「島根プレスツアー たたら鍛冶工房 ペーパーナイフ作りと刀剣作り体験」

a0000029_15562644.jpg


色んな方向から鉄づくりを学ぶツアー。

言葉で言う「ペーパーナイフ作り」っていうのと、実際にやってみる楽しさは雲泥の差がありますね!!
やっぱりやってみるととても楽しい~☆
だって、鉄を真っ赤になるまで熱して叩いて熨すなんて。人生でやったことないからね!
<鉄は熱いうちに打て>を実際にやるわけですからね。
a0000029_15584059.jpg


みんなで順番に。
鉄を熱するのは炭。
そして風。
a0000029_15595229.jpg


使うのは五寸釘ですよ。
思ったより柔らかく、加工しやすい。
a0000029_1602551.jpg

鉄ばさみで挟んだ15cmほどの釘。熱します。熱いです。
a0000029_1632415.jpg


これを鍛造していきます。
まさにこれが『鍛錬』です。
簡単そうでむずかしいね。。
a0000029_164342.jpg

マニアックなものがあってちょっとワクワクする空間。
a0000029_1655056.jpg

ある程度叩いたら削ってきれいに。
a0000029_1664667.jpg

これがまたむずかしいな…
火花散らしながら。
a0000029_1671231.jpg


体験型の学習の場としても使われているたたら鍛冶工房。
体験するだけでなく実用的なものを持って帰れるのは嬉しいですね!


-----

さて、前の記事でも書いた奥出雲 たたらと刀剣館には刀匠がおり、日本刀を作るところを見ることができます。
奥出雲町は刀剣の聖地とも呼べます。
そう、このエリア・中国山地は鉄素材の8~9割を産出していました。
a0000029_16111778.jpg

こちらは釘とは違ってたいへん!
私は撮影側にまわっていたのですが、なかなかにコツがいるようです。
a0000029_16121343.jpg

この鋼を叩いては熱する、叩いては熱するを繰り返してまた折り返し、層のようにしていくのだそうです。
a0000029_16131273.jpg


火を制するものは鉄を制す。って感じだなぁ~
<出雲を制するものは桃鉄を制す>、じゃあないよ。 笑




-----


『ご縁の国しまね』プレスツアー おくいずも たたらと神話旅 
飯南町 大しめなわ創作館
飯南町 ラムネMILK堂のSHIMANEアイス
飯南町 ミセスロビンフッドの薬膳ランチ
菅谷たたら 高殿
たたら鍛冶工房 ペーパーナイフ作りと刀剣作り体験
海潮荘 温泉、夕ごはん、朝ごはん

--
Commented by mkoji95 at 2015-02-11 09:15
釘からペーパーナイフを作るんですか、知らなかったな~。学生時代、銅版レリーフ作ったことがあるけど、金属って、熱いうちはいいけど、冷めると本当に加工できないですよね。同じくことわざを実感しました!
Commented by 55aiai at 2015-02-11 18:50
mkojiさん
釘は思ったよりも柔らかいんです。なのですぐに形変えられるんですね。反対に日本刀の原料は硬くて打っても打っても伸びません。
すぐに冷めてきちゃうし思ったところに打つってすごく集中する作業で、夢中になってやりました!
by 55aiai | 2015-02-11 07:00 |   ●雲南市&奥出雲 | Comments(2)

ライター・西村愛のブログ


by 55aiai(西村 愛)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31