金沢二日目「カニ」

金沢二日目「カニ」_a0000029_144047.jpg
冬の金沢と言えばやっぱり「カニ」。ということで宝生寿司さんへ。
市内からは20分くらいかけて行く場所なのに(バスだと35分近くかかった)14日は満席、15日もお客さんでにぎわっていた。
2階の個室へ通される。すぐにかにのお刺身が出てきた。
美味しい!しかも食べやすいようにすべて殻が外してある。
出張で行った鳥取で食べたカニも美味しかったけど、ここまで手を加えてくれてはなかったな。言うなれば鳥取は豪快、金沢はさすが小京都って言うだけのことはある・・・??
その後、茹で、焼き、天ぷら、しゃぶしゃぶ、雑炊と続く。他のお魚も食べたい~!でもおなか一杯で無理・・。最後はもうカニは飽きた状態まで食べる食べる食べる・・・。
20歳の見習いさんがお部屋でカニを焼きながら色々と話をする。
「高校生の頃はやんちゃでした」
なんかかわい~ぃ。「香林坊で実家が料亭です」じゃあいつかはおうちを継ぐのね、偉いっ。
その後は陽気な元気いいお姉さんがナベを作ってくれる。下ネタまで飛び出しちゃった。でもほんと元気いいし気持ちいい。

お店を出る頃は21:30をまわっていた。近くのバスターミナルまでお店の車で送ってくれるという。至れり尽くせり。かなり感動。
美味しいだけでなく、まわりの空気までもが幸せにしてくれるこのお店。今回このお店に行く事ももともとの目的であったのだけど、来年も行く事決定。
さらにお店にホテルで借りた傘を忘れてきたことに気づく。
私「あ・傘忘れた。」店員「宅急便で送ります。」
このやり取り、全く間髪いれずであったのでさらに感心!でもこれは金沢市内のホテルの傘だと告げると今度届けておきますね、と。本当に有難うございました。ホテルに私達が着く頃にはその連絡がすでにホテルに入っていたと。
ああいうお店はモテるよね~。すごいね。

このようにして金沢の二日目は終わった。
二日目は精力的に動く。湯涌温泉→にし茶屋→武家屋敷→ひがし茶屋→主計町→香林坊→大野港のおすし屋さん「宝生」



☆宝生寿司の個室 お花
by 55aiai | 2004-02-17 14:41 |   ●石川県 | Comments(0)

ライター・西村愛のブログ


by 55aiai(西村 愛)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30