「2018佐渡の旅 佐渡金山行くなら北沢浮遊選鉱場跡も立ち寄ってみよう」

a0000029_18554553.jpg

人生2度目の佐渡金山鉱山めぐり。
a0000029_18225287.jpg
a0000029_18230114.jpg
a0000029_18230916.jpg

佐渡金山のスケールはすごい。
なにしろめちゃくちゃ大きいもの。
企業が入って近代まで金を取っていたこともあって、その発掘量もすごいし広さが違う。
a0000029_18235369.jpg

なかなかイメージできない江戸時代の作業の様子を本物の鉱山道の中に作っちゃうなんて、
資本の違いを感じる。
a0000029_18243932.jpg

a0000029_18244792.jpg

a0000029_18245509.jpg


そして山がぱっかーんと割れているのなんて、信じられないくらいの迫力ある。
「道遊の割戸」
金の鉱脈を探って、掘って掘って掘っていったら山が割れちゃった、っていうもうレベル違う開発の跡。
規模が大きいですね!
a0000029_18250834.jpg

佐渡金山は400年も発掘が続きました。
金鉱脈が見つかったのは1601年。ちょうど江戸時代がスタートした頃に発掘が始まったのです。
故にすぐに江戸幕府の直轄=天領となります。
佐渡のすごいところはただ発掘するだけでなく、ここで金の精製から小判作成までを一手に行っていたこと。
a0000029_18394860.jpg

このゴールドラッシュにより一気に人口も増えて食糧難になるほどでした。
よって色んな地域から漁師が呼び寄せられ、
山を切り開いて田んぼが作られました。佐渡島は金により島全体が開発されたのです。
a0000029_18365838.jpg

江戸時代にはそれまでに既に掘られていた他地域の技術、
「灰吹き法」などを用いて金・銀を取り出していました。
a0000029_18393331.jpg

明治になると機械化がはじまります。
そして明治29年には三菱が買い取り、近代的な発掘作業へと切り替えられて大きく発展。
その際作られた作業場なども見ることができます。
a0000029_18412282.jpg

a0000029_18413488.jpg

トロッコ跡。
佐渡金山は平成元年まで操業していました。
a0000029_18414595.jpg
a0000029_18415272.jpg

a0000029_18420298.jpg



「北沢浮遊選鉱場跡」
佐渡金山の近くにあるのにあんまり看板なども立っていないことから、
2度行って2度とも静かな中で見ることができました。
でもここの壮大な廃墟感はすごくいいから見に行ってほしいなぁー。
a0000029_18595015.jpg

金を取り出した後の粉砕した鉱石から、
さらに細かい金銀を取り出すという「浮遊選鉱法」。
その作業場跡です。
a0000029_19030443.jpg

a0000029_19031972.jpg
a0000029_19033588.jpg

すっかり植物に覆われた寂れ感がステキです。
a0000029_19034844.jpg

a0000029_19045773.jpg

a0000029_19050584.jpg


ライトアップもされているようですー
こういう遺構も全部まとめて、世界遺産登録出来たらいいですね~
佐渡金山は金・銀の産出量は日本最大級です。
a0000029_19052905.jpg





2018佐渡の旅
佐渡汽船で朱鷺に会いに行く、トキの森公園
2018佐渡の旅 長三郎鮨の地物おまかせ握りとラーメン(支那そば)

Commented by タマちゃん at 2018-08-02 22:07 x
佐渡の金山はすごいですね。
石見銀山の感覚で行ったら全然違う・・・
解説もわかりやすく人形もリアルで

真っ二つに割れた鉱山もスケッチしました。
そして「金の延べ棒」・・・
触っただけで、とても持ち上がりません。
Commented by 55aiai at 2018-08-06 11:30
タマちゃん
そうですよね~。規模が全然違います。

金塊ありましたよ!
持っていく人、いないんだろうか…って思っちゃいました(笑)
by 55aiai | 2018-08-02 07:00 |   ●新潟県佐渡 | Comments(2)

ライター・西村愛のブログ


by 55aiai(西村 愛)
カレンダー