「有楽町・銀座 まるごと高知 四万十鶏フェア開催4月7日~14日」

「有楽町・銀座 まるごと高知 四万十鶏フェア開催4月7日~14日」_a0000029_09000291.jpg

銀座一丁目駅最寄りの高知アンテナショップ「まるごと高知」で開催されるフェアの試食会に参加してきました。

4月10日が四万十の日であることから、四万十に由来する銘柄鶏「四万十鶏」のお得なランチ・ディナーが提供されるということです。

高知県と言えば、「土佐ジロー」「土佐はちきん地鶏」が有名ですが、新たなブランド鶏として「四万十鶏」も飼育されています。
四万十鶏は四方を山で囲まれた場所に農場があるため、鳥インフルエンザなどの病気にもなりにくく薬などを与える必要のない環境にあり、また豊富な地下水と、厳選された飼料で育てられています。
小規模農場であるため、特に大切なひよこの段階ですべての鶏に目をかけ丁寧な飼育ができること、成長の過程において最適なタイミングで必要なことを必要なだけ与えるという、人の手によって管理される健康な鶏飼育が行われています。
「有楽町・銀座 まるごと高知 四万十鶏フェア開催4月7日~14日」_a0000029_09054899.jpg

品質を保ったまま出荷される鶏肉は、精肉だけでなく二次加工も行われており、調理の手間を省けるよう工夫されているということ。
四万十鶏ファームのECサイトでは、家庭用に購入しやすい分量(300g)で販売、販売先は関東が最も多く、売場のある高知県内、関西地方でも人気があるということです。
その際の管理方法として「凍眠凍結」が行われており、瞬間冷凍を行い解答した時にフレッシュな味わいを保て、ドリップの少ない肉を楽しめます。
聞いたことがあるんです。
お肉って何度も凍らせる→解凍→凍らせる→解凍が繰り返されて、消費者のもとに届くころには劣化しているって。
逆に、朝曳き目駅最寄りの高知アンテナショップ「まるごと高知」で開催されるフェアの試食会に参加してきました。


4月10日が四万十の日であることから、四万十に由来する銘柄鶏「四万十鶏」のお得なランチ・ディナーが提供されるということです。

高知県と言えば、「土佐ジロー」「土佐はちきん地鶏」が有名ですが、新たなブランド鶏として「四万十鶏」も飼育されています。
四万十鶏は四方を山で囲まれた場所に農場があるため、鳥インフルエンザなどの病気にもなりにくく薬などを与える必要のない環境にあり、また豊富な地下水と、厳選された飼料で育てられています。
小規模農場であるため、特に大切なひよこの段階ですべての鶏に目をかけ丁寧な飼育ができること、成長の過程において最適なタイミングで必要なことを必要なだけ与えるという、人の手によって管理される健康な鶏飼育が行われています。


品質を保ったまま出荷される鶏肉は、精肉だけでなく二次加工も行われており、調理の手間を省けるよう工夫されているということ。
四万十鶏ファームのECサイトでは、家庭用に購入しやすい分量(300g)で販売、販売先は関東が最も多く、売場のある高知県内、関西地方でも人気があるということです。
その際の管理方法として「凍眠凍結」が行われており、瞬間冷凍を行い解答した時にフレッシュな味わいを保て、ドリップの少ない肉を楽しめます。

聞いたことがあるんです。
お肉って何度も凍らせる→解凍→凍らせる→解凍が繰り返されて、消費者のもとに届くころには劣化しているって。
逆に、朝引きしたお肉をすぐに食べるのが一番おいしいって。
四万十鶏ファームでは朝引きした鶏肉をそのまますぐに瞬間冷凍させることで、徹底的に品質保持を行っていることがわかります。


「有楽町・銀座 まるごと高知 四万十鶏フェア開催4月7日~14日」_a0000029_09140227.jpg

この日の試食会ですが、色んな食べ方での提供があったのですが特に美味しかったのが二次加工された「胸肉のから揚げ」。
最近私も、家で登場するのはむね肉がほとんどです。むね肉って下処理をすると驚くほどに柔らかくてやさしい食感になりますよね?
今回の試食会の中でもむね肉から揚げが一番お気に入りでした。
「有楽町・銀座 まるごと高知 四万十鶏フェア開催4月7日~14日」_a0000029_09154863.jpg

これは知らなかったことなのですが、高知にも「チキン南蛮」があるって知ってました????
高知のチキン南蛮は、オーロラソース(マヨネーズ&ケチャップ)で食べるのだとか。
これはまた知識が増えた!
こちらはもも肉。まったく癖がない。
「有楽町・銀座 まるごと高知 四万十鶏フェア開催4月7日~14日」_a0000029_09172849.jpg


高知といえばタタキということで、鶏肉のタタキをいただきました。
四万十鶏は程よいですね。皮の厚みもぶりぶりではないけれどしっかりしているし、お肉はさっぱりしながらも甘い。
臭みがないのはとてもうれしい(臭みっていやですよねー)
「有楽町・銀座 まるごと高知 四万十鶏フェア開催4月7日~14日」_a0000029_09195390.jpg


むね肉をレンチンしただけのものなどもいただきましたが、しっとりとしていて悪くないです。
それこそ一番においがわかりそうな提供方法ですが、大丈夫でした!ちゃんと確認しておきました(笑)
「有楽町・銀座 まるごと高知 四万十鶏フェア開催4月7日~14日」_a0000029_09220675.jpg

そんなことでこの「四万十鶏」を使ったフェアが開催されます。
2023年4月10日~14日まで、四万十鶏チキンステーキランチを特別価格1,000円で。
(写真はまるごと高知さんからお借りました TOSA DINING おきゃく
「有楽町・銀座 まるごと高知 四万十鶏フェア開催4月7日~14日」_a0000029_09264616.jpg
ちなみにディナーでも、3種のつくねハンバーグ1,000円、つくね2本(卵黄またはタルタルソース)800円、パテ800円が提供されています。

1階の物販では、4月7日(本日)~9日(日)まで四万十鶏の試食販売が行われます!

四万十鶏は老若男女食べやすく、普段使い出来る鶏肉という感じでした。
最先端技術「凍眠凍結」された鶏肉、ちょっと気になります。どれくらい味わい保たれているんでしょうねー

ぜひぜひ、まるごと高知に足を運んでみてください。
「有楽町・銀座 まるごと高知 四万十鶏フェア開催4月7日~14日」_a0000029_09055818.jpg

---



by 55aiai | 2023-04-07 11:45 |   ●千代田区 | Comments(0)

ライター・西村愛のブログ


by 55aiai(西村 愛)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31