっくさん植えられていたのですが季節的には少し遅かったようです。。
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_10492250.jpg

荒磯館にやってきたのはいくつかのツアーメニューを体験するため!
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_10484047.jpg
まずはランチ。
神楽めしと呼ばれるご当地丼をいただきまーす!







なんとも素敵なお部屋が用意されていて。
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_17072044.jpg

目の前が舞台になっていたのです。
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_17072265.jpg

こちらの神楽めしは地物の魚介を使ったボリュームある丼。
すっっごくおいしかった!!!!!!
食べてほしい、世界中の人たちー。
「えびす丼」
鮑、穴子、鯛、イサキ、ヒラメ、真イカ、サザエ、鰆。イクラにウニ。
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_17104612.jpg

さらにこの周辺で獲れるという大蛤。
ほんっとにおおきい。
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_17141827.jpg

ぷりっぷりで肉厚。最高の焼き具合。
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_17142287.jpg


はぁぁぁおいしい島根を堪能しながらぼちぼち準備が始まる。。。
メインイベント。
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_17160157.jpg

登場。
スサノオ「ヤー!」(声は出しません)
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_17234757.jpg

光り輝く衣装。
数十万円もするこの衣装を130もある神楽の社中(グループ)はそれぞれが所持しています。
人生賭けてそれぞれの社中の伝統を残し、支え、演じているのです。
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_17260926.jpg

おろちの演目は定番中の定番ですが、何度見ても良いし。
っていうか島根の東部育ちの私は神楽の演目は「えびす」と「おろち」2つしか見たことがない。
石見神楽はスピードがあって激しく動くのが特徴です。
見ていて圧巻、目まぐるしい動きとともに話が展開していきます。
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_17332758.jpg


てなづちとあしなづちが登場し、
一緒にクシナダヒメもやってきました。
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_17310866.jpg

クシナダヒメはヤマタノオロチに食べられてしまう運命。
それをスサノオが助けるストーリー。
お酒を醸し、
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_17311660.jpg

準備完了。これを飲ませればオロチは眠ってしまうはず。
スサノオ「てやーっ!」(声は出しません)
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_17311941.jpg

ドロドロドロドロ。。。。
やってきました、オロチ四頭立て。
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_17312394.jpg

大きな体をスムーズに動かす。
大変だと思います、この蛇腹をさばくの。
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_17543755.jpg

これ和紙で出来ていてちょっとやそっとでは破れない。
紙なので軽さはあるものの。。やっぱり大変です。
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_17580212.jpg

暴れていたオロチたち。
お酒、ゴクゴク。。。
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_20293357.jpg

ヘロヘロヘロ。。。。
スサノオ「(いまだ!)。」
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_20293780.jpg

こうなって。。。
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_20300822.jpg

こうなって。。。
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_20320802.jpg

こうなって。。。
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_20322658.jpg

最後までがんばるスサノオさん!
オロチ「んがー!」
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_20320279.jpg

ヤマタノオロチを退治した時、その尾から出てきたという天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)。草薙の剣ともいいますね。
このグループでは最後、お面を取って演じるようなのです。
かっこよかった!!
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_20323587.jpg

-----

神楽で興奮した後はゆっくり温泉といきたかったのですがここでは時間なく。。
でもこの荒磯温泉 荒磯館にはぜひまた訪れたい!
なぜならまるで海とつながったようなこの温泉と、
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_20460702.jpg
美しい海!
益田は見るところいっぱいあるなー
「益田・津和野の旅 荒磯温泉 荒磯館 プライベート石見神楽と神楽めし」_a0000029_20472736.jpg



Commented at 2014-04-25 20:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by タマちゃん at 2014-04-26 06:56 x
久々に神楽を堪能しました。だんだん。
でも昨年、出雲大社の大遷宮で神楽を見たんですけどね。
子供のころは祭に合わせて神楽をよく見ました。
なつかしいです。益田はまだ行ったことないけどぜひ行ってみたいです。
Commented by 55aiai at 2014-04-26 19:34
非公開コメントK様
大蛤めっちゃ美味しかったのですが高くてびっくりしました!

お褒めいただき有難うございます^^
Commented by 55aiai at 2014-04-26 19:35
タマちゃんさん
神楽にはいろんな日本文化が詰まっていますね。
衣装にしてもお面にしても物語にしてもです。
最近は東京でも見れる機会が増えたので嬉しく思いますが、あまりなじみがない私としては今から改めて勉強しているところです。

益田、私もぜひ再訪したいと思っています。
Commented by okazaki001 at 2014-05-06 10:09
島根も西に行くとまた違うのですね。
イワミブルーに興味津々ですが、
荒磯館の島根を代表するインフィニティーな
露天風呂は素晴らしいですよね。
Commented by 55aiai at 2014-05-07 14:48
okazakiさん
すごく良かったですね。益田はまだ良いところがありそうな気がしました!
海と温泉がつながっているあの温泉、入れなかったので残念すぎました。
by 55aiai | 2014-04-25 08:00 |     ∟益田・津和野ツアー | Comments(6)

ライター・西村愛のブログ


by 55aiai(西村 愛)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30